« 日曜日は料亭気分(5-1)【ちまき寿司】 | トップページ | JRさわやかウォーキング「新緑の豊橋自然歩道と「葦毛湿原」を歩く」、そして「蛸つや煮」 »

2013年5月18日 (土)

「竹の子汁」、そして「健康園 有精卵」

 今朝の朝刊に「「荘川の森」初夏リゾートフェア」の広告が載っていた。
5/18、19、20 開催
「荘川の森」で過ごす新緑の週末。
 「荘川の森」では、別荘フェアを開催。
 澄み切った高原の風が、都会の騒音を忘れさせてくれる。
 「荘川の森」は、本格的なカナディアンログハウスで家族の笑顔と、かけがえのない友と過ごす静かな愉悦のとき。
 心の贅を知る貴方にふさわしい、オーナーシップを今年こそぜひ手に入れてください。
株式会社 荘川
0120-21-6637

http://www.shokawa.jp

 今朝のテレビ「大人の山歩き」の「山のごはん」≪ワンバーナークッキング≫は、「橋谷流「特製粕汁」」だった。
★材料★
地元の銘酒「八海山」の酒粕。
下茹でした大根、ジャガイモ、ニンジン、ネギ、(火を通した)サケの切り身、味噌
★作り方★
(1)下茹でしてきた大根、ジャガイモ、ニンジンを出汁の入った鍋へ投入。
(2)火を通したサケの切り身を入れる。
(3)酒粕をお玉の上で溶いていく。
 ※十分に火を通すことで、アルコール分がとび酒粕の旨味が残ります。
(4)沸騰してきたところで、ネギを投入。
(5)最後に白みそを溶いて完成。
 ※白みそ+赤みそでコクを出すのが橋谷流。
~15分ほどで、八海山の酒粕を使った特製粕汁が完成!~

http://www.tv-asahi.co.jp/yama/

 今日の午前中は、仕事・・・祝日手当がつくわけでもないサービス出勤だよ・・・でも気がつくと1時を回っていた・・・。

 帰宅して、遅い昼食を摂り、タケノコ掘りに出かける。
「竹の子汁」、そして「健康園 有精卵」

 「ダーチャ佐野」に植えたジャガイモは全て芽が出ていた↑
 竹林を整理したいんだけど、なかなか時間がないんです・・・。
「竹の子汁」、そして「健康園 有精卵」

 「ハチク」や「真竹」のタケノコがたくさん出ていた。全部掘っても食べ切れないので、ほとんど捨ててきた・・・もったいないよね・・・誰か、掘りに来て、すべて持ち帰って下さいよ~!!!
 帰宅して、タケノコの皮をむき、ゆでる。

 その後、扇風機の掃除をしたり、たまっていたVTRを見たりして過ごす。

 そして、「酒&FOOD かとう」に瓶を返しに行きながら、細矢さんの卵を買う。418円也。おっと、「更紗屋のカレー」が450円のところ半額じゃありませんか!思わず買ってしまう!

 夕方は、「新潟県 竹の子汁」を作り、一杯♪
 新潟県上越地方には、ひと味違った竹の子汁があります。信州味噌仕立てのお汁ですが、具は竹の子、タマネギ、ジャガイモ、溶き卵。ちょっと変わっているのは、ここに鯖の水煮の缶詰が入ることです。
 竹の子は、孟宗竹ではなく、雪国の山に自生している千島笹という種類で、姫竹とか根曲がり竹と呼ばれているものです。上越地方で竹の子というと、一般的にこの細くて灰汁のない竹の子のことを指します。信州味噌と鯖の缶詰と竹の子の風味がとても合い、おいしいお汁です。
 一昔前は、春になると小学校全校で「竹の子狩り」をするのが恒例行事でした。皆で竹の子を採り、お昼はそれを具にお汁作りをするのです。低学年は、先が折れないように竹の皮を剥き、中学年は薪を集め火の番です。高学年は、竹の子の節を除いた部分をゴボウのささがきのように鍋にとんとんと切って入れ、最後に鯖の缶詰を入れます。
 また各家庭では、竹の子の瓶詰めを何十個も作ります。親戚に贈ったり、都会から帰ってきた子どもたちに季節に関係なく、竹の子汁を作ったりするためです。まさに、竹の子汁は地域の思い出の味なのです。

http://www.kyousyokuin.or.jp/waiwaisquare/umaimon2/index.html
http://www.kyousyokuin.or.jp/waiwaisquare/umaimon/backnumber.html
ほんわか*おうちcafe~幸せのおいしい食卓~」
http://milkglasslove0411.blog16.fc2.com/
http://milkglasslove0411.blog16.fc2.com/blog-entry-2823.html

「竹の子汁」、そして「健康園 有精卵」

 「さば水煮」は、先日買ったもの。
キョクヨー
天日塩使用
販売者:株式会社 極洋
東京都港区赤坂3-3-5
0120-048894

「竹の子汁」、そして「健康園 有精卵」

 卵は、「健康園 有精卵」、細矢さんの卵だ!!!これが、美味しいんですよ!!!
有精卵
・放し飼いで、自然と共に生きている鶏の卵です。
・生食の場合は採卵日から3週間以内に使用し、それ以降は十分に加熱調理してください。
・お買上後は冷蔵庫(10℃以下)で保存して下さい。
健康園 細矢 清
食の原点 自然と共に
静岡県浜松市西区神ヶ谷町6882-1
TEL (053)485-6658

 「千島笹」という筍は、ないので、今日掘った「淡竹」を使った。
 「竹の子汁」を初めて食べたが、これが無茶苦茶美味しいぞ↑↑↑また、作って食べようっと♪♪♪

本日のカウント
本日の歩数:7,966
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 日曜日は料亭気分(5-1)【ちまき寿司】 | トップページ | JRさわやかウォーキング「新緑の豊橋自然歩道と「葦毛湿原」を歩く」、そして「蛸つや煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/57409763

この記事へのトラックバック一覧です: 「竹の子汁」、そして「健康園 有精卵」:

« 日曜日は料亭気分(5-1)【ちまき寿司】 | トップページ | JRさわやかウォーキング「新緑の豊橋自然歩道と「葦毛湿原」を歩く」、そして「蛸つや煮」 »