« 「炊き込みごはんを上手に炊く3つのコツ」、そして「おいしい旬の食材 4月「みずみずしくて、やわらかい 新玉ねぎ」」 | トップページ | 認知症を予防するために① 園芸で五感を刺激しよう »

2013年4月23日 (火)

3種のお手軽どんぶり

 「主治医が見つかる診療所」は「基礎代謝UPで痩せて 健康になるSP」だった。
 寝ているだけでも痩せられるというのは、インナーマッスルなんですね!
http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/
 インナーマッスル、直訳すると内側の筋肉。
 私たちの体には大きく分けて、2種類の筋肉がある。1つが激しいスポーツや、筋力トレーニングで鍛えられる筋肉。何段にも割れた腹筋や、隆々と盛り上がった力こぶなど、目で見たり触ったりする事ができる筋肉で、アウターマッスルと呼ばれる。
 これに対し、体のもっと深い所、骨の近くにあり、外から見たり触る事のできない筋肉が、インナーマッスル。
 ヨガや太極拳など負荷の少ないゆっくりとした運動で鍛えれれる。

http://www.tv-tokyo.co.jp/shujii/backnumber/130422/index.html

 仕事を終え、帰宅途中、杏林堂による。「森永 ビヒダスヨーグルト」99円、「森永 レンジラザニア」304円、「カネタ バタピー」1198円を買い帰宅。

3種のお手軽どんぶり

 帰宅して、「さんま蒲焼」で「さんま蒲焼丼」にして一杯↑↑↑
キョクヨー
さんま蒲焼
株式会社 極洋
東京都港区赤坂3-3-5
0120-048894

 ここで「3種のお手軽どんぶり」の紹介♪♪♪
【さんま蒲焼き缶詰丼】
『材料』(4人分)
・ごはん・・・800g
・さんま蒲焼き(缶詰)・・・450g(3缶分)
・大根(おろす)・・・350g
・かいわれ(根を切る)・・・1パック(50g)
・A
 ポン酢・・・大さじ4
 豆板醤・・・小さじ1/2
『作り方』
①さんま蒲焼きは缶から出し、汁ごと耐熱皿に入れラップをして温める。おろした大根は汁を軽く切っておく。
②さんま蒲焼きの汁と、Aの調味料を混ぜてタレを作る。
③器にごはんを盛り、かいわれ・さんま蒲焼き・大根おろしをのせ。②のタレをかける。

【まぐろ納豆めかぶ丼】
『材料』(4人分)
・ごはん・・・800g
・まぐろ(切り落とし)・・・200g
・納豆(タレ付き)・・・3パック(120g)
・めかぶ(タレ付き)・・・2パック(90g)
・大葉・・・4枚
・薬味ねぎ(小口切り)・・・4本
・いりごま 白・・・大さじ1
・B
 しょうゆ・・・大さじ4
 みりん・・・大さじ3
『作り方』
①器にBを入れひと煮立ちしたら冷まし、そこにまぐろを約10分以上漬ける。
②器にごはんを盛り、大葉を敷き、まぐろ・付属のタレと一緒にかき混ぜた納豆とめかぶを盛りつけ、いりごま、薬味ねぎを添える。

【甘辛スパム丼】
『材料』(4人分)
・ごはん・・・800g
・スパム(厚さ5mmに切り二等分)・・・1缶
・レタス(千切りにする)・・・3枚
・きゅうり(斜め薄切り)・・・1本
・卵(溶きほぐす)・・・4個
・牛乳・・・大さじ4
・塩・・・小さじ1/5
・こしょう・・・少々
・バター・・・大さじ1
・きざみのり・・・少々
・C
 しょうゆ・・・大さじ3
 砂糖・・・大さじ2・1/2
 みりん・・・大さじ2
 酒・・・大さじ3
『作り方』
①ボウルに卵・牛乳・塩・こしょうを入れて混ぜる。
②中火で熱したフライパンにバターを入れ、①を流し入れる。木べらで半熟になるまでかき混ぜたら、火を止めさらにさっと混ぜて余熱でスクランブルエッグを仕上げ、取り出す。
③②のフライパンを熱し、油を引かずにスパムを両面色がつくまで焼いたら取り出し、Cを混ぜたタレをからめる。
④器にごはんを盛りレタス・きゅうり・②・③のスパムをのせ、きざみのりを添える。

本日のカウント
本日の歩数:11,935
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 「炊き込みごはんを上手に炊く3つのコツ」、そして「おいしい旬の食材 4月「みずみずしくて、やわらかい 新玉ねぎ」」 | トップページ | 認知症を予防するために① 園芸で五感を刺激しよう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/57233311

この記事へのトラックバック一覧です: 3種のお手軽どんぶり:

« 「炊き込みごはんを上手に炊く3つのコツ」、そして「おいしい旬の食材 4月「みずみずしくて、やわらかい 新玉ねぎ」」 | トップページ | 認知症を予防するために① 園芸で五感を刺激しよう »