« 「やいやい鍋」、そして「ポール・スミザー」 | トップページ | いろいろな鍋 »

2013年2月26日 (火)

「ガツンと辛旨」、そして「みかわポークのピリ辛八丁みそ鍋」

 ジャストシステムより、メール。一部製品に脆弱性の存在が確認されたとのこと。アップデートモジュールの導入が必要らしい。
 [スタート]-[すべてのプログラム]-[JUSTオンラインアップデート]-[JUSTオンラインアップデート]を実行してください。
※Windows 8の場合は、スタート画面で[JUSTオンラインアップデート]をタップまたはクリックします。
◇JUSTオンラインアップデートの使い方はこちら

http://support.justsystems.com/qadoc?QID=043657&m=jui26j01
 JUSTオンラインアップデートを使わず、アップデートモジュールを弊社ホームページから導入される場合は、以下のページからダウンロードしてください。
http://www.justsystems.com/jp/info/js13001.html?m=jui26j02

 今朝の通勤、前をブラジル人学校のスクールバスがゆっくり走っているところに出くわした。時速10km/h程度か・・・何でこんなに遅いんだ・・・狭い道だったので追い抜くこともできない・・・だいぶ行ってからハザードをを出して停車した・・・迷惑なスクールバスだった!!!!!、

 今日は帰宅途中、杏林堂に寄り。「明治ブルガリアヨーグルト」128円、「カネタ バターピー」198円を買い帰宅。
「ガツンと辛旨」、そして「みかわポークのピリ辛八丁みそ鍋」

 帰宅して、昨日買った「国産豚味付生ホルモン(白モツ) ガツンと辛旨」で一杯↑
 だいぶ前は、「シメサバ」にハマっていて、ちょっと前は「餃子」にハマていたけど、今は「ホルモン焼き」にハマっているんだよね!♪
激辛注意
辛さやみつき!あとひく辛さ!
激!辛旨
三河畜産工業株式会社
愛知県豊田市秋葉町8丁目31番地

 ここで、2012年11月23日の朝刊の「金麦」の広告に載っていた「みかわポークのピリ辛八丁みそ鍋」の紹介♪♪♪このお鍋美味しそうなんだよね↑↑↑作ってみたいけど・・・。
 鍋がおいしい季節を迎えました。今年は、愛知の味覚がぎゅっとすまった、うまみたっぷり「みかわポークのピリ辛八丁みそ鍋」を作ってみませんか?秋の夜長、あつあつ鍋とよく冷えたビールで食卓を囲めば、気持ちはほっこり、みんなの笑顔が広がります。
地元産の食材をたっぷり使って
 今回ご紹介する鍋は、「みかわポークのピリ辛八丁みそ鍋」。鍋の主役は、愛知県東部の東三河地域生まれのブランド豚「みかわポーク」です。愛知県が改良を重ねて生み出した3品種の豚を交配。その中でも、厳しい基準をクリアした高品質な豚のみが、「みかわポーク」として出荷されます。肉質は、きめ細やかで、バランスの取れた脂肪分が特徴です。
 比較的あっさり味の「みかわポーク」をおいしく引き立てる、鍋のベースとなる味はうまみ濃厚な「八丁みそ」。ご存じ、独特の香りと酸味、渋みなど複雑な味わいが楽しめる愛知県の伝統食材です。
キムチでピリ辛、心も体もポカポカに
 さらにキムチを加えれば、おいしさもアップ。ポイントは、キムチを豚肉で巻いて鍋に入れること。キムチのシャキシャキ感を損なうことなく、みそスープともほどよくブレンドされ、コクたっぷりのピリ辛味に仕上がります。
 鍋に入れる具材は、定番のねぎ、豆腐、春菊などの他、キャベツを入れても美味。全国でも高い生産量を誇る愛知県産のキャベツは、鍋に入れてれば甘みが増し、一層おいしくお召し上がりいただけます。
 「みかわポーク」と「八丁みそ」、そして「キムチ」。体の芯からポカポカ温まる絶品鍋はビールとの相性も抜群!今夜は、「みかわポークのピリ辛八丁みそ鍋」を囲んで、家族や友だちとほっこり至福の時間を過ごしてみませんか?
「みかわポーク」
 愛知県産のブランド豚。産地・生産者を限定し、厳選された独自のブレンド飼料で飼育。柔らかく、うまみがあり、きめ細やかな肉質が特徴です。
「八丁みそ」
 愛知県の伝統食「八丁みそ」の原料は大豆と塩のみ。2年以上かけて天然醸造するため、色が濃くなり、うまみもぎゅっと濃縮されます。
【みかわポークのピリ辛八丁みそ鍋】
『材料』(2~3人分)
・みかわポーク・・・300g
・キムチ・・・200g
・キャベツ・・・1/4個
・ねぎ・・・1本
・しめじ・・・1パック
・にんじん・・・6cm
・しらたき(小結)・・・1パック
・豆腐(木綿)・・・1/2丁
・春菊・・・1袋
・だし・・・3カップ
・八丁みそ・・・大さじ4
・みりん・・・大さじ3
・豆板醤または一味唐辛子・・・適宜
『作り方』
①豚肉を広げ、キムチを等分にしてのせる。巻いて串か爪楊枝でとめる。
②キャベツは3cm幅のくし形に切る。ねぎは斜め切りし、しめじは根元をとり小房に分ける。にんじんは1cm厚さに切り、花形に型抜きする。しらたきは茹でてアクを抜く。豆腐は縦半分に切り、2cm厚さに切る。春菊は葉をつむ。
③鍋にだしをいれて温める。八丁みそをボウルに入れ、みりんを徐々に加えながら混ぜる。八丁みそがなめらかになったらだしを加え、具を入れて煮る。お好みで豆板醤か一味唐辛子を加える。
※一般的なみそと比べ固く溶けにくい性質の「八丁みそ」。お鍋に入れるときには、みりんで溶いて柔らかくしてからだしの中に入れましょう。だしは濃いめに取り、「八丁みそ」を濃くしすぎないようにすると食べやすくなります。

http://kinmugistyle.jp/index.html
http://kinmugistyle.jp/recipe/backnumber.html

本日のカウント
本日の歩数:6,419
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 「やいやい鍋」、そして「ポール・スミザー」 | トップページ | いろいろな鍋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ガツンと辛旨」、そして「みかわポークのピリ辛八丁みそ鍋」:

« 「やいやい鍋」、そして「ポール・スミザー」 | トップページ | いろいろな鍋 »