« JRさわやかウォーキング「「新幹線なるほど発見デー2013」と伊場遺跡を訪ねて」 | トップページ | <食卓ものがたり> 麦茶 »

2013年7月21日 (日)

「海の精 いのちのもと」、そして「うなぎ長蒲焼き」

 「釜庄 カニ・海鮮グルメとスイーツ」より、楽天メール。「たこわさび」が200gで800円♪
http://item.rakuten.co.jp/kamasho/10003207/?scid=rm_192960
 「くじら日和(長崎の鯨専門店)」より、楽天メール。「熟成 若くじらのお刺身」が220g808円♪
http://item.rakuten.co.jp/kuziran/kogire-waka/?scid=rm_209475
 「まぐろのみやこ」より、楽天メール。「大間 マグロ」が入荷したらしい♪
http://item.rakuten.co.jp/miyako/oma_nama/?scid=rm_192045#oma_nama

 昨夜のテレビ「ノブナガ」の思い出かけっこ」。
 広島県三原市の「タコ天」500円が取り上げられていた。三原のタコ天・・・初めて知った・・・美味しいそうだった。
http://hicbc.com/special/blog/nobunaga_omoide/
「おはぎの店こだま」
広島県三原市城町1-6-1
0848-63-4275

http://tabelog.com/hiroshima/A3403/A340303/34010236/

 今朝のテレビ「遠くへ行きたい」は京都だった。
 板前の言葉に、「おいしいものは簡単にできる。でも、うまいものはそうは簡単に作れない」
http://www.to-ku.com/
 「権兵衛」
・玉子丼 920円
京都府京都市東山区祇園町北側254
075-561-3350
12:00~20:30(L.O.)
ランチ営業、日曜営業

http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26001337/

 今日の午前中は、仕事・・・しかも無給・・・↓

 帰宅途中、ドラッグストア-に寄り、「サッポロ黒ラベル」6缶1,050円、「バタピー」198円を買い帰宅。
 帰宅途中、こちらが直進しているのにも関わらず、右折車がどんどん行き、こちらがブレーキ!!!なんてこったい!

 テレビをつける「スタイルプラス」で「渡合温泉 ランプの宿」をやっていた。ここは電気もきていない宿らしい・・・行ってみたいものだ。
 付知川の近くのようだ。
岐阜県中津川市加子母渡合
衛星携帯: 090-1092-8588
FAX: 0573-79-2222

http://www.doaionsen.jp/
http://homepage1.nifty.com/fuufuyuuyuu/sub21/051014.htm

 散歩に出かける。洋品店にて、半ズボン599円を買う。
F.R.E.S.C.O
綿100%
YUASA Co.,Ltd
06-6241-6093

 それに「靴下」4足399円。
DAILR&BASIC
GOOD quality and durability are specialy guaranteed
表糸 綿100%
LAPAGE Co., LTD
072-655-9091

 ホームセンターを覘き、スーパーに寄る。
 スーパーで、「明治ブルガリアヨーグルト」128円、「千葉県産 かつお あら」100円、「北海道産 わかさぎ」100g98円134円のものを買う。

 「酒&DOOD かとう」に1升瓶を返しに行く。
 「瑞泉」43度3,150円を買う。
「海の精 いのちのもと」、そして「うなぎ長蒲焼き」

 試供品の「海の精 いのちものと」をいただく。これで熱中症対策はバッチリだろう!!!
カルマグ1000
溶かして飲む これだけで体が求める水分と塩類を補給!
★ふつうの塩と何が違うの?
 成分がまったく違います。「いのちのもと」は、80種類の元素を含む海水を原料に、独自に開発した製法で、塩化ナトリウム以外の少量微量の元素をたくさん残しました。なかでもカルシウムとマグネシウムが各1000mg(100g中)と、たいへん豊富に含まれています。
★乳酸発酵液って何ですか?
 ヨーグルトの乳酸発酵は動物性。みそやしょうゆをつくる乳酸発酵は植物性。「いのちのもと」に使用した発酵液は、選びぬいた16種類の乳酸菌を豆乳に培養して1年も熟成させ、体に良い成分を抽出したもの。対内には無数の菌類がすみついていて、つねに勢力争いしています。乳酸菌などの善玉菌が増えて体の中の環境がととのうと、体がきれいになって、元気になります。
★ふしぎにのどが渇かないのはなぜ?
 塩分を取りすぎるとのどが渇きますが、高純度塩だと取りすぎなくてものどが渇きます。さまざまな元素を含んだ「いのちのもと」で塩分を補給すると、ふしぎにのどが渇きません。それは、ナトリウムだけではく、カルシウムやマグネシウムといった体に含まれる主要元素が、より体の中の環境に近いバランスで含まれているからです。
★スポーツドリンクとどう違うの?
 ふつうのスポーツドリンクは、塩分をあまり含んでいません(塩化ナトリウムで0.1%程度)。活動によって失われる塩分を補うには無理があります。「いのちのもと」だと、必要に応じて塩分の調整が自由にできます。また、海水由来のさまざまな塩類が、おいしいバランスで含まれています。なお、砂糖、ブドウ糖、果糖などの精製糖や、酸味料、香料などの食品添加物は使用しておりません。
『体が喜ぶこのおいしさに熱中!毎朝 超元気です!!』
使用方法
●500mlの水に本品1~2袋ほど溶かして、スポーツドリンク感覚でお飲みください。
●100~200mlほどの湯に本品1袋を溶かして、こぶ茶感覚でお飲みください。
●お茶、コーヒー、ジュース、スポーツドリンクなどに、少し溶かしてお飲みください。
≪お客様からの声≫
・甘さがなくて飲みやすい
 スポーツドリンクの甘さがキライな私には、とてもおいしく、水分補給ができました。1gパックだと、水を計るだけですむのでとても便利でした。スポーツをしたあとの、水分+塩分補給にカロリーも気にせず飲めるのが最高です。
・スポーツドリンクがUPする
 私は自販機しかないときに、スポーツドリンクを飲みます。あるとき、なにげなく500mlボトルに1袋(1g)入れると、もの足りない味がグッとUPして、以来ヤミツキに。
・身体が喜んでいる
 すっきりした味わいで、身体が喜んでいるような感じ。200ccの緑茶に溶かして飲んでいます。1日1回欲しくなるおいしさでこぶ茶のようです。
・体が元気になっていく
 とてもおいしい。飲んでいて、体の中にすっと溶け込んでいく感じがします。体が元気になっていくのを感じました。いただいてから体がとても軽く感じます。
・まさにビンゴ!!!
 ずっと待ち望んでいたものでした。今の私にまさにビンゴ!!!だったのです。「いのちのもと」を気がつくと1日1リットルくらい飲んでいます。体の調子はすこぶる良いです。
・熱々が大好き
 熱々をフーフーしながらいらだくのが大好きです。コップ1杯のお湯に1袋溶かしています。
名称:海塩加工食品
原材料名:海水、乳酸発酵液(大豆由来)
製造者:海の清株式会社
 東京都大島町元町神達575
 03-3227-5601

http://www.uminosei.com/shohhin/shio/inochinomoto.html

 夕方は、「菊水 生パスタ風 ラーメンサラダ」で一杯♪

 ここで、今日の朝刊「全国旨いもん」より「うなぎ長焼き」の引用♪
関東風でふっくら
 あす22日は土用の丑。この日のウナギは大晦日の年越しそばと並ぶ国民的”行事食”である。体力消耗、食欲減退の酷暑、タンパク質、ビタミン類など滋養に富み、夏バテ防止のうたい文句に誘われて、つい食べることになる。
 近年このウナギは天然稚魚の激減で価格が高騰。手軽な値段ではないが、奮発するならウナギ養殖発祥の浜松で創業65年の浜名湖山吹の「うなぎ長焼き」。ヒレ、背ビレ、尾などをカットした関東風で、「レンジで約1分。オーブントースターでこんがり焼くとさらに美味」と、やまぶき社長の佐藤清也さん。「深蒸しして焼き上げるので適度に脂落ちておいしくなる」という。
 焦げ目も食をそそる身はしっかりしてふっくら。皮は箸で切れるほど軟らかい。これに甘過ぎないさらっとしてコクのあるウナギエキス入りの添付の特製タレとからんで、自宅でも専門店で食べるうなぎと遜色ない満足感が十分得られる。
 ウナギは浜名湖や三河湾産。井戸水で数日生かして本来の旨みを引き出している。今年は8月3日が二の丑である。
【取り寄せ】
(株)やまぶき
浜松市中区鍛冶町140
TEL 0120-014321
FAX 053(413)5512
うなぎ長焼き(中)2本、税込み4410円。1本からも随意。真空包装もある。
※発送は冷蔵便

http://www.yamabuki.co.jp/

 そして「里山を歩く」より「清流」の引用♪
開拓に感謝の葉山島
 夏のウオーキングは、清流のほとりが最高だ。風が涼しいし、田んぼの緑が目に染みる。土手にはアカツメクサ、シロツメクサなど野草の花が咲いている。
 私がしばしば通うのは、相模原市の相模川上流だ。右岸の葉山島と呼ばれる地域だが、島ではない。流れは浅く、白い水しぶきを上げている。釣り人たちが水の中に入り、アユの友釣りをする。傍らには一面に田んぼが広がる。
 石碑が立っており、ここが開拓によって誕生したことを知った。地域住民による開拓作業は明治38(1905)年に始まった。途中、洪水で川の堤防が決壊し泥の海になるという苦難があった。それでも根気よく続けられ、スタートから半世紀後の昭和29(1954)年に17町3反(約17ha)の耕地が完成した。この結果、ほとんど各戸が田んぼの所有者になった。一部、畑もある。
 農家の喜びはもちろん、ここを訪れる者にとっても、開拓が戦後の食糧不足を助ける力になったのを思えば、感謝の気持ちが湧いていくる。
 ”緑の島”に生まれ変わった葉山島は、近年散歩の愛好者が増えているという。30分ほどで一回りできる。
 JRと京王の橋本駅南口からバス。本数が少ない。

本日のカウント
本日の歩数:14532
(本日のしっかり歩数:3,662歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○のようで×

|

« JRさわやかウォーキング「「新幹線なるほど発見デー2013」と伊場遺跡を訪ねて」 | トップページ | <食卓ものがたり> 麦茶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「海の精 いのちのもと」、そして「うなぎ長蒲焼き」:

« JRさわやかウォーキング「「新幹線なるほど発見デー2013」と伊場遺跡を訪ねて」 | トップページ | <食卓ものがたり> 麦茶 »