« 「果報(カフー)」、そして「<食卓ものがたり> しゃもじ」 | トップページ | 「へしこ」、そして「日曜日は料亭気分」(7-4)「海老揚げ真丈」 »

2013年8月21日 (水)

体に優しいお酒の飲み方

 「海鮮工房 礼文島の四季」」より、楽天メール。「キンキ」の販売♪
 高級魚としてその名を知られる「キンキ」は、別名「喜知次・吉次(きちじ)」とも呼ばれ、魚好きならば一度は食べたい魚の1つ。
http://item.rakuten.co.jp/rebun/kinki-toku/?scid=rm_198862
http://item.rakuten.co.jp/rebun/kinki/?scid=rm_198862

 今日の仕事は、電話番だよ・・・。

体に優しいお酒の飲み方

 昼食は、S&B「なっとくのカレー」(中辛)220g也♪
野菜が決め手の旨みとコク
 牛肉と野菜を多鍋でじっくりと煮込むことにより、素材の旨みを存分に引き出しました。味にもボリュームにもなっとくのカレーです。
エスビー食品(株)お客様相談センター
東京都板橋区宮本町38番地8号
0120-120-671

http://www.sbfoods.co.jp/

 仕事を定時に終え帰宅。
 途中、クリーニングに寄りズボンを出す。260円也。

 メルマガ『 やすらぎ通信 』第461号 2013.8.16に「体に優しいお酒の飲み方」が載っていた。これは、心して飲まねば・・・。
 お盆休みで、帰省したり、いろんなところに出かけて、お酒を飲む機会も多いのではないでしょうか。そこで今回は、体に優しいお酒の飲み方を取り上げてみます。
1、一気にたくさん飲まない
 お酒を飲むときに一番気をつけたいのが、飲み始めに、一気にたくさん飲まないことです。特にこの時期は喉が渇いているので、最初に一気にたくさん飲んでしまいがちです。
 お酒を飲んで酔いが回るのは、飲み始めて30分から。そこまでの間にたくさん飲んでしまうと、気がついたときには、もうけっこう酔っていて、飲む量も食べる量も歯止めが利かなくなって・・・。
 一気飲みは若者に任せて、大人はちびちび飲み始めましょう。
2、水分をしっかり摂る
 暑い時期は喉が渇いているので、お酒で喉の渇きを癒そうとすると、どうしても量が多くなりがちです。できれば、夕方くらいから、お茶かお水などの水分を意識的に摂るようにすると、お酒を一気にたくさん飲むこともなくなります。
 また、肝臓でアルコールを分解するためにも、水分をしっかり摂ることが大事です。水分を摂る目安としては、お酒を飲む前に500mlのペットボトルで1本。飲んでいる途中で、お水をグラスで2杯飲んで、自宅に帰ったら、グラスで2杯くらい飲むようにするといいです。
3、つまみはたんぱく質と野菜に
 お酒は糖質になるので、おつまみは糖質の多いものは避けて、たんぱく質とお野菜を中心に食べましょう。
 具体的には、お刺身、サラダ、枝豆、冷奴、焼き魚、焼き鳥など。大き目のサラダに、シンプルに料理した、お魚やお肉がつけば理想的ですね。
 NGなのは、フライドポテト、ピザ、たこ焼き、焼きそば、デザートなど。お酒でも糖質を摂り、おつまみでも摂ってしまうと、血糖値が上がりすぎて、脂肪がどんどん溜め込まれることになります。
4、糖質の少ないお酒を選ぶ
 お酒で一番糖質が多いのは日本酒です。糖尿病の方はもちろん、メタボの人も日本酒は、美味しいものを1杯だけにしましょう。
 その次がビール。ビールも1~2杯までにしたいですね。
 一番糖質が少ないのが焼酎。ただ、焼酎は度数が高いので、ロックではなく水かお茶で割るようにしましょう。
 蒸留酒は糖質が少ないので、ウイスキーやジン、ウオッカでもいいです。
5、冷たいお酒を飲み過ぎない
 お酒の害は、アルコールだけではなく、冷たいお酒をたくさん飲んだ場合は、内臓を冷やすことにもなります。
 ビールは、グラスまでキンキンに冷やさないように。焼酎なら、氷は少なめにしましょう。

 特に冷え性の方やむくみやすい方は、冷えの影響を受けやすいので、気をつけたいですね。暑い時期なので、冷たいビールを飲むのが楽しみという方も多いと思います。正直、僕もお酒が好きなので、たまにはビールもワインも飲みます。好きだからこそ、いつまでも美味しく飲んでいたいから、体に優しい飲み方をしたいですね。
体でおぼえる食養生

http://www.y-sato.com/diet.html

本日のカウント
本日の歩数:10,184
(本日のしっかり歩数:2,247歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)○

|

« 「果報(カフー)」、そして「<食卓ものがたり> しゃもじ」 | トップページ | 「へしこ」、そして「日曜日は料亭気分」(7-4)「海老揚げ真丈」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体に優しいお酒の飲み方:

« 「果報(カフー)」、そして「<食卓ものがたり> しゃもじ」 | トップページ | 「へしこ」、そして「日曜日は料亭気分」(7-4)「海老揚げ真丈」 »