« 「冬の月」、そして「鴨そば」 | トップページ | 「浜松八幡宮」に初詣、そして「イタリアン鍋」 »

2013年1月 1日 (火)

住まいのリセットで金運UP!

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 今日は1月1日。パソコンの壁絵を変える。
 1月の壁紙は『エゾリス(音更町)』 北海道の写真家 青木功さんです。
http://item.rakuten.co.jp/snowland/kagebami-kitaguni/
 あれっ!?この写真、去年と同じような気がするが・・・!??

 テレビを見るとお正月の特番ばかり・・・でも、旅番組って好きなんだよな。いつかその地に旅行に行った時に寄りたい所の情報がわかる↑↑↑

 今朝のテレビ「新春しゃべくりSP」で「名倉&福田が行く!京都の旅 開運美女は鈴木ちなみ」は興味深かった。
http://www.ntv.co.jp/007/present2013/index.html
【嵯峨とうふ 稲 北店】
・手桶くみあげ湯葉御膳 1,580 円
「嵯峨とうふ 稲」
〒616-8384 京都市右京区嵯峨天龍寺造路町19
電話:075-882-5809
営業時間:11:00~18:00(ラストオーダー) 繁忙期延長あり
定休日:年中無休
「嵯峨とうふ 稲 北店」
〒616-8374 京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町46-2
075-864-5313
営業時間:11:00~18:00(ラストオーダー) 繁忙期延長あり
定休日:年中無休

http://www.kyo-ine.com/
 松尾大社は、パワースポットですね。霊亀(レイキ)の滝が紹介されましたが、他にも本殿の北にある「亀の井」という霊泉の湧き水は、延命長寿、蘇り名水で、酒が腐らないとも言われ、酒造業者はこの水を酒の元水として造り水に混和して用いるそうです。

 建仁寺での座禅。あの叩く棒は「警策(けいさく)」と言うのですね!

 京都に「ラーメン街道」があるようです。
【高安】
・スジラーメン 700円(ニラをトッピングするとおいしいらしい)
京都市左京区一乗寺高槻町10
075-721-4878
AM11:30~PM0:00

http://takayasuramen.com/
【麺屋 極鶏】
・鶏だく 650円
京都府京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
075-711-3133
11:30~14:30、18:00~スープ売り切れ
ランチ営業、日曜営業

http://ameblo.jp/jiren7/
【本家鳥初】
・地鶏の水だき 4500円
〒604-8005 京都府京都市中京区姉小路通河原町西入恵比須町428
075-231-4861

http://www.kyoto-torihatsu.com/

 年賀状が届いた。年賀状を書くのはおっくうだけど、届くと嬉しいねぇ~↑↑↑
 出していない方に年賀状を書いていたら、聖書の案内の訪問があった。元旦早々迷惑な訪問だ・・・というか、お正月からご苦労なことですね。忙しいので帰ってもらった。
 年賀状を書き上げ、散歩がてら郵便局に行く。
 帰宅途中、コンビニに立ち寄ってみる。お腹が極限に減っていたので何か買いたかったが我慢して帰宅。
 昼食は「カルビ丼」。これが美味しいんだな♪♪♪

 午後は、テレビを見てゆっくりとしている。

 『パコマ』2013年1月号の巻頭大特集は「住環境を味方につけて幸運を呼び込む Dr.コパの住まいのリセットで金運UP!」だ。
 2013年はすべてをリセットし、新たなスタートを切るのにうってつけ!金運にも大きな変化があらわれるので、その運をいかにキャッチするかが重要に。まずはDr.コパが教える、とっておきの開運風水術で金運アップのベースをつくりましょう。風水で環境を整えれば、金運がどんどん上がって幸福になれること間違いなし!
【基本編】伊勢神宮の遷宮がある2013年。「巳年」パワーも加わり、金運アップが狙えます!
 式年遷宮で神様のパワーが強くなる2013年。遷宮でお社が西に移動することに加え、今年は巳年であることからも金運がよくなるのを環境が約束しています。今すぐ風水を実践し、金運を手に入れて!
Point 1 誰もが金運に恵まれる絶好のチャンス!
 今年は三重県伊勢市にある、伊勢神宮の第62回式年遷宮の年。遷宮は20年に一度行われ、お社を建て替えて神様にお遷りいただく神事です。遷宮の年は「ご破算で願いましては・・・」が起こる年で、今後の20年に向けてすべてがリセットされます。
 また、はからずも今年の干支の巳は脱皮する生き物。身のまわりのリセットはもちろんですが、自分自身もリセットし、過去の自分から脱皮しなければなりません。これまでに抱えてきたしがらみや旧弊から抜け出し、新しく生まれ変わるのにふさわしい年といえるでしょう。
 そして、リセットですべてきれいになったところに入れたいのが金運です。「巳さんがお金を連れてくる」という言い伝えがあるように、巳がお金を引き寄せてくれます。
 今年は誰もが金運に恵まれ、幸せになれるチャンスがあります。その幸運をつかむためにも、風水の知恵をいかしましょう。
2013年に行うべき衣・食・住・遊の風水をチェック!
【衣】ゴールド、オレンジ、ブルーをファッションに取り入れよう
 ラッキーカラーのゴールド・オレンジ・ブルーは、ファッションやインテリアに取り入れるのが吉。サブカラーのブラウンと組み合わせれば、それぞれの色が持つ力を高めることも!
 金運アップはもちろんのこと、仕事運や恋愛運、結婚運にも力を発揮してくれるゴールド。いつも身につけられるアクセサリーがオススメ。
 神宮に祀られている天照大御神は太陽の神様。その太陽の色=オレンジは、現状からの脱却を表していて、子宝運や旅行運に効果あり!さらに財運を高め、夢の実現をもたらしてくれます。
 ブルーは伊勢神宮を流れる五十鈴川の色で、清めのパワーを持っています。嫌な過去をスッキリと清算し、厄を落とすことができます。
【食】お米、鶏肉、日本酒で運が開ける!
 食べ物のパワーを体内に取り込むことも、海運の秘訣。なかでもお米は、神様にお供えする格の高い食べ物で、日本人の主食です。お米に関するものを食べることで、すべての運気がアップします。
 おにぎりや丼ものをはじめ、お米を原料としている餅、団子、せんべいなども◎。不動産運、結婚運、家庭運アップのほか、やる気や集中力がつき、物事をミスせずにやり遂げられます。
 日本酒もお米が原料ですが、厄落としの作用もある水を使用していることも開運のポイントに。土地などのお清めにも活用できます。
 鶏=酉は文字の形が西に似ていることから、金運パワーを持つ食材とされています。
【住】インテリアなどを新しくするのが吉!
 遷宮が20年ごとに行われるように、住まいの運気の寿命も20年。そのため10年を超えた頃から徐々に家のパワーが弱まっていき、幸運が入りにくくなります。住まいに新しい気を取り入れて、運気をよみがえらせましょう。
 2013年は財産や不動産に縁が深く、引っ越し、新築、リフォームなど、住まいを新しくするのに最適な年です。土地探しや家探しを始めることも運気アップにつながります。
 古いものを処分し、リセットするのも開運ポイントのひとつ。住まいを新しくするのが無理でも、家具やインテリア小物を新調することで部屋の雰囲気が変わり、気分も一新できます。
【住】幸せを運んでくるのは東南と、伊勢神宮の方位
 今年は家の中心からみて東南と、伊勢神宮のある方位が幸運をもたらします。東南からは人の縁、伊勢神宮からはお金の円がやってくるので、このふたつの方位に干支の置物や盛り塩を置き、しっかりと風水を行いましょう。
住まいのリセットで金運UP!

 自宅から見て伊勢神宮のある方位が重要。巳の置物を飾り、毎日その方位に向かって拍手を打ったり、頭を下げたりすると金運がアップ。トイレなどの水場がある場合は、リビングルーム内で伊勢の方位を見立ててもOKです。
 東南は人間関係を育てる方位で、ここに玄関やリビング、ダイニングがあると吉です。ラッキーカラーの花や観葉植物などを飾ることで、恋愛運がアップしたり、人脈が広がって仕事運がよくなったりという効果が期待できます。もし東南に水場がある場合は、こまめに掃除をし、常に清潔さをキープするように心がけましょう。
【遊】神社参りや水辺を訪れると運が授かる!
 神社や水辺、住宅展示場、モデルルームなどに、家族そろって出かけるのが開運アクションです。過去に出かけてよかったところも自分にとってのラッキースポットとなります。
 川や海、湖、プールといった水辺、森林があるスポットを訪れることが幸運のカギ。体にたまった厄を落としてくれ、自然のパワーを吸収することができます。
 一番の開運スポットは伊勢神宮で、「伊勢に7度、熊野に3度、氏神様には月参り」といわれるほどパワーは最強。近くの神社や氏神様を参拝するのも◎。

本日のカウント
本日の歩数:8,154
(本日のしっかり歩数:6,270歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)○だけど×

|

« 「冬の月」、そして「鴨そば」 | トップページ | 「浜松八幡宮」に初詣、そして「イタリアン鍋」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/56444824

この記事へのトラックバック一覧です: 住まいのリセットで金運UP!:

« 「冬の月」、そして「鴨そば」 | トップページ | 「浜松八幡宮」に初詣、そして「イタリアン鍋」 »