« 「ガンダムワールド 2013 in 浜松」、そして「まるごと・ザ・カレー」 | トップページ | 芋煮会 »

2013年1月 6日 (日)

ウルトラQ「さざめ竹・・・竹の花」、そして「じゃこ天」

 昨夜のテレビ「ノブナガ」の「思い出かけっこ」で、神戸三宮「鉄板焼 お好み焼 空海」が出ていた。「空海ステーキセット」3,990円、リーズナブルじゃないか!!
兵庫県神戸市中央区下山手通2丁目1−4
078-321-1729

http://tabelog.com/hyogo/A2801/A280101/28004889/
http://hicbc.com/tv/nobunaga/index.htm
 「ヒットの泉」も面白かった。
・生もみじ(安芸の宮島)
・長崎堂 カステララスク

http://asahi.co.jp/hit-izumi/

 「ぺんき屋のおっちゃん」のブログに「竹の花」が咲いていたという記事を見つけた。
http://pennkiyasan.hamazo.tv/
 竹の花というと、「ウルトラQ」第18話「虹の卵」を思い出しますね。
「さざめ竹」
 運転助手が拾った竹の花、それが物語の始まりであった。原子力発電所に運ぶ濃縮ウランを積んだトラックががけ崩れに遭ったそれは怪獣の出現であった。
 タンポポ団のリーダー、ピー子は大好きなおばあちゃんのためにたけのこを探していた。たけのこを持っておばあちゃんに会いに行ったピー子の帽子につけられたさざめ竹に花を見たおばあちゃんは「さざめ竹の花と虹の卵があれば何でも願い事が叶う」と嘘をつく。それはさざめ竹の花が咲く頃は悪いことがおきるという言い伝えがあったからだ。しかしピー子はおばあちゃんの足を直すために虹の卵を探しに出かけるのであった。
 その頃トラックの運転手が入院した病院で由利子は金色の虹を見る。この虹はタンポポ団も見ていた。虹の下に卵があると思ったピー子は虹に向かって進んだ。一方万城目はパゴスが発射した分子構造破壊光線は人間の目には金色の虹に見えると言った糸魚川博士の言葉を思い出す。
 北京に現れたパゴスがここに現れていた。そうとも知らずピー子は虹の卵を見つけた。しかしそれはトラックから落とされた濃縮ウランのカプセルだった。そこにパゴスが現れるが穴に潜り込んで難を逃れた。パゴスは前進し原子力発電所を破壊するが糸魚川博士が開発したニュートロンミサイルによって破壊される。
 そしてピー子は・・・

http://www5e.biglobe.ne.jp/~wakka/ultra-q2.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1022447855
http://homepage.mac.com/onishi2/storylist.html
http://www.geocities.jp/ultra_q_1966/
http://ultraq.web.fc2.com/index.html
 竹の花って、珍しいんですよ・・・自分も今までに1回しか見たことがない・・・。竹の花って、稲の花と似ているんですよ!(イネ目イネ科だからと思うんですけど。)
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4e/c3/ef62ab631f82c33d8929f5ad42801af6.jpg
 タケは約120年周期、ササは40年から60年周期でどちらも開花後には枯死する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9
 ということで、近くの竹林に竹の花が咲いていないか探しに出かけた。
ウルトラQ「さざめ竹:竹の花」、そして「じゃこ天」

 普通の枝と違う生えかたをしている竹が多数あったが、これは「天狗巣病(てんぐす病)」なのではないかと思う。
 枝や葉が一か所から密生する樹木の病気。鳥が巣をかけたように見える。サクラなどに多く,子囊菌類や担子菌類の寄生による。
http://kotobank.jp/word/%E5%A4%A9%E7%8B%97%E5%B7%A3%E7%97%85

 竹の花は、近所では見つからなかったので、帰宅して、散歩に出かける。
 まず、年賀状を出す。そして、スーパーに寄り、売り出しの「特設カレーコーナー」を見る。「ビーフカレー」78円、「チャンピオンカレー」298円を買う。「ボンベイ」の「キーマカリー」も買いたかったのだが見当たらない。常設のカレーコーナーにも行ってみたがない!さすが人気商品だ!売り切れてしまったのか!と思い、「一正 おでん袋」198円を買う。
 レジに行こうと思ったが、店員さんにボンベイのカレーはないか尋ねると、カレーコーナーとは全然違う場所に案内された。冷蔵食品を扱っている所にあった!!!(紛らわしいね・・・これっじゃあ、普通に見つけることはできないぞ!!!)
 ボンベイのカレーは、チキンカレーが美味しいんだよな・・・「ビーフカリー」480円、「チキンカリー」440円と迷ったが、結局売り出しの「キーマカリー」420円を買うことにする。
 ホームセンターに寄り、職場用の鉢植えを買う。「パンジー」78円。色がいろいろあったが、今年のラッキーカラーの1つのオレンジにする。

 午後は、明日着て行く服を出したり、黒豆をしまったりする。
 湯たんぽで温まりながらテレビを見ている。(ぬくとい・・・のくとい・・・♪)

 ここで今日の朝刊、「全国旨いもん」より「じゃこ天」の引用♪
 愛媛県西部のリアス式海岸に抱かれた宇和島は四国有数の好漁場。そこに臨む八幡浜から宇和島にかけてはカマボコなど水産加工業も盛んだ。なかでも魚のすり身に砕いた骨も混ぜて油で揚げた愛媛名物「じゃこ天」はこの辺りが本場である。
 店による微妙な違いの味にそれぞれひいきが付き、地元ではどの家でも好みのじゃこ天が常時、冷蔵庫の一角を占めている。それぞれにおいしいが、創業85年、おがた蒲鉾の「じゃこ天」が私のイチ押し。
 ホタルジャコやヒメジ、タチウオの頭や内臓を取り除き、皮や骨も一緒にすり身にし、食塩、砂糖、みりんなどで味付けして形を整え、油で揚げた色艶のいい蒲鉾だ。そのまま口にしても油っぽくなく、弾力のある歯応えやコチッと当る歯触りとともに魚の風味、濃い旨味がじわりとにじみ出て、ついもう一枚。
 「細切りにしてみそ汁やチャーハンの具に。またフライパンやオーブントースターで温めてご飯のおかずや酒のつまみに。それ自体からだしも出ます」と専務の緒方晃彦さん。多様に応用できる惣菜である。
【取り寄せ先】
(株)おがた蒲鉾
愛媛県西伊予市宇和島町大江412の1
0894(62)5880
5枚入り、税込み761円~

http://www.ogata-kamaboko.co.jp/

 そして「里山を歩く」より「ナンテン」♪
福も鳥も呼ぶ赤い実
 ナンテンは漢字で南天と書くが、その音から難転とも記せるため、難を転じて福とする働きを持つ、めでたい木とされる。丸い小さな実がたくさんなり、晩秋から冬に赤く熟して美しい。この特質によって、新年を飾る生け花にも用いられる。また、九州には家の南側に植えると家が栄える、との言い伝えがある。新潟では実が多い年は米が豊作、といわれる。
 日本・中部以南の暖地に自生する高さ約2メートルの常緑低木。葉は複雑で、小葉は革質、楕円形。先がとがっている。梅雨のころ、白い小さな花を穂状に付ける。
 庭に植えられることが多い。なぜか和風が似合う木だ。富安風生に「寒南天二段に垂れて真赤かな」の句がある。
 『日々の歳時記』(広瀬一朗著、東京新聞出版)は「木の実が赤くなるのは人目を楽しませるためではなく、鳥に目立たせるため」と解説している。さらに、この実が人のせき止めに使われることから「道理で鳥はせきをしない」としゃれる。民間薬としては、葉に塩を振ってもみ、歯痛に用いる。
 わが家の庭にナンテンが3本ある。植えた覚えがないので、野鳥がふんとともに種を落としていったのが芽吹き、育ったのだろう。この木も野鳥と助け合っているようだ。

本日のカウント
本日の歩数:7,493
(本日のしっかり歩数:4,308歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« 「ガンダムワールド 2013 in 浜松」、そして「まるごと・ザ・カレー」 | トップページ | 芋煮会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/56481862

この記事へのトラックバック一覧です: ウルトラQ「さざめ竹・・・竹の花」、そして「じゃこ天」:

« 「ガンダムワールド 2013 in 浜松」、そして「まるごと・ザ・カレー」 | トップページ | 芋煮会 »