« 7月の旬「いか」、そして「いかとじゃがいもの漁師煮」 | トップページ | ナスとトマトのカプレーゼ »

2013年8月 1日 (木)

「居酒屋風 寿司処 尋(ひろ)」、そして「日曜日は料亭気分」(7-3)「あさりワイン蒸し」

 今日は、8月1日。
 壁絵を変える。
 月の壁紙は【襟裳岬 -えりもみさき- (襟裳町)】 北海道の写真家 青木功さんです。
http://item.rakuten.co.jp/snowland/kagebami-kitaguni/

 パソコンのレスポンスがすこぶる悪い・・・ビスタって、本当に駄目だね・・・↓

 昨夜のテレビで「4年9カ月ぶりで、ガソリンが高値」とやっていた。ガソリンが1リットル160円だってさ・・・!!!
 自民党が野党になるとどうしてガソリンの値段が上がるのでしょう???

 また、50代の人の仕事のやる気の出させ方を放映していた・・・その人の得意な分野の仕事をさせるんだそうな・・・得意な分野がない人はどうするのかな???

 テレビの「孤独のグルメ」は、面白いね・・・でも、お酒を飲みたくならないんでしょうかね???
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume/
http://www.tv-tokyo.co.jp/kodokunogurume3/
 孤独のグルメ (扶桑社文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/dp/459402856X#_

「居酒屋風 寿司処 尋」、そして「日曜日は料亭気分」(7-3)「あさりワイン蒸し」

 今朝は、昨日買った「森永 ビヒダス BB536」を食べる。
生きて、腸まで届くビフィズス菌 BB536により
①腸内のビフィズス菌が増える
②腸内環境を良好にする
③おなかの調子を整える

 今日の午前中は、協働センターのお仕事・・・。
 午前の仕事を終え、職場に向かう。
 途中、TOTO BIGとLOTO 7を買う。
「居酒屋風 寿司処 尋」、そして「日曜日は料亭気分」(7-3)「あさりワイン蒸し」

 昼食は、「居酒屋風 寿司処 尋(ひろ)」に寄る。「玉子丼ランチ」を頼む。400円だが刺身を付けると200円プラスで600円也。(玉子丼は普通、550円だから、ランチはだいぶお得だね♪)
「居酒屋風 寿司処 尋」、そして「日曜日は料亭気分」(7-3)「あさりワイン蒸し」

 玉子丼、小鉢、漬物、みそ汁、フルーツ・・・それに刺身。お刺身もとても美味しいです♪
静岡県浜松市入野町9049-1
電話 053-447-1135
定休日:水曜日
営業時間:12:00~14:00 17:00~22:00 

http://otogr-shizuoka.net/shop.php?shop_id=955
http://www.emachi.co.jp/shops/16913547/mypage/
http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22009270/
 カウンターに「百年の孤独」がある。
 「梅酒」の隣に「ソルダム」というボトルがある・・・「ソルダム」って何だ???
 山梨県甲州市で生産されるスモモ。中生。果皮は紫紅色、果肉は鮮紅色で、甘みが強く、果汁が多い。アメリカで育成され導入。
http://kotobank.jp/word/%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%A0

 仕事を遅く終え帰宅途中、クリーニングに寄り、1週間ぐらい前に出しておいたものをもらう。

 帰宅して、昨日残しておいた烏賊を刺身にして一杯↑

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 ここで、7月21日の朝刊「日曜日は料亭気分」より、「あさりワイン蒸し」の引用♪
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・砂抜きしたアサリ・・・400グラム
・玉ネギ・・・1/2個
・ニンニク・・・1かけ
・オリーブオイル・・・少々
・白ワイン・・・40cc
・パプリカ(黄、緑、赤、オレンジ)・・・各1/2個
・しょうゆ・・・適量
・油・・・適量
・アサツキ・・・少々
★1人分94キロカロリー、脂質5.1グラム、塩分1グラム
<1>パプリカは2センチ角に切り、発色をよくするために160度の油で素揚げする。湯の中にパプリカをつけて、油を落とす。
<2>玉ネギ、ニンニクはみじん切りにする。
<3>アサリは殻をこすりつけてよく洗う。
<4>アサツキは5センチ長さに切る。
<5>フライパンにオリーブオイルをひき、(2)を中火でさっと炒める。(3)と、白ワインを加える。ふたをしてアサリが開くまで3~5分ほど蒸し煮する。ふたを取り、(1)を加えよくまぜる。
<6>味をみて、好みでしょうゆを5、6滴たらす。(4)を散らす。

【グロとアボカド 粒マスタード和え】
『材料』(4人分)
・アボカド・・・1/2個
・マグロの刺し身・・・200グラム
・A(粒マスタード20グラム、レモン汁少々、白ワイン小さじ1、ワサビ少々、オリーブオイル少々、しょうゆ少々)
・チコリ・・・4枚
<1>マグロの刺し身、アボカドを2センチ角に切る。
<2>Aを合わせ、(1)とまぜる。
<3>(2)を直径5センチほどの丸い型に入れて形を整える。
<4>チコリにのせて食べる。

≪匠のひと手間≫
 「酒蒸し」はアルコールの匂いで材料の臭みをとり、淡泊な味に風味付けできます。
 アサリは日本酒で蒸すのが一般的ですが、白ワインを使えば洋風に早変わりです。日本酒は甘めですが、ワインは仕上がりがあっさりします。私も魚料理には、よく白ワインをいただきます。
 玉ネギとニンニクをしっかり炒めて味付けすることで濃厚な味わいになります。使うのは1000~1500円程度のハウスワインがいいでしょう。私も自宅で安い料理用の白ワインで作ってみましたが、やはりハウスワインの方が格段においしかったですね。
 ワインとしょうゆは、どちらも醸造されたもの同士で相性がいいと言われています。今回の料理でも、最後にしょうゆを少したらすと、ぐっと味が引き締まります。
 アサリの砂抜きをご自宅でする場合は、ボールにひたひたの水を入れ、新聞紙を上にかぶせてから暗くて静かな所に5時間程度おいておくといいでしょう。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20130723ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:12,384
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)○なのか?

|

« 7月の旬「いか」、そして「いかとじゃがいもの漁師煮」 | トップページ | ナスとトマトのカプレーゼ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「居酒屋風 寿司処 尋(ひろ)」、そして「日曜日は料亭気分」(7-3)「あさりワイン蒸し」:

« 7月の旬「いか」、そして「いかとじゃがいもの漁師煮」 | トップページ | ナスとトマトのカプレーゼ »