« 「4月の旬【かつお】」、そして「新八木」で「あなご丼」 | トップページ | <食卓ものがたり> 養殖アユ(愛知県豊川市) »

2013年4月14日 (日)

「ジャガイモの育て方」、そして「壱の一 生炊きいかなごくぎ煮」

 今日は、朝ゆっくりしてから、「ダーチャ佐野」に出かけ、昨日準備したジャガイモの植え付けをする。
 まず、畑に畝を作り、ジャガイモを植える。
 ジャガイモは世界で最も多く栽培されているイモです。デンプン質が多く、様々な加工料理には欠かせません。
<ジャガイモの種類>
・インカのめざめ
 濃厚な栗のようなおいしさでほくほく感が楽しめます。
・シェリー
 料理しやすく、煮崩れしない新しいタイプのフランス産です。
・チェルシー
 小粒だが、1株に30個もつく豊産性の新種です。
・シンシア
 フランス生まれの新種、皮がむきやすく煮物に適します。
・ノーザンルビー
 赤肉の新種、特有の風味があり栄養価が高いです。
・シャドークイーン
 珍しい紫肉でアントシアンが多く健康に優れます。
・とうや
 黄肉の新種の注目種。粘質で多収量のおいしい品種です。
・キタアカリ
 グルメ時代に登場した人気のジャガイモ、栗のような甘味が多いホクホク感。
<ジャガイモの植え方>
「ジャガイモの育て方」、そして「壱の一 生炊きいかなごくぎ煮」

・植え時期
 3~4月、暖地ほど早く植えますが、晩霜に注意します。
・植え場所
 日当たりがよく、風通しのよい所が適しています。
・植え方
 タネイモは2つ切り、または大きいものは4つ切りにし、切り口は灰や石灰を塗っておきます。うね巾60cmで巾30cm位までとし、5cm位埋めておきます。
<手入れ>
 丈10cm位になったら、1~2本の太い茎を残し、芽かきます。

 そして、仕事で使う、竹伐り。
「ジャガイモの育て方」、そして「壱の一 生炊きいかなごくぎ煮」

 さらに、タケノコ掘り・・・モウソウチクの筍がだいぶ成長している。ハチクやマダケはまだ出ていない。
 頑張って孟宗竹の筍を掘る。

 午後は、散歩に出かける。
 まず、スーパーに以前買った酒びんを返す。そして、「ボンベイ ビーフカリー」480円を買う。
 さらに、「酒&FOOD かとう」に1升瓶を返しに行く。

「ジャガイモの育て方」、そして「壱の一 生炊きいかなごくぎ煮」

 夕方は、「国産豚味付生ホルモン(シロモツ)味噌」で一杯♪これがなかなか美味しいぞ!やっぱり、ホルモンは味噌味かな♪
三河畜産工業株式会社
愛知県豊田市秋葉町8丁目31番地

 夕方のテレビ「宇宙戦艦ヤマト2199」は、原作に忠実に再現しているようだが、以前のものとはちょっと違う部分もあるのですね。
http://yamato2199.net/

 ここで今日の朝刊「全国旨いもん」より、「壱の一 生炊きいかなごくぎ煮」の引用♪
一番を選りすぐり
 梅が咲き桜が散る間、播磨灘や大阪湾の港はイカナゴ(稚魚)漁でにぎわう。神戸や明石などの市場は自家で佃煮(くぎ煮)用に買い求める人の行列ができる。これを砂糖、醤油等でじっくり炊き込んだ専門店が製造販売するくぎ煮にも人が群がる。
 なかでも評判なのが、創業70年、兵庫津 樽屋五兵衛の「壱の一 生炊きいかなごくぎ煮」。朝の一番で網で揚がったピチピチの魚を釜に入れ、丸大豆醤油や三温糖、生姜などで一気に炊き上げたもので、折れ釘のように見えることからこの名がある。
 細くてしなやかで歯当りよく、甘ったるくない上品な味付けだから、ご飯のおかず、おにぎりの具にもってこい。「酢飯にキュウリとくぎ煮を入れて海苔巻きにしてもシャキシャキ感があっておいしい」と社長の高田誠司さん。社長自らの目で一番網や一番釜のイカナゴを選りすぐったこの商品は、神戸セレクション・6の認定を受けている。
 2~3年の成魚を手鍋でじっくり炊き上げた本来のくぎ煮を復活させた「いかなごの親のくぎ煮」や「神戸牛肉入りいかなごくぎ煮」も逸品である。
【取り寄せ先】
(株)兵庫津 樽屋五兵衛
神戸市兵庫区本町2の1の23
TEL 078(652)1620
FAX 078(681)9030
(日曜・祝日(休))
1箱(50g×2)1050円~

http://www.kobe-tarugo.com/

 さらに「里山を歩く」より、「ニリンソウ」の引用♪
梅のような5枚の萼
 春の里山で忘れられない花の一つに、小さな愛らしいニリンソウが挙げられる。漢字で二輪草。白い花が二輪付くのが名の由来だが、三輪のものもある。また二輪のうち一輪の咲く時期にずれが出るため、一輪のように見えたりする。
 キンポウゲ科の多年草で、林のへり、小川のほとり、田畑の近くなどの少し湿った場所に群れをなして生える。高さは15cmくらい。葉は白い斑が入り、3つに裂けているものが多い。「4月ごろ、白い花びら状の萼をもつ花がふつう2つ咲く」とした『大辞泉』(松村明監修、小学館)の説明が分かりやすい。
 花びらと見える萼は5枚で、姿は梅の花そっくりだ。細いつるつるの花茎に付く。早い所では3月から咲き始め、山寄りなどでは5月ごろまで。
 似た仲間に同じ科で花が一輪のイチリンソウがある。全体に大柄だ。また一輪草には葉柄があるのに、二輪草にはなく、見分けられる。
 地域によって二輪草は食用にもされる。だが、この草が属するキンポウゲ科には毒草が目立ち、若苗のころは似ている猛毒のトリカブトを食べて中毒事故が起きているため注意したい。
 埼玉の秩父路を歩いていたら、あちこちの水辺で二輪草の花に出合った。白く輝いていた。

本日のカウント
本日の歩数:11,329
(本日のしっかり歩数:4,070歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)×

|

« 「4月の旬【かつお】」、そして「新八木」で「あなご丼」 | トップページ | <食卓ものがたり> 養殖アユ(愛知県豊川市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャガイモの育て方」、そして「壱の一 生炊きいかなごくぎ煮」:

« 「4月の旬【かつお】」、そして「新八木」で「あなご丼」 | トップページ | <食卓ものがたり> 養殖アユ(愛知県豊川市) »