« タニタ食堂 おいしく満足!500kcalヘルシー定食「鶏肉と新たまねぎのしょうが風味トマトスパゲティ定食」 | トップページ | 「草刈り」、そして「砂丘らっきょう」 »

2013年5月25日 (土)

「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」

 今朝のテレビ「大人の山歩き」の「山のごはん」は「タケノコ汁」だった↑↑↑
≪ワンバーナークッキング≫
 今回は、北信・上越の郷土料理「チシマザサのタケノコ汁」を頂きました。
★材料★
・チシマザサのタケノコ(道の駅などで購入可能)、
・サバの水煮缶
・タマネギ(下茹で)
・ダシ(顆粒)
・味噌
★作り方★
(1)ひと口大に切ったタケノコと、下茹でした玉ねぎを出汁の入った鍋へ投入し15分ほど煮る。
(2)タケノコが柔らかくなったら、サバの水煮缶を入れひと煮たち。
(3)最後に味噌を溶いて完成。
《今回はもうひと品!》
 タケノコをホイルで包み、焼き網の上で15分ほど焼くだけでOK。味噌をつけていただきます。

http://www.tv-asahi.co.jp/yama/story/032/

 今日の午前中は仕事・・・!休日手当は出ないよ↓

 家に戻り、昼食を済ませる。

 午後から「二郎は鮨の夢を見る」の映画を見に行くんですよ♪バス停に向かう。いつもと違う路線のバスに乗ってしまった・・・!でも、目的地は同じ。バス内で、1,000円チャージ。
「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」

 1時間前に映画館に着いてしまった。本を読んで待つ。
 思ったより、すごく混んでいた・・・↓
 アメリカの映画のはずなのに、日本語だった!???
「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」

『次郎は鮨の夢を見る』(JIRO DREAMS OF SUSHI)
シンプルを極めると、ピュアになる。

 ミシュランガイド三つ星に輝く「すきやばし次郎」世界を魅了する”奇跡の味”に隠された87歳の鮨職人、小野二郎の生き方。
監督 デヴィッド・ゲルブ 出演 小野二郎  小野禎一 他
(アメリカ・82分)
全米で絶賛を浴び異例の大ヒット!
 世界30ヶ国以上で公開されて話題沸騰の珠玉のヒューマン・ドキュメンタリー
鮨の向こうに人生が見える
 2012年3月、ニューヨークにあるわずか2館のスクリーンで全米公開をスタートさせた『二郎は鮨の夢を見る』。アメリカ人監督による、日本の鮨と職人をテーマにしたそのドキュメンタリーは、瞬く間に口コミで評価を広げ、最終的には興行収入250万ドル超というドキュメンタリー映画としては異例の大ヒットを遂げた。その噂はやがて全米から世界へと飛び火。遂に作品の舞台となった日本のスクリーンへと凱旋を果たす-。
 東京・銀座の地下にあるたった10席ほどの鮨店・すきやばし次郎の店主・小野二郎。87歳の今でも職と技に対するこだわりを持つ彼が握る鮨は、「ミシュランガイド東京」で6年連続で最高の三つ星の評価を受け、フランス料理最高シェフのジョエル・ロブションや、ヒューマン、ケイティー・ベリーといったハリウッドセレブなど、世界中の食通たちをうならせてきた。そんな彼の作り上げていく鮨の味に驚嘆し、職人としての技や生き様に魅了された、アメリカ人監督のデヴィッド・ゲルブ。あのメトロポリタン・オペラの総帥、ピーター・ゲルブ氏の息子でもある彼は、来日中に「すきやばし次郎」の鮨と出会い、その芸術性に感動して映画制作を決意。約3ヵ月にわたり東京、静岡と密着取材を敢行した。
 日本人の私たちが忘れかけた、二郎の仕事に対する誠実な姿勢。親子であり師弟でもある二人の息子を通じて描かれる、偉大なる父への敬意、そして葛藤…。世界が認める名店を支える者たちのプライドと仕事にかける情熱を、温かくもモダンな映像とクラシック音楽の旋律とともに美しく浮かび上がらせてゆく
小野二郎「すきやばし次郎」初代店主
 大正14年(1925)10月静岡生まれ。東京・銀座にある鮨店「すきやばし次郎」の店主として、87歳の現在でも鮨を握り、世界で最も高齢の「三つ星」料理人をしてギネス認定も受けている。仕事への向上心と技術の結晶によって行きついたお品書は「おまかせ」という、その時にいちばんおいしい鮨20カンをフルコースのように出す形を考案した。長男の小野禎一、二男の小野隆士も鮨職人として、父親である師を超えようと切磋琢磨している。
・五つ星、芸術的な仕事だった。(タイムアウトニューヨーク)
・とにかくかっこいい。同じ日本人として心から誇りに思うし、自分の仕事に強い誇りを持とうと決心させてくれた。ありがとう、二郎さん。(武田双雲(書道家))
・いまだに進化し続ける職人仕事。その神髄を描いた稀有な映画である。(山本益博(料理評論家))
齢87歳、いまだ頂上は見えず。道を極め続ける職人の魂に世界が震えた珠玉のヒューマン・ドキュメンタリー。
・ピーター・ゲルブが私のボストン時代の大親友で、その息子がにほんのすし職人の気質、大袈裟にいえば哲学をよくここまで表現したと感心しています。もっともすし大好きな私ですし、二郎は尊敬しますが、こわくて行けないかも。でも一回は食べてみたいな。(小澤征爾(音楽家))
・その道一筋。鮨職人87歳。その鮨は食べた人を幸せにする。一途さこそ二郎さんの生き様。二郎さんに鮨を握ってもらった人は、生涯の語り草となるでしょう。(服部幸應(服部栄養専門学校校長)
・強い執念を持って己を極める事こそ才能なのかも知れない。真のマイスターをここに見た!!(篠崎史紀(NHK交響楽団 第一コンサートマスター)
・日本には鮨道と言うものが存在する事を知った。世界中どこでも、寿司レストランはあれど、究極の本物の寿司職人の二郎さんは日本の宝だ、本物はブレない、常に前進している。感動!(森公美子(歌手))
・寿司は「お好み」と決めているが、二郎さんなら「おまかせ」にして、味のシンフォニーを最終楽章まで楽しみたいと思ってしまう。(服部克久(作編曲家))
・二郎さんの鮨は、自然と深く親しんできた日本人にしか作れないものの頂点。今世界から愛され尊敬される日本人の姿をここに示す。(土井善晴))
・これこそ文化。この国に改めて誇りを感じる。「前と上を見る」二郎さんの生きかたは、誰にも大きな示唆を与えるだろう。(渡辺晋一郎(作曲家))
・とにかくかっこいい。同じ日本人として心から誇りに思うし、自分の仕事に強い誇りを持とうと決心させてくれた。ありがとう、二郎さん。(武田双雲(書道家))
・まるで夢のような、生々しい現実。明らかに江戸前である事と、どこかの遠い国のようなリアリティの融合。世界中の背中をしゃんとさせ、笑わせて圧倒して、ちょっと涙ぐませる傑作。(菊地成孔(音楽家・文筆家))
・この映画を見て外国人の目を通した日本の職人技の伝達と匠の誇りに先ずは感動!見終われば大将の笑顔に会いたくなった。(中島啓江(オペラ歌手))
・知らなかった。タコの体にマッサージ40分。寿司職人の伝統も格式も、映画なんて観なくても想像できると、言う人こそ、容赦なく見果てぬ鮨世界に放り込まれることだろう。(砂田麻美(映画監督『エンディングノート』)
・掌をあわせたくなるお寿司、これこそが日本のご馳走。前しか見ない、ただひたすら高みへと向かう二郎さんは、真理を握り私達はその哲学を食すのだ。(佐藤しのぶ(声楽家)
・いまだに進化し続ける職人仕事。その神髄はその哲学を食すのだ。(山本益博(料理評論家)
・究極の職人技は正に芸術!手技とクラッシック音楽が格調高く、素晴らしいハーモニーを奏でています。(川井郁子(ヴァイオリニスト・作曲家))

http://jiro-movie.com/
・FATTY TUNA(大トロ)
・MEDIUM TUNA(中トロ)
・LEAN TUNA(赤身)

 映画の中で「いつも前と上見ろ」と言っていた言葉が印象に残った↑↑↑
 映画の中で出てきた「うなぎ屋」と「お寺」がどこなのか気になる・・・行ってみたいものだが、どこなんだろう???
http://hamatome.hamazo.tv/e4481495.html
http://yuuyuukandai.at.webry.info/200801/article_12.html
http://takahashi01.hamazo.tv/e4498035.html
 静岡県天竜市(現浜松市)生まれ。
 9歳で地元の料理屋に奉公に出、その後、東京で修業を積み、65年に独立。40歳ごろから手にしみができないように外出時は常に手袋を着け、「舌の感覚が変わる」とコーヒーも飲まないなど、料理人としてこだわり続けてきた。

http://blog.goo.ne.jp/neo_japan21/e/a3fbb2e587ca1192c15b9e0e12f4d373
『すきやばし次郎』
電話:03-3535-3600
 ※要予約
住所:東京都中央区銀座4-2-15 塚本ビルB1F
 銀座駅徒歩1分(C6出口すぐ)地下1階
営業時間:[月~金]11:30~14:00、17:00~20:30
 [土]11:30~14:00
定休日:日曜・祝日

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002260/
http://www.sushi-jiro.jp/
『すきばやし次郎 六本木ヒルズ店』
TEL 03-5413-6626

 『すきやばし次郎』は、「3万円から。お酒なし!」ということだ。予約は1ヵ月前から・・・行ってみたいお店だ・・・でも、お金が・・・!
『至福のすし -「すきばやし次郎」の職人芸術-』山本益博(新潮新書)714円
 ミシュランの3つ星に輝き続ける「すきばやし次郎」。小さな奇跡とも言うべきそのすしは、いかにして誕生したのか。店に通いつづけること二十年、食べ手のプロフェショナルとして、つけ台をはさんでつぶさに仕事を追い、職人芸術とでも呼ぶべき域に達した江戸前すしの秘密に迫る。

「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」

 夕方は、ビアガーデンで飲み会なんですよ↑↑↑
 でも、時間が2時間もあったのでもてあましてしまった・・・。

 「ビアガーデン」って、何年振りだろう?多分、大学生の時以来だと思う・・・。
 時間制限がなく、食べ放題・飲み放題で3,500円は安いぞ!!!安いのに5時から9時半までひたすら食べ、ひたすら飲めるじゃないか!!!
「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」

 予約で一杯だ!!!予約なして来店した人は、返されていた・・・ここのビアガーデンで飲みたいなら、予約した方がいいぞ!!!
 つまみは、揚げ物などだが、安いからしょうがないだろう。
おじさんたちの会話
・「えっ!「ももクロ」って、「ももいろクローバーZ」・・・「クローバー」だから4人グループだと思っていた・・・違うの???」
・{えっ!?音楽用のカセットテープって、販売が中止になったの???」
「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」

えんてつビアバイキング
時間無制限(セルフサービス)
・5月1日(水)→9月7日(土)
・遠鉄百貨店 本館屋上(雨天中止)
・午後5時→午後9時30分(午後9時オーダーストップ)
ドリンク各種飲み放題!!
 生ビール、焼酎、日本酒、梅酒、ワイン、ウイスキー、サワー、カクテル、ソフトドリンク ほか
フード各種食べ放題!!
 和・洋・中華総菜、エスニック料理、サラダ、フルーツ、デザート ほか
「えんてつビアバイキング」システムのご案内
①本館東・西エレベーターをご利用のうえ、屋上受付へお進みください。
②受付にてご利用料金をお支払いいただくと、ドリンク用のジョッキ(グラス)交換チケットをお渡しします。
③ドリンクコーナーにてチケットとジョッキ(グラス)を交換します。お好みのドリンクを注ぎ、お席までお持ちください。
④お料理は、フードコーナーにてご自由にお取りください。
 ジョッキ(グラス)が空いたら、再度ドリンクコーナーにてお好きなドリンクをお注ぎください。
ご利用料金
・大人(高校生以上)3,500円
・小・中学生1,500円
・未就学児 無料
TEL 053(457)5560[直通]

「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」

 2次会は、「いろはにほへと」・・・ここに行くのは開店以来だね。でも、もう食べられないや・・・でも、〆鯖とサーモンを炙ったやつ。美味しかったぞ!!!
静岡県浜松市中区鍛冶町140 浜松イズムCビルB1
053-459-0107
http://www.umai-iroha.jp/

 宴はたけなわだったが、途中で抜ける。最近の居酒屋のシステムはすごいね。ハイテク注文だよ!タッチパネルで注文はできるし、会計のお金が分かる・・・んズうで割った金額も表示されるので割り勘の計算も楽だ↑↑↑

 終バスで帰る。
 いつもならコンビニでアイスを買い、食べながら帰るのだが、今日は満腹の為、買う気もしなかった・・・。

 帰宅すると、もうすぐ12時・・・お風呂に入って歯を磨いて就寝
「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」

「クリアクリーン」
顆粒で歯石除去
むし歯・口臭・歯周病予防
健康な歯は ツルツルの歯から
フレッシュトラス
花王株式会社
東京都中央区日本橋茅場町1-14-10
0120-165-696

本日のカウント
本日の歩数:24,376
(本日のしっかり歩数:12,179歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個

|

« タニタ食堂 おいしく満足!500kcalヘルシー定食「鶏肉と新たまねぎのしょうが風味トマトスパゲティ定食」 | トップページ | 「草刈り」、そして「砂丘らっきょう」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/57462549

この記事へのトラックバック一覧です: 「二郎は鮨の夢を見る」、そして「ビアガーデン」、さらに「いろはにほへと」:

« タニタ食堂 おいしく満足!500kcalヘルシー定食「鶏肉と新たまねぎのしょうが風味トマトスパゲティ定食」 | トップページ | 「草刈り」、そして「砂丘らっきょう」 »