« 「お彼岸のお中日」、そして「菓子巧房 ほほえみ」 | トップページ | 「カレーのチャンピオン」、そして「皮付きさきいか」 »

2013年3月21日 (木)

「しじみ みそ汁」、「完熟トマトのエビチリ丼」、「ぎゅっと搾りチューハイ カロリ。白桃」、そして「生ガキの味」

 「キリンビール」より、メール。「ビールあた~るアンケート」♪抽選で5名様に「キリン一番搾り生ビール350ml缶 1ケース<24缶>」をプレゼント!!
Q:新生活が始まる季節。歓送迎会もよく行われます。そんな時知って得するお酒のマナーのあれこれ。貴方はどんなことが知りたいですか?
・お酒の注ぎかた
・お酒のすすめかた
・上座下座など席順
・お箸の正しい使いかた
・料理の正式な食べかた
・新人のすべきこと
・上司のすべきこと
・一本締め、中締めなどの、席のしめかた
・中座のしかた
・宴会芸のあれこれ
・相手を楽しませる話の例
・その他(_自由記入_)

https://secure.kirin.co.jp/kirinbrewery/daigakuanq20130321/index.html#utm_medium=mail&utm_source=mail_kb&utm_campaign=kb_awadachi_20130321&utm_content=mail_text
「キリンビール大学」
http://www.kirin.co.jp/daigaku/

 昨日はコンピュータをシャットダウンしようとしたら「ログオフしています」のままフリーズ・・・本当にビスタってダメだね!!!!!

 今日は、仕事へ行く時に、ストップウォッチをポケットに入れて行った・・・そうしたら、表示が消えていた・・・教訓:ソーラーを補助として使っているストップウォッチはポケットに入れてはいけない!

「しじみ みそ汁」、「完熟トマトのエビチリ丼」、「ぎゅっと搾りチューハイ カロリ。白桃」、そして「生ガキの味」

 今日の昼食は、おにぎりとマルコメ「しじみ みそ汁」。蜆は1粒しか入っていなかった。
わかめ・だし入り
具入り生みそタイプ お弁当のお供に! 8食
マルコメ株式会社
長野市安茂里883
TEL 026-226-7454

http://www.marukome.co.jp

 午後の仕事は、頭が膿んじゃったよ・・・↓

 「白柳ネーブル」を頂いて帰路につく。

 帰宅途中、スーパーに寄る。「完熟トマトのエビチリ丼」398円を買う。他にも「手作りロースカツ丼」もあり、そちらの方がボリュームがあったが、エビチリが食べたい気分だったんだよね。
 それに「明治ブルガリアヨーグルト」138円、「神戸屋 麦の香り」98円を買う。

「しじみ みそ汁」、「完熟トマトのエビチリ丼」、「ぎゅっと搾りチューハイ カロリ。白桃」、そして「生ガキの味」

 帰宅して「完熟トマトのエビチリ丼」で一杯♪あまり辛みとうま味がないな・・・。
トマトの旨み。
豆板醤・XO醤使用

「しじみ みそ汁」、「完熟トマトのエビチリ丼」、「ぎゅっと搾りチューハイ カロリ。白桃」、そして「生ガキの味」

 「ぎゅっと搾りチューハイ カロリ。白桃」を飲む。
SUNTORY
1本あたり77kcal
0120-139-310

 ここで、『週刊ST』March 22, 2013より、「生ガキの味」の引用。生ガキって美味しいんだよね・・・産地によって牡蠣の味って違うらしいね・・・オイスターバーに行ってみたいな♪♪♪
 3月19日、東京駅とニューヨークのグランドセントラル(Grand Central)駅が姉妹駅になる。グランドセントラルの駅舎が今年2月1日に開業100周年を迎え、東京駅(丸の内側)の通称「赤れんが」駅舎も来年12月で開業100周年となるのを記念してのことだ。
 どちらの駅舎も取り壊しの危機を経験したが、どちらでも保存運動が盛り上がり、どちらも大掛かりな修復・改装工事を経て昔の姿を今に伝えている。グランドセントラル駅からまっすぐ東へ向かえば国連本部があり、赤れんが駅舎の目の前には皇居がある。似たようなロケーションで、2つの都市で同じ時代を生き抜いてきた2つの駅は、きっと素敵な老姉妹になる(惜しむらくはグランドセントラルに高架の鉄路がないことか。あそこの列車はすべて地下に潜っている)。
 グランドセントラル駅と言えば、日本人に最も馴染みがあるのは生ガキで有名な"The Oyster Bar"だろう。駅舎の開業時から続く老舗で、まだニューヨーク市内にまともな寿司店が少なかった時代、日本人は用もないのに駅まで足を運び、「魚介をナマで食す」という祖国の風習をノスタルジック疑似体験したものだ。
 ちなみにオイスターバーの支店(海外初出店である)は東京の品川駅コンコースにあって今年3月で9周年を迎えた。駅同士が姉妹になるのなら東京駅にも姉妹店が欲しいところだが、実現は難しいかもしれない。なぜ?東京駅丸の内口から歩いてすぐの場所で、すで日本国内2号店が営業しているからだ。

http://www.oysterbarny.com/
http://www.oysterbartokyo.com/
http://www.oysterbar.co.jp/index.html

本日のカウント
本日の歩数:12,463
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 「お彼岸のお中日」、そして「菓子巧房 ほほえみ」 | トップページ | 「カレーのチャンピオン」、そして「皮付きさきいか」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「しじみ みそ汁」、「完熟トマトのエビチリ丼」、「ぎゅっと搾りチューハイ カロリ。白桃」、そして「生ガキの味」:

« 「お彼岸のお中日」、そして「菓子巧房 ほほえみ」 | トップページ | 「カレーのチャンピオン」、そして「皮付きさきいか」 »