« 「ロースジンギスカン」、そして「<食卓ものがたり> 手づくり納豆」 | トップページ | <食卓ものがたり> スイスチャード »

2013年6月13日 (木)

「日曜日は料亭気分」(6-1)「鮎のチーズ揚げ」

 今朝の朝刊のコラム欄より、引用!「Yes man」ばかりじゃ、ダメなんだよね!
 新しい人材の登用を考えた徳川家康が、腹心の土井利勝に人物評を尋ねた。まだあいさつに来ないから分かりません、と答えた利勝を家康は叱った。「お前のところへあいさつに出向く者の多くは追従者で、能力に恵まれていない者だ」
▼おべっか使いばかりでは、幕府は倒れると家康は憂えたのだろう。「武勇智謀(ちぼう)があり、用に立つ人間ほどあいさつに行くようなことはしないのに、そうした人材を退けてしまうのは、国が衰える始まりだ」
▼この後の言葉が有名な「よくよく人の善悪能否をたずねしるべし」。利勝は三代将軍の名補佐役として名を残す。童門冬二さんの著書『歴史のおしえ』から引用させていただいた
▼トップの周りが追従者ばかりだったら組織は腐る。いつの時代でも変わらない法則だ。統一球をこっそり飛ぶボールに変えていたことを認めた日本野球機構(NPB)も、この病に侵されていないか
▼今季、プロ野球は本塁打が急増した。NPBは変更を認めなかっただけではなく、製造元のミズノに口止め工作までしていた。「不祥事を起こしたとは思っていない」と会見で加藤良三コミッショナーは強弁したが、問われているのはコミッショナーの資質そのものだ
▼不祥事が相次ぐ全日本柔道連盟では、上村春樹会長が居座りを決めた。追従者ばかりを集めて自浄能力を失った組織に未来はない。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2013061302000102.html

 今日は暑いね・・・仕事をちょっと遅く終え、帰宅。
 「明治 ラザニア(十勝ゴーダチーズ使用)」で一杯♪
 ブログの下書きで「メモ帳」で打っていたら、パ粗根がフリーズ・・・日本語変換で「パ粗根」って何だよ???「パソコン」だろっ!!!本当にビスタは使えないね!!!
 パソコンのレスポンスが悪いと思ったら、ウインドウズアップデートがかかる。。。事前にアップデートとするか聞いてよ・・・本当にVISTAってダメだね!!!

 ここで、6月2日の「日曜日は料亭気分」より「鮎のチーズ揚げ」の引用♪♪♪
http://opi-rina.chunichi.co.jp/list/gourmet-ryoutei
『材料』(4人分)
・アユ・・・4尾
・卵・・・1個
・パルメザンチーズ・・・適量
・ゴボウ・・・1本
・かたくり粉・・・適量
・小麦粉・・・適量
・青トウガラシ・・・8本
・タタミイワシ・・・4枚
・油・・・適量
・スダチ・・・1/2個
・タデの葉・・・適宜
★1人分232キロカロリー、脂質15.9グラム、塩分0.5グラム
『作り方』
<1>アユは水洗いして三枚におろし、中骨を切り離す。塩少々(分量外)を振ってから小麦粉を薄くはたき、溶き卵をつけてチーズを振り掛ける。中骨にはかたくり粉を振る。160度の油で揚げ、食べやすい大きさに切る。
<2>ゴボウは10センチ長さに切ってから、薄くスライスする。ゴボウとタタミイワシを160度、青トウガラシを170度の油で揚げる。
<3>タタミイワシは揚げてからノリ缶などの筒に巻き付けて丸める。器に見立てて、(1)を盛る。
<4>スダチをかけ、タデを添える。

【鮎の炊き込みご飯】
『材料』(4人分)
・アユ・・・4尾
・米・・・3合
・A(だし汁540cc、薄口しょうゆ40cc、みりん40cc)
・タデの葉・・・少々
<1>グリルの中火でアユの両面を焼く。
<2>米とAを炊飯器で炊く。炊きあがったら頭と中骨を抜き取り、身をほぐしてよくまぜる。
<3>タデの葉を散らす。

≪匠のひと手間≫
 「夏の使者」「清流の女王」とも例えられる鮎がおいしい季節になりましたね。今回は骨まで丸ごといただける一品です。
 パン粉の代わりに、パルメザンチーズを衣にして揚げました。鮎に薄く小麦粉をはたくことでチーズがくっつきやすくなり、卵を加えることでしっとりと仕上がります。淡泊で、身がぱさつきがちな鮎が濃厚な味わいになります。中骨はせんべいのようにサクッとした食感を出すために、かたくり粉をまぶして揚げます。
 鮎、ゴボウは焦がさないために160度で揚げますが、青トウガラシは美しい色を出すために少し高めの温度で揚げましょう。
 定番の塩焼きもおいしいですね。ポイントは下準備。鮎より少し長い竹串を口から差し入れ、中骨を縫うように尾下まで貫いてから焼くと、清流を上る姿を再現したかのように美しい形に焼き上がります。焦がさないように背びれ、尾びれ、腹びれには多めに「化粧塩」を振りましょう。
 辛みと苦みがあり、香りが強い「タデの葉」は鮎料理によく合います。酢と水を8:2の割合でまぜ、タデのみじん切りと塩少々を加えれば「タデ酢」のできあがり。塩焼きに添えると絶品です。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/gourmet/20130604ryoutei.html

本日のカウント
本日の歩数:8,719
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×だと思ったら△か!?

|

« 「ロースジンギスカン」、そして「<食卓ものがたり> 手づくり納豆」 | トップページ | <食卓ものがたり> スイスチャード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/57583755

この記事へのトラックバック一覧です: 「日曜日は料亭気分」(6-1)「鮎のチーズ揚げ」:

« 「ロースジンギスカン」、そして「<食卓ものがたり> 手づくり納豆」 | トップページ | <食卓ものがたり> スイスチャード »