« 「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」 | トップページ | 「相撲茶屋ちゃんこ 龍ヶ浜」、そして「鍋紹介サイト」 »

2012年12月26日 (水)

暮らしに役立つマメ知識「年末の大掃除のコツ」

 『はだしのゲン』の作者、中沢啓治氏が亡くなったというニュースが流れた。この本は、全世界の人に読んでもらいたい本ですよね!!!

 ふと思った。「かま平」って、どうなっちゃったんでしょうね!?
静岡県浜松市西区和地町6317
053-486-2167

http://www.mapion.co.jp/phonebook/M01018/22133/G0534862167-001/

 今日の午前は仕事。風が強かったが、外での仕事でした!ものすごい風で移動用ネットが倒れたよ!!!
 午後は有休の消化。

 帰宅途中、クリーニング屋に寄り、クリーニングを出す。

 帰宅して遅い昼食。

 午後は散歩に出かける。

 サークルKで50円切手2枚を買う。

 衣料品店で「靴下」4足599円、「ポロシャツ」599円、「ワイシャツ」599円を買う。
「男のこだわりシリーズ」Wサポーター
animo.plus
058-240-4280
「日本ニット工業組合連合会」
03-5600-2100
「JUST WELL」
 True happiness is just a good thing
 Wonderful time is spent

 スーパーのキャッシュコーナーで入金したいのだが、行列ができていた・・・年末だねぇ~!

 スーパーに寄る。
 「わかさぎ」100g168円を20%引きを買おうかとも思ったが、茨城県産だ。放射能検査をしているのかな???分からないので買うのをやめた。
 「玉ネギ」28円、「浜名湖もちぶたモモブロック肉」100g98円、永谷園「脂っぽい料理に黒豆のちからみそ汁」88円、「カルビーじゃがいも」98円を買い、533円を支払う。

 午後は、部屋の整理の続き。1年間で本がたくさんたまっているね。

 テレビの「ケンミンショー」で、飛騨高山の「ネギ味噌天ぷら」をやっていた。美味しそうだ。食べてみたいな♪
http://www.ytv.co.jp/kenmin_show/secret/this_week/index.html
http://rakupon.blog91.fc2.com/blog-entry-2625.html

 夕方は、昨日の残りの「千枚漬け」で一杯。そして「サンマ」の焼いたものを「柚子みそ」でいただく。「柚子みそ」は、市の教育センターの所長のお母様に頂いたものだ。これがなかなか美味しい↑↑↑

 ここで、「ここ住も!」2012年12月号より「年末の大掃除のコツ」の引用↑↑↑
 あっという間に1年が過ぎ、気がつけばもう師走。お歳暮やクリスマス、お正月の準備などやることが目白押しです。なかでも年末の大掃除はちょっぴりやっかいな行事の1つ。毎年慌ててサッと済ませるパターンになりがちです。そこで、今年こそは早めにきちんと大掃除を乗り切るコツをご紹介します。
これでバッチリ!!ラクに乗り切る大掃除
 お掃除が得意な人も苦手な人も、掃除方法の基本を知っておくと簡単でスピーディーにこなせるようになります。下記に挙げた「大掃除のキホン3ヶ条」を参考に、まずは基本を確認しておきましょう。
 また、汚れのレベルに合った掃除方法を知っておくといっそう効率が上がります。まず、汚れの初期段階にあたる「水分を含まないホコリ汚れ」の場合には、とにかく濡らさないのがポイント。乾いた雑巾などでふき取ればすぐにきれいになります。次に、「水分を含むベタっとした汚れ」は、洗剤を使わずにスポンジでふき取るだけでOK。さらに、「時間が経ちベターっとくっついた汚れ」は、洗剤を使ってきれいにしましょう。そして、「ねっとりこびりついたガンコな汚れ」は、削り取ることが原則です。最終段階の「傷の中や素材に浸みこんで手の施しようのない汚れ」は、一生懸命掃除をして洗剤や道具を無駄に消耗するよりも、あきらめて買い替えた方が得策かもしれません。
 このように、汚れの程度を部分ごとに見極めて、それに適した方法で掃除をすることが大掃除をラクにこなすためのポイントです。今年の年末はぜひ早めに挑戦して気持ちよく新年を迎えましょう。
知って便利な基礎知識「お掃除にキホン3ヶ条」
①掃除は上→下が基本!
 掃く時も拭く時も、掃除の方向は上から下へやるのが基本。例えば、机をそうじする時は、先に机の上にある照明などのホコリを取り除いてから机の上を拭きましょう。
②乾いた汚れはぬらさずに!
 床や家具の上をいきなり濡れ雑巾で拭き始めるのは間違い。乾いた汚れやホコリを濡らしてしまうと余計に手間がかかります。乾いている汚れは濡らさずに取り除きましょう。
③面積に合った道具を使おう!
 掃除する面積に合わせて汚れにきちんと届く道具を使用しましょう。例えば、お風呂のような広い場所は大きなスポンジで。トイレのように細かい場所は小回りのきくブラシを用意。
どこでもラクラク!場所ごとのお掃除テク
【トイレ】
・便器の掃除
 便器には尿石やサビ、ホコリ、カビ等の汚れが付いています。軽い汚れの場合はトイレ用洗剤をブラシにつけて磨きます。しつこい汚れにはクリームクレンザーがおすすめ。ホコリやカビが混ざった汚れはクレンザー入りの研磨剤が有効です。
・尿石の除去
 最も落とすのが難しいのが尿石。洗剤を付けたティッシュペーパーを尿石がある部分に貼り付け、汚れが浮き上がってきたらブラシでこすります。それでも除去できない場合は、1200~2000番台の耐水ペーパーを利用して丁寧に磨きましょう。
【浴室】
・床そうじ
 床が汚れているとくすみや湯垢も増えやすいので注意しましょう。タイルの場合は目地に蓄積した汚れを落とす必要があります。固いブラシで念入りにこすり、洗剤をお湯で薄めて塗り汚れを落としましょう。クエン酸入り洗剤やクリームクレンザーも効果的です。
・浴槽をきれいに
 浴槽の汚れで最も多い皮脂や垢は、スポンジに浴室用洗剤を含ませて落とします。こびりついた汚れは、洗剤を吹き付けてからティッシュでしばらく覆っておくと汚れが浮き上がり簡単に除去できます。浴槽の材質を確認してから道具や洗剤を選択しましょう。
【キッチン】
・水垢の除去
 キッチンでは毎日水を使うのでどうしても水垢が付きやすくなります。水垢は水道水に含まれるカルシウムが蓄積したもの。そのまま放っておけばおくほど除去するのが大変になります。垢に有効な「クエン酸」を使って掃除をしましょう。
・シンクをきれいに
 シンクは傷が付きやすい場所なので、やわらかなスポンジなどを用いて掃除します。シンクにくすみがある場合は、ジーンズの切れ端などの目の細かい布にクリームクレンザーを含ませてよく磨きましょう。
【洗面所】
・洗面ボウルをきれいに
 洗面台の洗面ボウルの部分をお掃除するときは、浴室用洗剤を含ませたスポンジでこすっていきます。全体的にきれいになったら、仕上げに乾拭きをしておきましょう。蛇口などがくすんでいる場合は、水で湿らせたストッキングで拭くとくすみが消えます。
・落ちにくい汚れは・・・
 洗面ボウルの汚れがなかなか落ちないときは、使わなくなった歯ブラシにクリームクレンザーをつけてこすってみましょう。水垢は酢水、黄ばみや黒ずみには重曹、サビ汚れには酸性洗剤やサビ専用洗剤を使ってその部分をこすります。
【リビング】
・床掃除
 掃除の前に家具や取りはずしできるものを取り除いておきます。床は掃除機でホコリやチリを除去してから、雑巾をできるだけ固く絞って拭いていきます。汚れがこびりついている場合は住宅用洗剤を使ってその部分をよく拭きましょう。
・ワックスがけ
 床の掃除がひと通り終わったらワックスをかけます。ワックスを塗ると床にツヤが出るのはもちろん、傷や汚れも付着しにくくなります。最近では環境に優しい自然素材のワックスも多く出回っているので、床材に合ったものを利用しましょう。
【和室】
・畳掃除
 畳の目に沿って掃除機を動かしゴミを吸い取ります。汚れがある場合は、畳に水分が付かない程度に固く絞った雑巾で拭き取ります。ゴミやホコリが畳目に付着している場合は、古い歯ブラシで畳を叩くように動かして汚れを除去します。
・障子の張り替え
 日焼けして黄ばんだ障子は張り替えましょう。アイロンで張るタイプなら簡単にできます。襖や障子がうまく滑らない場合は、ロウソクを塗っておきましょう。柱の黒ずみは、酢水やお米のとぎ汁を使って磨くときれいになります。

本日のカウント
本日の歩数:16,914
(本日のしっかり歩数:4,299歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」 | トップページ | 「相撲茶屋ちゃんこ 龍ヶ浜」、そして「鍋紹介サイト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/56399032

この記事へのトラックバック一覧です: 暮らしに役立つマメ知識「年末の大掃除のコツ」:

« 「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」 | トップページ | 「相撲茶屋ちゃんこ 龍ヶ浜」、そして「鍋紹介サイト」 »