« 「八重垣 純米酒」×「いかなごくぎ煮」「かき佃煮」、そして「ハゼの天ぷら」 | トップページ | 「スパゲッティ・ナポリターナ」、そして「秋宵」 »

2013年8月25日 (日)

「IME2007って、しっかりと変換できないね」、そして「元祖はちみつ梅・黄金漬」

 今日は、8月25日、「即席ラーメン記念日」だ。
 1958年のこの日、世界初の即席ラーメンが日本で発売されたことにより、「即席ラーメン記念日」と制定されました。

 日本変換を「IME2007」にしたのは、今使っているパソコンからだと思う。その前に使っていた「IME2002」か「IME2000」は、変換で困ることはなかったが、「IME2007」って、しっかりと変換できないね。変な風に変換する時があるんですよ。
 例えば、以下のようになっちゃう時があるんですよ。以下のものは、例だからこれだけじゃないですよ!(メーカーは、しっかり変換できるように作って下さいよ!!!退化しているじゃあありませんか!!!)
・溶かす→と化す
・生活→生勝
・毎週→舞周
・焼き→屋き
・食べ頃→食べ語呂
・良き友→四機とも
・海馬→買い場
・過度な→角菜
・居間や→今や
・人生→仁聖
・箱→葉子
・海峡→甲斐京
・毎時→舞寺
・心理の→新梨乃
・郷土の→今日どの
・信州→新周
・定番→鄭番
・向日葵→火周り
・会計→甲斐啓

 昨夜、家の中で何でもない所で滑って転んでしまった・・・老化か???危ないな!

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。「タンドリーチキン」が420円↑↑↑
http://item.rakuten.co.jp/e8010/umedori-tandori/?scid=rm_191968

 「はだしのゲン」の報道が相次いでいる。「はだしのゲン」の閲覧制限は、原爆は危険だ→放射能は危険だ→原発は危険だ、というような意見にならないように言論を統制しようとしているのか???
 今朝の朝刊のコラムを引用します。
 昨年亡くなった中沢啓治さんには「はだしのゲン」の続編を描く構想があった。目の病気で実現できなかったが、広島平和記念資料館の展示室で下書き原稿を見ることができる(九月一日まで)
▼敗戦から十四年後、ゲンは絵の修業のために上京する。理髪店で被爆のことを話すと、店主から「原爆を受けた者に近づくと放射能がうつる」と罵倒される。東京大空襲で親を失った子どもに同情し、財布を盗まれる場面もある
▼絵が描かれているのは一ページだけ。鉛筆でこま割りやせりふを指定する粗いスケッチだが、波乱に富む新生活を予感させる。続編では被爆者差別を描こうとしたそうだ
▼累計部数一千万部超。二十カ国で翻訳されているこの漫画が、松江市の小中学校の図書館で自由に読めなくなった。旧日本軍の暴虐さを描いた一部の描写が過激とされた
▼校長四十九人のうち、制限が必要と答えたのは五人。結果的に政治的圧力に屈する形になった市教委の判断は理解に苦しむ。週刊少年ジャンプで連載中、人気が下位に沈んでも、編集長が子どもに読ませたいと判断し連載は続いた。どちらが教育的だろうか
▼麻生太郎外相(当時)の肝いりで核拡散防止条約の国際会議に政府代表団が英語版「はだしのゲン」を配布したことも。下村博文文部科学相は閲覧制限を認めた。大の漫画好きの麻生さんの考えが聞きたい。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2013082502000104.html

 今日は、雨だね・・・買い物に行こうと思っていんだけど、断念!テレビを見てグダグダしている・・・電気料金がかかるな・・・。
 NHK「やさいの時間」は、「ポタジュ」だ。
http://www.nhk.or.jp/kurashi/yasai/
 ポタジェ(potager)またはジャルダン・ポタジェ(jardin potager)とは、家庭菜園を意味するフランス語であり、果樹、野菜、ハーブ、草花などを混植した実用と鑑賞の両目的を兼ね備えた庭である。
http://jp.ask.com/wiki/%E3%83%9D%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A7?lang=ja&o=2802&ad=doubleDownan=apnap=ask.com
 「米粒写経」という芸人がフジテレビ「笑っていいとも」に出ていた。この人たちの知識は、すごいね!
http://kometsubu.com/
 TBS[アッコにおまかぜ!」にトニー・ジャンという人が出いていて「マインドハック」というのをやっていた。メンタリストみたい!
http://www.tbs.co.jp/akko/index_web.html
 東海テレビ「スタイル ぷらすん」で照英が、郡上市白鳥町石徹白を旅していた。「あまえんぼう」というトウモロコシが美味しそうだった。
http://tokai-tv.com/styleplus/index.php

 午後から、傘をさして散歩に出かける。あれっ!?傘の骨が折れているぞ・・・。
 洋品店に入る。折りたたみの傘は500円なり。ホームセンターを覘く。498円だ。どっちでもいいかな。まあ、ホームセンターで498円の傘を買う。最近の折り畳みの傘は3段式なんですね!
「IME2007って、しっかりと変換できないね」、そして「元祖はちみつ梅・黄金漬」

Amie Club
紳士55cm軽量ミニ
輸入元:共栄工業(株)
千葉県流山市南流山6-30-1

 スーパーを覘く。「宮城県産 かつお」のアラが100円なので買うことにした。
 包丁を研ぐ。

「IME2007って、しっかりと変換できないね」、そして「元祖はちみつ梅・黄金漬」

 帰宅して、以前買った「烏賊」を刺身にして一杯♪

 ここで今日の朝刊「全国旨いもん」より、「元祖はみみつ梅・黄金漬」の引用♪
酸味と甘味 絶妙
 夏バテの原因になる疲労を回復する効果が高い梅干し。残暑厳しいこの時期には欠かせない食品だといえるが、その梅の生産量日本一を誇るのが和歌山県。なかでも南部川村(現・みなべ町)で品種改良された南高梅は、果実が大きくて果肉が厚く柔らかい。さらに皮が薄く種が小さいのが特徴。梅干しには最適の品種で、今では高級ブランドの代名詞的存在だ。
 それを食べやすく加工したのが「元祖はちみつ梅・黄金漬」。本場みなべ町で多彩な梅製品を手がける井グチが、厳選した完熟南高梅をじっくりと天日で干し、独自の製法で蜂蜜を加え漬け込んだもの。口にするとほどよい酸っぱさの中にふんわりと漂う甘み。酸味と甘みのバランスが絶妙である。
 「今でこそ同じような商品も出回っていますが、名称のとおり当社が元祖・三十数年前に開発した当初は、常識破りなどといわれたものでした。苦労しましたが、リピーターとなるお客さまが増え、今では当社の代表商品に。ありがたいことです」と、総務課長の岩本泰幸さんの言葉に実感がこもる。
【取り寄せ先】
(株)井グチ
和歌山県みなべ町西本庄1224
12零-197832
1個(60g・4~5粒)500円、進物用(550g・27~28粒)2000円ほか(いずれも税込み)

http://www.ume1.com/

 そして、「里山を歩く」より、「オミナエシ」の引用♪
天からの授かりもの
 秋の七草の一つオミナエシ。葉は羽根状に裂け、夏から秋にかけて茎が1mくらいに伸び、茎や上部の枝に細かな黄色い花を群がって付ける。まるで傘のような形だ。
 最近、野生のものは少なくなった。そこで私は郊外を歩くとき、畑のすみなどに咲いている花を、立ち止まってはゆっくり鑑賞する習慣がついた。
 庭の花も通りすがりに、失礼ながら道から眺めさせていただく。東京の高尾駅南口近くで、丘の上の住宅地に向かう細い道の傍らに、広い一戸建ての家がある。その庭に何株かが、長い期間咲き続けている。
 田畑美穂女に「女郎花にはこまやかな黄を賜ひ」の句がある。
 確かにこの花は、たおやめの清純なイメージを備えており、天からの授かりもののような気もする。

本日のカウント
本日の歩数:6,730
(本日のしっかり歩数:3,939歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「八重垣 純米酒」×「いかなごくぎ煮」「かき佃煮」、そして「ハゼの天ぷら」 | トップページ | 「スパゲッティ・ナポリターナ」、そして「秋宵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「IME2007って、しっかりと変換できないね」、そして「元祖はちみつ梅・黄金漬」:

« 「八重垣 純米酒」×「いかなごくぎ煮」「かき佃煮」、そして「ハゼの天ぷら」 | トップページ | 「スパゲッティ・ナポリターナ」、そして「秋宵」 »