« 宵を愉しむ | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(7-2)「湯葉の琥珀がけ」 »

2013年7月25日 (木)

認知症を予防するために④「アロマで生活リズムを整えよう」

 今日は7月25日、「かき氷の日」だ。
 「かき氷の日」は、「な(7)つ(2)ご(5)おり」の語呂合わせにより、日本かき氷協会によって制定された記念日です。

 昨夜のテレビ、「水トク!世界の怖い夜~真夏に震える絶叫スペシャル」の映像は、ロケハンをして作ったような映像だったね・・・↓
http://www.tbs.co.jp/suitoku/suitoku20130724.html
 でも、「座敷童子」の出る旅館が気になるな・・・今まで良くテレビに出ていた「緑風荘(亀麿神社)」って火事になったんだよね。
「ざしきわらしの宿 緑風荘」
〒028-5711
岩手県二戸市金田一字長川41番地 
TEL:0195-27-2131

FAX: 0195-27-2407
http://www.zashiki-warashi.co.jp/
 今回、テレビで紹介されていのは、「菅原別館」だった。
「出世の宿 旅館 菅原別館」
〒020-0881
岩手県盛岡市天神町1-30
TEL: 019-622-3330

http://www.zashikiwarashi.jp/

 「KIRIN」より、メール。「澄みきり」か「本搾り」のプレゼント♪
https://secure.kirin.co.jp/kirinbrewery/kirinmailnews20130722/index.html#utm_medium=mail&utm_source=mail_kb&utm_campaign=kb_news_20130725&utm_content=mail_text
 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。「軟骨入りつくね串」の販売♪
http://gbuy.item.rakuten.co.jp/e8010/g/koushien-0725/?scid=rm_191968
 「焼豚煮豚・小豆島お肉の山下屋」より、楽天メール。「10人に1人無料」↑
http://item.rakuten.co.jp/yamashitaya/c/0000000517/?scid=rm_201838
 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「鶏レバーペースト」の販売↑
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/530496?scid=rm_197493

 今日は、1日練だ。
 今日の昼食は「シーチキンマヨネーズ」「ふじっ子」「梅干し」のおにぎり。
 それだけじゃあ寂しいので、みそ汁↑↑↑
認知症を予防するために④「アロマで生活リズムを整えよう」

「おすし屋さんのみそ汁」
こだわりの海幸の味 かにだし
かにみその旨味が決め手
 芳醇な香りと深い味わいの田舎みそに”かにみそ”の旨みと”かに殻”の香りが調和した深い味わいのおみそ汁。
ハナマルキ株式会社OS
長野県伊那市西箕輪2701
0120-870780

http://www.hanamaruki.co.jp

 今日は曇っていたので若干過ごしやすかったが、帰宅してすぐにビール♪♪♪
認知症を予防するために④「アロマで生活リズムを整えよう」

 そして「伊藤ハム ラ・ピッツァ マルゲリータ」で一杯♪
Delivering authering pizza with a delicious pizza crust to your home
低温長時間熟成生地
特製ナポリ風生地
 オリジナルトマトソースと3種類のチーズに、完熟トマトのダイスカットをトッピング
0120-01-1186

http://wwwitohamu.co.jp

 ここで、『JAF Mat4e』2013年8・9月号より「認知症を予防するために④「アロマで生活リズムを整えよう」」浦上克哉(医学博士、鳥取大学医学部保健学科教授、日本認知症予防学会理事長)の引用♪♪♪
 認知症の予防には、脳を活発に働かせることが効果的です。しかし、ストレスがたまるほど働かせると脳の神経細胞が傷つくこともあります。脳は使うだけではなく、時にはゆっくり休ませることも欠かせません。入浴を楽しむ、音楽を聴く、本を読むなど、お気に入りの時間もつくり、のんびり過ごしてください。
 なかでも私が予防効果を研究し、おすすめしているのがアロマセラピーです。これは、植物から抽出したアロマオイルの香りによって心身の健康を整える方法です。香りの種類によって、リラックスやリフレッシュ、不安感の軽減など、さまざまな効果が期待できます。
 アルツハイマー型は、記憶を司る脳の海馬という部分が障害を受けるために、もの忘れが始まります。この海馬には、香りを感じる嗅神経が直結しています。脳に認知症の原因物質がたまると、海馬より先に嗅神経の機能が弱り、 香りが分からなくなります。
 しかし、嗅神経は再生力が高く、過度な刺激により機能が回復します。そこでアロマオイルの香りによる刺激を与えて嗅神経の機能の維持や回復を図ると、海馬に障害が及ぶのを防ぎ、認知症の発症を予防できるのです。
 ただ、予防効果はどんな香りでも得られるわけではありません。昼はレモンとローズマリーの香りで脳を活発に働かせ、夜はラベンダーとスイートオレンジの香りでリラックスさせて、昼夜の生活リズムを整えるのが認知症予防に効果的です。
 アロマセラピーは暮らしに手軽に取り入れられます。居間や寝室、ドライブ中の車内などで活用してはいかがでしょう。
アロマの認知症予防効果をさらに高めるヒント
・昼は脳の働きを活発にし、夜はリラックスさせる香りで、昼夜の生活リズムを整える。
・昼は午前中に2時間程度、夜は就寝前に室内をアロマで満たしておくとよい。
・アロマオイルは、無農薬で育てた植物から抽出した製品を選ぶ。
・ペンダントやブローチにアロマオイルを染み込ませ、常に身に着けるのもよい。

本日のカウント
本日の歩数:12,988
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 宵を愉しむ | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(7-2)「湯葉の琥珀がけ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知症を予防するために④「アロマで生活リズムを整えよう」:

« 宵を愉しむ | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(7-2)「湯葉の琥珀がけ」 »