« 「ラーメンサラダ」、そして「<食卓ものがたり> シリシリ器」 | トップページ | 豚肩と夏野菜の味噌炒めライス »

2013年7月17日 (水)

「田苑」、そして「あいちの千両なす」たっぷり酢豚

 昨夜のテレビ、「おしかけスピリチュアル」は興味深かったね♪いろいろな神社が出ていたよ♪
http://www.tv-tokyo.co.jp/oshikakesp/
http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=35183/

 ここで、今日の朝刊のコラムより引用♪
 二年前の三月十二日午後三時ごろ、つまり東日本大震災が起きてから、ちょうど丸一日がたったころ、福島県南相馬市の農家で、一頭の子牛が生まれた
▼飼い主の宮川フジコさん(62)は、その日の午前、北隣の相馬市にある道の駅に一時避難したが、出産予定日を一週間過ぎた雌牛が心配で、午後には家に戻っていた。無事出産が終わり、母が子をなめ、子は乳を飲んだ。宮川さんは、子牛に「のぞみ」と名を付けた
▼宮川さんの家は福島第一原発から二十キロ圏内。夫の退職金で新しい機械を買いそろえ、和牛の繁殖に力を入れ始めた時に起きた災禍。どうなるか分からぬ不安があったからこそ、子牛の名に希望を託した
▼しかし結局、「のぞみ」は餓(う)え死にしてしまった。避難先の郡山市から家まで車で二時間。四、五日おきに通ったが、か弱く鳴く子牛を助けてあげようもなかった。生き延びた牛も殺処分にされた
▼宮川さんら八百人は、国と東電を相手取り「もとの美しい福島、ふるさとを返せ」と、福島地裁に提訴した。きのう始まった法廷での論戦は、事故の責任と今後の原子力政策のあり方を問うものでもある
▼都会に住む宮川さんのお孫さんは、震災の翌年に生まれた弟と、おばあちゃんの家に行き、牛に草をあげるのを楽しみにしているそうだ。宮川さんは、牛たちがみんないなくなったことを話せずにいる。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2013071702000096.html

 今朝は、早起きし、通勤途中「ダーチャ佐野」に行き、サツマイモ水かけをする。昨日水をあげていないせいか萎れている苗もある・・・。これから暑くなりそうだから、灌水は必要なんだろうな。

 今日の昼食は「朴めし」だった。ウナギが高いからね・・・。
「田苑」、そして「あいちの千両なす」たっぷり酢豚

 先日買った「S&B さんしょうの粉」をかける。鰻にはやっぱり山椒が合うよね♪♪♪
ヱスビー食品株式会社
東京都中央区日本橋兜町18番6号
0120-120-671

 デザートは、「ソルダム」という品種のプラム・・・緑色が特色らしい・・・が・・・↓

 夕方の仕事・・・昨日に引き続き(昨日以上に)、だいぶ時間の無駄だった・・・↓

 帰宅途中、杏林堂に寄り、「明治ブルガリアヨーグルト」128円、「伊藤ハム ピザ」198円、「田苑」980円を買い帰宅。

「田苑」、そして「あいちの千両なす」たっぷり酢豚

 帰宅して「伊藤ハム ラ・ピッツァ アルトバイエルン」で一杯♪
外はパリッ!中はモチッ!
0120-01-1186

http://www.itoham.co.jp

「田苑」、そして「あいちの千両なす」たっぷり酢豚

  「田苑」を飲む。なんか、科学的に風味を付けた感じ・・・↓
本格焼酎 金ラベル 麦 100%樽熟成 田苑
2009、2010年モンドセレクション 最高金賞 2年連続受賞
【金ラベル 900ml】
 自然豊かで焼酎造りに大変適した鹿児島県樋脇町で、業界初の「無菌解放発酵」を行い独自の製法で原酒は造られます。選び抜かれた原酒を、熟成のためホワイトオークの樽の中で永い歳月をかけて長期貯蔵することで、琥珀色の「芳醇な香りとコク」のある本格焼酎へと生まれ変わっていきます。また、製造工程でクラッシック音楽を聴かせる音響熟成によって発酵・熟成を促進させることで、まろやかな口当たりの高級酒に仕上げています。
【おいしい飲み方】
 ロック、ストレート(冷して)、水割りが一番おいしい。冬はお湯割りでもどうぞ。
田苑酒造株式会社 鹿児島工場
鹿児島県薩摩川内市樋脇町塔之原11356-
TEL 0996(36)0345

http://www.denen-shuzo.co.jp1

 なすが美味しい季節だよね。
 ここで、金麦かなにかの新聞広告より、「「あいちの千両なす」たっぷり酢豚」の紹介♪
甘酢あんが食欲をそそる 初夏においしい一品
 風薫る季節にぴったり、地元食材を使ったおすすめの一品は、「あいちの千両なすたっぷり酢豚」。酢豚の定番具材をアレンジして、この時期においしい愛知県産「千両なす」を使用。油との相性がよく、味がしみこみやすい「なす」は、酢豚の具材にもよく合います。
 おいしく作るコツは、野菜は少なめの油で揚げる(油通しする)こと。炒めるよりも短時間で火が通り、形も崩れず、水っぽくなりません。また、カットした「なす」は水にさらさずすぐに揚げると、油はねが少なく、色鮮やかに仕上がります。
どんな料理にもよく合う愛知県産の「千両なす」
 愛知県で多く生産されている品種「千両なす」。濃紫色で色つやがよく、皮・果肉ともに柔らかく調理もしやすいのが特徴です。煮ても焼いても揚げても、おいしく食べることができます。
『材料』(4人分)
・豚肉(とんかつ用)・・・2枚
・千両なす(愛知県産)・・・4~5本
・玉ねぎ・・・1/2個
・パプリカ(黄)・・・1/2個
・ピーマン・・・2個
・A
 しょうゆ、酒、しょうが汁・・・各小さじ1
 片栗粉・・・大さじ1
・B
 水・・・カップ1/3
 砂糖、醤油、酢・・・各大さじ2・1/2
 スープの素・・・小さじ1/2
 片栗粉・・・小さじ2
『作り方』
①豚肉は2cm角に切り、Aをもみ込む。
②なすはヘタを取って長めの乱切り、玉ねぎは2cmのくし型、パプリカ、ピーマンは種を取り、2cm幅、3cmの長さに切る。
③フライパンに油を1~2cm入れ、160~170℃に温める。ピーマン、パプリカ、玉ねぎをさっと揚げる。なすを入れ、実が少し色づくまで揚げる。
④続いて①の肉を1~2分火が通るまで揚げる。油は容器にあけ、フライパンをふく。
⑤フライパンにBを入れ、混ぜながら強火にかける。とろみがついてきたら③④を加え、全体をからめる。

本日のカウント
本日の歩数:11,902
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「ラーメンサラダ」、そして「<食卓ものがたり> シリシリ器」 | トップページ | 豚肩と夏野菜の味噌炒めライス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/57810781

この記事へのトラックバック一覧です: 「田苑」、そして「あいちの千両なす」たっぷり酢豚:

« 「ラーメンサラダ」、そして「<食卓ものがたり> シリシリ器」 | トップページ | 豚肩と夏野菜の味噌炒めライス »