« 「草刈り」、そして「砂丘らっきょう」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(5-3)「いわしと牛蒡のコロ煮」 »

2013年5月27日 (月)

「ねぎだれおでん」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ 愛媛「三津浜焼き」」

 今日の朝刊の「味」に「長野県飯田市 ねぎだれおでん」が載っていた。
だし汁に風味よく
 長野県飯田市で「おでん」といえば、ねぎだれだ。常連客に刻みネギをのせて出したところ好評だったことから、50年ほど前に飲食店「丸現」=伝馬町=が考案した。
 かつお節と日高昆布をベースにしただしで、はんぺんや豆腐など13種類の具をじっくり煮込む。皿に盛り付けてたっぷりだし汁をかけたら、秘伝のレシピで作ったねぎだれをまんべんなくのせる。
 一番人気はダイコン。口に入れるとやさしいだしの味が広がり、ネギの風味がピリッと絡み合う。夏でも注文客が絶えない看板メニューだ。問い合わせは丸現=電0265(22)2997=へ。
「味見処 丸現 」
〒395-0000 長野県飯田市伝馬町2-21
0265-22-2997

http://tabelog.com/nagano/A2006/A200603/20006845/
http://r.gnavi.co.jp/3020550/

 今日は仕事をちょっと遅く終える。しかし!残業手当はつかない!!!!!
 上の方は、労働時間を短くしたから、給料を上げなくても相対的に給料は上がっているなんて言っているけれど、仕事の量は減っていないんですよ!・・・仕事を終える時間は変わらず、サービス残業の量が増えただけなんです。これって変ではないのですか???政治家さん、何とかして下さいよ・・・!!!

 仕事を終え、帰宅途中、ベイシアに寄る。
 「さば水煮」缶98円、「納豆」48円、それに「太平洋産刺身用かつお(解凍)」100g148円461円が30%引きで322円を買う。
 本当は、生かつおの方がよかったのですな、生かつおは売っていなかったのです。同じ30%引きの「アサリ」と迷いましたが、すぐに食べられ、健康にもいい「鰹」にしました!

「ねぎだれおでん」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ 愛媛「三津浜焼き」」

 帰宅して、今日買った「カツオ」」で一杯です♪

 ここで、『ふれ愛交差点』2013年5月号より、「おいしいもの探索!ご当地グルメ」の引用。今月号は、愛媛の「三津浜焼き」だ♪
 郷土料理からB級グルメまで、その土地の人々に愛されている料理を毎号ご紹介。今号は愛媛県の港町・三津浜港周辺で庶民に愛されている「三津浜焼き」です。
『作り方』
①ボウルでお好み焼きの生地を作る。
②中華麺(又はうどん)を軽く焼き、お好み焼きソースを少しからめる。
(広島焼きとの違いはココ!)
③薄く焼いた生地の上に、かつお節粉をまんべんなくかけ、焼いた麺、せん切りキャベツ、食べやすい大きさに切ったちくわと豚肉、天かす、牛脂をのせる。
④全体をひっくり返し、生地で具を蒸らすように中火で焼き、焼いた生地で具を卵の上にのせてしばらく焼く。
⑤④をひっくり返し、お好み焼きソースを少量塗って半分に折る。
⑥上にお好み焼ソースを塗り、青のりをふりかけたら出来上がり!
 地元のお店では蒸しただけのピンク色のちくわが使われます。
※半月型に焼くのがポイント!
※戦前の小麦粉を水で溶いてねぎなどをのせて焼いた「一銭養殖」がルーツ。そばやうどんを入れるようになったのは30年ほど前だそうです。

本日のカウント
本日の歩数:10,740
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)×

|

« 「草刈り」、そして「砂丘らっきょう」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(5-3)「いわしと牛蒡のコロ煮」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ねぎだれおでん」、そして「おいしいもの探索!ご当地グルメ 愛媛「三津浜焼き」」:

« 「草刈り」、そして「砂丘らっきょう」 | トップページ | 「日曜日は料亭気分」(5-3)「いわしと牛蒡のコロ煮」 »