« タニタ食堂 おいしく満足!500kcalヘルシー定食「新じゃがいもで豚肉のくるくるソテー定食」 | トップページ | タイ料理の基本 »

2013年4月18日 (木)

「かつおと玉ねぎのぶっかけぽん」、「まぐろと長芋のぶっかけぽん」

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「自家製レバーのパテ(レバーパテ、レバーペースト)」1200円の販売♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/530496?scid=rm_197493

 「吉野家」の牛丼が今日から280円になるらしい・・・。なぜ、安くなるのか?「牛鍋丼」は、どうなるのか・・・販売中止か???
http://www.yoshinoya.com/

 今朝の朝刊に、長野県の広告が載っていた。その中で、気になる広告!
四季折々のお食事処 アルプスの郷 梅松苑
「松茸の王様 生田松茸」9月末~10月末
長野県下伊那郡松川町生田6009
TEL 0265-36-7100
FAX 0265-36-7102
<滞在型コテージ>
 1棟5名様 \12,500
営業時間:AM9:30~PM4:30
定休日:火曜日

http://www.kk-giken.jp/baisyou/

 「長野県公共の宿 信州穴沢温泉 松茸山荘
季節を先取り!年中食せる地元松茸の香り!!
長野県松本市穴沢767
本館・いろりの宿 TEL 0263-64-2102
別館・美人の湯東館 TEL-0263-64-3993

http://www.matsutake-sansou.jp/

 他にも広告があるが、今度真剣に読んでみよう↑

 今日の午後は、外回り。
 行く途中、追い越し車線に遅いトラックが・・・「石川梱包」と書いてある・・・その前にもいた・・・「天竜自動車運送株式会社」とかいてある。遅い車は、走行車線を

 帰宅時も、追い越し車線に遅いトラックが・・・後ろの迷惑も考えてよ・・・後ろにペンギンの絵が書いてあるぞ・・・どこのトラック何だろう・・・?

 車検証が出来たということなので、ディーラーに寄る。
「かつおと玉ねぎのぶっかけぽん」、「まぐろと長芋のぶっかけぽん」

 なかなかサービスが良かった。飲み物をくれた。オレンジジュースをいただく。さらに、テッシュはもらうし、カレーセットはもらうし、もう「トヨタカローラ東海」最高!!!

 帰宅途中、べしアに寄り、「千葉県産 刺身用生かつお」438円、「納豆」48円、「もやし」19円、「豚ジンギス」398円、「来来亭ラーメン」98円を買う。

 帰宅して、「千葉県産 刺身用生かつお」と「新たまねぎ」で一杯♪
「かつおと玉ねぎのぶっかけぽん」、「まぐろと長芋のぶっかけぽん」

 やっぱり、旬のものは美味しいねぇ~♪初ガツオを白玉ねぎの組み合わせに気がついた人は凄いよね!!!

 ここで、「かつおと玉ねぎのぶっかけぽん」、「まぐろと長芋のぶっかけぽん」の引用♪♪♪
【かつおと玉ねぎのぶっかけぽん】
『材料』(4人分)
・かつおのたたき(さく)・・・300g
・玉ねぎ(薄切り)・・・1個
・貝割れ大根・・・1/2パック
・みょうが(薄切り)・・・2個
・しょうが(千切り)・・・1片
・ラディッシュ(薄切り)・・・2~3個
・「味ぽん」または「かつおの蔵 丸搾りゆず」・・・適量
『作り方』
①かつおのたたきは1cm幅に切ります。
②貝割れ大根は、長さを半分に切ります。他の野菜とともに冷水にさらし、パリッとさせて、水気を切ります。
③②を彩りよく器に広げ、①のかつおを盛りつけます。
④「味ぽん」または「かおりの蔵」をかけていただきます。

【まぐろと長芋のぶっかけぽん】
『材料』(4人分)
・まぐろ(刺身用)・・・200g
・長芋・・・200g
・アボガド・・・1個
・水菜・・・1/2束
・「味ぽん」または「かつおの蔵 丸搾りゆず」・・・適量
『作り方』
①まぐろの刺身は一口大に切ります。
②長芋は皮をむき、細切りにし、アボガドは一口大に、水菜は食べやすい長さに切ります。
③器に彩りよく盛り、「味ぽん」または「かおりの蔵」をたっぷりかけていただきます。

本日のカウント
本日の歩数:9,253
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« タニタ食堂 おいしく満足!500kcalヘルシー定食「新じゃがいもで豚肉のくるくるソテー定食」 | トップページ | タイ料理の基本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「かつおと玉ねぎのぶっかけぽん」、「まぐろと長芋のぶっかけぽん」:

« タニタ食堂 おいしく満足!500kcalヘルシー定食「新じゃがいもで豚肉のくるくるソテー定食」 | トップページ | タイ料理の基本 »