« 「カレー南蛮丼」、そして「鯖寿司」 | トップページ | 一水庵「とり重」 »

2013年3月31日 (日)

「焼鳥丼」、そして「牛蒡巻」

 打ったはずのblogが消えている・・・本当にvistaって、ダメだね!!!!!

 今年は3月31日が、「イースター」なんですね。
 イースターはイエスキリストの復活を祝うお祭り。古来から生命や復活を象徴するものとして卵が使われ、また、うさぎは跳ね回る様子が生命の躍動を表すとされ、復活祭のシンボルとなっています。

 今日は、朝ゆっくりしてから買い物に出かける。
 「納豆」48円、「ダブルソフト」98円、「缶詰」88円、「海苔」98円、「中濃ソース」500ml148円、「あさりコンソメ」128円、「さばの大根おろし煮」158円、「さきいか」398円、「ピザ」198円、「とろけるチーズ」8枚入り158円を買う。2,166円支払った・・・ちょっと遣いすぎだね・・・。

 帰宅途中、雨に降られたので雨宿り・・・。

「焼鳥丼」、そして「牛蒡巻」

 帰宅して、「炭火が香る 焼鳥丼の具」で焼鳥丼を食べる。
塩だれ味
ニチレイ
東京都中央区築地6-19-20
0120-69-2101

http://www.nichireifoods.co.jp

 ブログに「桂式」(「桂方式」と検索されていたようだが)の検索があるようだ。
(1)勝ったら上位コート、負けたら下位コート。
(2)勝ったら本部に試合結果を報告する。負けたら審判(後で対戦相手を見に来る)。
  ①勝ったら上のコートの右に自分のチーム名を記入。負けたチームを下のコートの左に記入。
  ②最上位のコートで勝ったら、そのコートの左側に記入。
  ③最下位コートで負けたチームは、そのコートの右側に記入。
(3)上位コートから、122233323332(以下3332)のチーム数が登録。

 そこで、ソフトテニスの「桂式」のデータをホームページにアップした。ワード文書です。下記のアドレスからリンクをたどれば見つけることができます。(zipで圧縮してあります。)
http://www3.tokai.or.jp/fmv/softtennis.html

 夕方は「遠州焼き」で一杯。ちょっと寒いからホット焼酎かな。
「焼鳥丼」、そして「牛蒡巻」

 今日買った「中濃ソース」をかける。
野菜と果実ベースのマイルドなソース
大丸興業株式会社
03-3820-7118

 ここで今日の朝刊「全国旨いもん」より、「牛蒡巻」の引用♪
焼き皮の香ばしさ
 黒潮寄せる南紀の海はマグロ、カツオ、クエなど多種を誇る魚の宝庫だ。エソ、グチなどは淡白な味、弾力性のある身の特徴を生かして南蛮焼(カマボコ)などの原料に使われる。
 とくに水揚げの多い漁港を控える田辺市ではゴボウを魚のすり身でつなぎ、エソなどの魚皮で巻いた「牛蒡巻」が多くの店で作られている。なかで評判が高いのが慶応元(1865)年創業のたな梅である。
 専務の林智香子さんによると、二時間ゆでて軟らかくしたゴボウに魚のすり身を合わせながら円筒形に整え、エソなどの皮を一枚ずつ巻いて特製のタレに二時間浸し、丹念に焼き上げる。すべて手作業だという。
 焼き皮は香ばしく、さくっと歯切れのよいゴボウとしっかり詰まった魚のすり身の旨みが一体化して、滋味しみじみと舌を満たす。味付けが濃くないのでつい何切れも手がのびる。
 「煮たり焼いたりすると風味がうせますので、1cm弱に切ってそのまま召し上がってください。薄くスライスしてうどんにのせてもおいしいですよ」とは林さんのアドバイス。
【取り寄せ先】
(株)たな梅本店
和歌山県田辺市福路町39
TEL 0739(22)5204
1本、税込み840円(箱入りは20円増)

http://www.tanaume.jp/

 さらに「里山を歩く」より、「サクラ」の引用♪
日本人の心象風景に
 春はサクラ(桜)の花で幕を開ける。わが国で単に花、と言えば、ほとんどが桜を指す。奈良時代までは梅が王座を占めていたが、平安時代に入れ替わった。平安後期の歌人、西行法師に「願はくは花の下にて春死なむ そのきさらぎの望月の頃」の歌がある。死が恐怖・悲惨ではなく、桜の花によって美しくすら感じる。
 「さびしさに花咲きぬめり山桜」は江戸時代の俳人与謝野蕪村の作。自身の寂しさから句を詠む蕪村の心象風景か。
 明治浪漫主義に新時代を開いた与謝野寛(鉄幹)の詩「一夜」は艶やか。
 「祇園の桜ちりがたに/ひと夜の黄身は黒瞳がち/上目する時身にしみき。/そは忘れてもあるべかり/若き愁いのさはなるに」
 バラ科の落葉高木で、ヤマザクラ(山桜)、オオシマザクラ(大島桜)、ソメイヨシノ(染井吉野)をはじめ種類が多い。山桜は赤褐色の葉が出ると同時に花が咲く。染井吉野は江戸末期に広まった、江戸彼岸と大島桜の交配種といわれ、最も広く植えられている。葉より早く淡紅か白の花が咲く。
 山桜はどこでもお馴染みだが、群落を見るには例えば奈良の吉野山、東京の高尾山がある。高尾山では山頂から小仏城方向へ約2kmにわたる千本桜が知られている。


本日のカウント

本日の歩数:4,366
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「カレー南蛮丼」、そして「鯖寿司」 | トップページ | 一水庵「とり重」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「焼鳥丼」、そして「牛蒡巻」:

« 「カレー南蛮丼」、そして「鯖寿司」 | トップページ | 一水庵「とり重」 »