« 「時が深まる」 | トップページ | 食育通信 第9回 正月の伝統食 »

2012年12月19日 (水)

腸内環境を整えよう

 昨日のテレビ「とびっきり食堂」で、「手打うどん 権太 」をやっていた。ここは、舘山寺に行ったときに、ぜひ寄るべきお店なんですよ!
 ついでに、近くの「東海酵母」で「佃煮」も買ってくるといいよ!
 太くてモチモチの讃岐うどんを浜松の方にも馴染みある味つけで…。“手打うどん 権太”は40年続く舘山寺の名店。
 永く愛される「きつね」(735円)は特大のアゲが自慢。「鍋焼き」(1050円)は大きなエビの天ぷらが入った、贅沢な冬の定番。地元では親しみの深い、甘口のみそ味に仕立てた「みそ煮込み」(1050円)は上品な味わい。
 「みそおでん」(420円)も昔ながらの一皿。
浜松市西区舘山寺町2061-5
TEL 053-487-0634
不定休
営業時間:日~金 11:00~22:00、土曜日 11:00~24:00
http://www.satv.co.jp/0300program/0010tobikkiri/0004syokudo/

 「e-まちタウン」より、メール。「忘年会・新年会特集」↑↑↑
http://www.emachi.co.jp/season_sp/enkai/
 「くじら日和(長崎の鯨専門店)」より、楽天メール。「1円スタートオークション」の案内↑↑↑
http://item.rakuten.co.jp/kuziran/c/0000000214/?scid=rm_209475

 右脇腹の下の方が痛い・・・先週から違和感を感じていたんだけど・・・盲腸かもしれない・・・主治医は今日の午後は休診だった。明日病院に行くかな。

今日のメニュー:
・左右打ち 10本×2
 (後ろ足溜め、前足踏み込みをしっかりと)
・マシンガン打ち 10本×2
・マシンガン3本 10分×2
・スプリットステップ3本 15×2
・後衛3本打ち ハーフコート(ストレート)
 バック、フォア、ランダム
・前衛3本
 バック、フォア、ランダム
・レシーブ練習
・サーブ練習

 寒いから早く帰宅して、ホット焼酎で体を温めよう!!!

 ここで、『共済フォーラム』2012年12月号より、「腸内環境を整えよう」の引用♪
お腹の調子が整えば、便秘解消で気分爽快 みるみる美肌でいいことづくめ!
 体だけでなく、気分までも重苦しくなってしまう便秘。特に日本人の女性に多く、成人女性の半分近くが便秘に悩んでいるといわれています。女性は、便を押し出すための筋肉量が少ないうえ、女性ホルモンの影響で大腸の水分吸収が促され、便が硬くなる傾向があるのです。最近では、食生活の乱れやストレスが原因で、男性にも便秘が増えています。また、加齢とともに大腸の機能が低下し、食事量が減ることで便のかさが減ることから、60代以上で便秘が急増する傾向にあります。
腸内環境のカギは善玉菌
 大腸には、100兆個ともいわれる腸内細菌がすんでいます。ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、食物繊維の糖を餌に、人間に有益な代謝産物を生み出します。この代謝産物は腸管細胞のエネルギーとなって大腸の動きを活発にします。さらに、大腸の水分吸収を抑えて便秘を防いでくれます。
 一方、ウェルンシュ菌や大腸菌などの悪玉菌は、主にたんぱく質を餌に有害な腐敗物質を生み出します。腐敗物質は、腸が活発に動いていれば便と一緒に体外に排出されますが、腸の動きが鈍いと停滞し、さまざまな病気を引き起こす要因にもなりかねません。
まずは生活習慣を見直そう
 毎日を快適に過ごすためには、便秘を防いで腸内環境を整えることが大切です。まずは、食物繊維の多い食事、過度な運動を取り入れてみましょう。また、朝食後は大腸のぜん動運動が起きるタイミングなので、朝は時間に余裕を持ちたいもの。早寝早起きを心掛け、規則正しい生活を送りましょう。
呼吸、マッサージ、エクササイズ 体の内側と外側から腸をケア
【1本の糸呼吸】
 大きく息を吸ってお腹を膨らませたら、小さく口をすぼめて、細くゆっくり、息を吐き続ける。お腹が少しずつへこんでいくのを意識しながら、できるだけ細く長く息を吐き、最後まで吐き切る。横隔膜の動きが腸を揺さぶって刺激を与える。体が温まり、リラックス効果も得られる。
【左右揺らしエクササイズ】
腸内環境を整えよう

 椅子に浅く座り、肩を水平に保ったまま、口から息を吐きながら、上半身を左にスライドさせる。右のお尻が浮かないように。
 真ん中に戻りながら鼻から息を吸い、今度は方は右にスライド。左のお尻が浮かないように。
 ゆっくりと10往復する。
【腸ゆらしマッサージ】
 仰向けに寝て、下腹部、左腹部、左のウエスト部の順に、上下左右にマッサージで小刻みに揺らす。腸が動き出す朝食後に行うのが効果的。1~4を、いずれも1分程度でよい。
ここに効かせる!
腸内環境を整えよう

 腸の曲がり角である○の部分を意識してほぐしましょう。
腸内環境を整えよう

①両手を下腹部に当てたまま、お腹の中の腸を揺らすように上下左右に細かくユラユラと揺らす。
腸内環境を整えよう

②腹部の左側に両手を当て、便が滞りがちな下行結腸を重点的に、上下左右に細かく揺らす。
腸内環境を整えよう

③左のウエスト部に両手を移し、体の側面と背面を挟んでユラユラ揺らす。肋骨と骨盤の間を重点的に行う。
腸内環境を整えよう

④お腹に手を当てて、押し込むようなイメージで、ゆっくり時計回りにマッサージする。10~20回。
『腸にいい食材を摂る』食物繊維と乳酸菌をオリーブオイルと一緒に!!
オリーブオイルは”天然の便秘薬
 ”天然の便秘薬”とも呼ばれるオリーブオイルは、小腸で吸収されにくく、大腸を刺激して排便を促します。効果を最大限に引き出すためには、朝食時に大さじ2~3杯をまとめて摂るのがお薦め。食物繊維や乳酸菌を含む食品と組み合わせれば、効き目もアップ!
「キノコの豆乳ポタージュ」
『材料』(2人分)
・キノコの素・・・大さじ4~5
・豆乳(無調整)・・・300cc
・コンソメ(顆粒)・・・小さじ1
・塩、こしょう・・・少々
・オリーブオイル・・・大さじ1
『作り方』
①豆乳を鍋で温め、煮立ったら弱火にしてコンソメを加え、2分ほど煮る。
②キノコの素を加え、塩・こしょうで味を調える。
③器に盛り、オリーブオイルをかける。
※「キノコの素」の作り方
 シメジ、エノキ、マッシュルームなどお好みのキノコを細かく刻み、オリーブオイルで炒める。かさが1/3くらいになったら塩、こしょうで調味。冷めたら密閉容器に入れて冷蔵庫で保存する。パスタやグラタン、チャーハンの具などに。
腸の「あんな疑問、こんな疑問」
Q 便秘って、どのくらい便通がない状態?
A 医学的には、排便回数が週に2回以下か、3日以上お通じがない状態を便秘と言います。「便が硬くて出にくい」「閉塞感がある」など自身が不快に感じるなら、それも便秘の一種です。
Q 夕方になるにつれて、お腹が張ってくるのですが・・・。
A ストレスなどが原因で便秘や下痢を起こす過敏性腸症候群の人に多いのが、お腹の張りです。ガスが溜まっている可能性もありますが、痙攣など大腸の不自然な動きを不快に感じている場合もあります。リラックスして腸を優しくマッサージしてみてください。改善しないようなら、専門医に相談しましょう。
Q スーパー便秘ってなんですか?
A 食物繊維や下痢など一般的な便秘対策が効きにくいのが、いわゆるスーパー便秘です。なかでも、いきむと肛門の手前にできた”ポケット”に便が入ってしまう直腸瘤は、出産経験のある女性に多くみられます。
Q 以前はよく効いた便秘薬が、最近効かなくなってきました。
A 腸の運動を促す刺激性下剤を長期にわたって使っていると、耐性ができて次第に薬が効きにくくなります。刺激性下剤には、腸管粘膜細胞を傷つける副作用があるので、過度の使用は避けましょう。
「やくまぐ」

http://www.yakumag.com/

本日のカウント
本日の歩数:8,206
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(水)×

|

« 「時が深まる」 | トップページ | 食育通信 第9回 正月の伝統食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/56351872

この記事へのトラックバック一覧です: 腸内環境を整えよう:

« 「時が深まる」 | トップページ | 食育通信 第9回 正月の伝統食 »