« おいしいもの探訪 ご当地グルメ 岩手「もっちりハムカツ」 | トップページ | 地産地消レストランのこだわりレシピ⑩「きのこのごま醤油和え」 »

2012年12月11日 (火)

<海さち山さち>愛知県岡崎市 イノシシ

 昨夜のテレビ「そこ知り」は「こころも体もあったまる!ほっかほかグルメ 決定版」をやっていた。行ってみたいな。鍋が美味しい季節なんですよね↑↑↑
http://www.at-s.com/sbstv/program/sokoshiri/
★お好み焼き 寅さん
浜松市中区千歳町104  tel:053-455-4992
営業時間 平日・土 11:30~15:00 17:00~21:30  
日祝 11:30~15:00 17:00~21:00
休み  水曜日

http://www.at-s.com/gourmet/detail/253.html
★足湯居酒屋 癒し処 中々
・博多特製モツ鍋 1人前 1200円
・八丁味噌煮込みおでん 全品50円
浜松市中区中沢町20-15 tel:053-475-7766
営業時間 18:00~23:00  火・水 定休
★北海の味 たいよう
・北海鍋 1人前 1800円
浜松市中区小豆餅1-9-2  tel:053-472-5451
営業 17:00~23:00 LO 22:00
休み 月曜日

 今日は12月11日、「胃腸の日」だ。
 胃腸の日は「12」と「11」で胃にいいと読む語呂合わせから、日本OTC医薬品協会が胃腸の健康の大切さや、胃腸薬の正しい服用法などをアピールする日として制定されました。

 昨日のWORDの文書をプリントアウトすると印刷がずれる件、業者から回答があった。
 こんな対処方法じゃあ、Word 2007で袋とじ印刷を設定した意味がないじゃん!!!本当にVISTAはダメだね!
【方法1】Word 97-2003文書(.doc形式)に変換する
 Word 2007ファイルを開いた後、[Word 97-2003文書]で保存し直します。Word 97-2003文書のファイルを印刷します。
【方法2】[拡大/縮小]機能で1枚あたりのページ数を2ページに設定する
 袋とじ機能を使用せず、印刷時に1枚に2ページ分を印刷することで袋とじと同様のレイアウトで印刷をします。この用法は用紙の印刷の向きが[縦]の場合に有効です。
1.Word 2007を起動し、印刷の向きを[縦]にして2ページ分の文字を入力します。
2.Microsoft Officeボタンから[印刷]クリックします。
3.[拡大/縮小]項目で次のように設定します。
 ・1枚あたりのページ数:2ページ
 ・用紙サイズの指定:A4
4.[OK]をクリックし、[印刷]ダイアログを閉じます。

 どうも「Word 2007」の不具らしい。修正プログラムが出ているのか???パッチを当てると直るのか!???

 仕事で、ボール出し。日没が早くて、時間が短いね。でも、運動は健康にいいね。

 夕方、○TBが仕事の打ち合わせに来た。
 やっぱり外商は、用がなくても頻繁に訪問した方がいいんじゃないのかな!?○TBは、あまり来ないんですよ!!!催促してやっと来る感じ・・・仕事で連絡不足で行き違いのミスもあったし。。。↓↓↓(突然来て、「ガイドが何人必要ですか?」なんて聞くんだもん・・・突然言われても準備が出来ていないよ!事前に用意する時間が欲しいよ!)

 寒いから、早めに帰宅して、ホット焼酎で一杯といきましょう↑

 ここで、2012年12月8日の朝刊より、「<海さち山さち>愛知県岡崎市 イノシシ 「ジビエ」文化広めたい」の引用♪♪♪
 イノシシやシカなどの野生動物が農地を荒らす獣害被害。対策の一つは、それらを食べる「ジビエ」文化を欧州のように広めること。猟師やNPO、自治体などが協力して取り組んでいる愛知県岡崎市額田(ぬかた)地区(旧額田町)を訪ねた。
 丘陵や低い山々が、森林に覆われた額田地区。県道沿いにあったのが、「三州マタギ小屋」だ。獣害対策のためのNPO法人・中部猟踊(りょうよう)会の解体施設で、獣をつるしておく装置や冷凍庫などが並ぶ。
 中心人物は同会理事長の日浅一(ひあさはじめ)さん(67)。額田地区の各所に設置された檻(おり)に獲物が入ると、現場に急行。とどめを刺し、小屋に持ち込んで解体を進める。慣れた手つきだ。
 以前は鉄工所を経営し、腕のいい猟師でもあった。猟師が減る一方でイノシシやシカが増え続ける状況に、檻による捕獲作戦が有効と考え、農家らに設置を勧めて回った。
 イノシシなどは焼いたり、埋めたりして処分するだけではもったいない。有効活用の観点で出てきたのが食肉事業化だ。
 「イノシシ肉は臭い」という固定観念を持つ人は多いが、日浅さんは「銃でなく檻で捕殺して、しっかり解体加工すれば臭いは抑えられる」と強調する。その自信を支えに、保健所の許可を得た正式な加工施設として、マタギ小屋を昨年三月にオープンさせた。
 今は年間でイノシシを約三百頭、シカは数十頭を食肉に加工する。日浅さんは「イノシシは今ごろからが一番おいしい」と話す。木の実などをたくさん食べて、脂肪を蓄えるからだという。
 二〇一〇年からは地域振興事業の調整などをするNPO法人・ボランタリーネイバーズ(名古屋市)と連携。ネイバーズが愛知県の補助金を受けて、地元産のイノシシ肉、シカ肉の消費拡大事業を進めている。
 ジビエ料理に取り組むよう、県内の飲食店などに呼びかけたり、料理のグランプリ、講習会などのイベントを開いたり。日浅さんらは「世間の関心が少し高まってきた」と、手応えを感じている。
 ネイバーズは今年、事業への食肉の供給元として、同県新城市に「三河猪家」も追加。解体施設だけでなく、販売スペースや飲食店舗を備える「ジビエ」文化の拠点だ。 (白井康彦)
≪味わう≫
 愛知県新城市にある三河猪家の店舗で「ぼたん鍋」を注文した。みそで仕立てたポピュラーなイノシシ料理。脂が乗っていながら、肉が締まった健康的な食感だ。地元産の野菜や豆腐などととも合い、「山里の旬」を味わうことができた。「ぼたん鍋セット」は3200円。
 和風、洋風、中華のさまざまなイノシシ料理を味わうには、消費拡大の1つ「ジビエ・グルメ・スタンプラリー」に参加するのが近道。三河猪屋をはじめ、名古屋市や同県豊橋市のフランス料理店など、県内22店が参加し、来年2月11日まで開催している。
 ジビエ料理を食べた参加店で、専用台紙にスタンプを押すと、抽選で景品がもらえる。細かい内容は、ネイバースのホームページで確認できる。

http://www.vns.or.jp/
 8、9両日には同県豊田市の「道の駅どんぐりの里いなぶ」で「ジビエ・グルメ・グランプリ」が開かれる。
≪取り寄せ≫
 中部猟踊会や三河猪家に注文して、野性のイノシシやシカの肉を取り寄せることもできる。価格は「いいもので1kg7000~8000円」(三河猪屋)と、食肉の中ではかなり高め。
 中部猟踊会の電話・ファックス番号は0564(82)3638。

http://www.geocities.jp/chubu_ryouyoukai/
 三河猪家の電話番号は0536(22)4429、ファックス番号は0536(22)4629。
http://yamazato.aichi-kouryu.jp/2009/08/mikawashishiya/
http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2012120802000160.html

 ぼたん鍋って、美味しいんですよ↑↑↑
 そう言えば、雪の積もる地域のイノシシが美味しいと聞いたことがある。
 猪鍋には、根菜が合います。味噌味と醤油味の2つがありますね↑↑↑また、食べたいなぁ~!以前は、友達の猟師さんからよく、猪肉とか鹿肉を頂いていたんですけどね!
 猪肉の塩コショウ焼きも美味しいですよ↑↑↑
【牡丹鍋】(すき焼き風)
『作り方』
 割り下は「しょうゆ」「みりん」「酒」「砂糖」「水」、そして「八丁味噌」を隠し味にして少し甘めでこってり加減。
 ねぎ、せり、しらたき、焼き豆腐と一緒に煮る。
 猪肉はよく煮込んだ方がいい。脂の部分がべっこう色に透き通り、肉にしっかり色がつくまで待つ。
《うんちく》
 江戸の人は、獣を食べることを隠し、猪は山くじらや牡丹(ぼたん)、鹿は紅葉(もみじ)と隠語で呼んだ。

http://www.geocities.jp/je2fmv2011/botan1.html
【牡丹鍋】(味噌仕立て)
『作り方』
①ボウルに水、合わせ味噌(八丁味噌8、田舎味噌2)、みりん、砂糖は好みの量入れる。甘みを強くしたほうが猪肉には合う。
②だまができないように、泡だて器で味噌と他の調味料を混ぜ合わせる。濃度は、味噌汁より少し濃いくらい。必ず味見をする。
③味噌出汁を鍋に入れて火にかける。沸騰したところで、まず猪肉を入れる。煮込むほどにやわらかくなる。次に、ごぼう、ねぎを入れる。

http://www.geocities.jp/je2fmv2011/botan2.html

 「肉のスズキヤ」より、お肉が取り寄せ可能♪♪♪
〒399-1311長野県飯田市南信濃和田1348
TEL:0260-34-2222
FAX:0260-34-5544

http://www.jingisu.com/

本日のカウント
本日の歩数:7,624
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(火)○

|

« おいしいもの探訪 ご当地グルメ 岩手「もっちりハムカツ」 | トップページ | 地産地消レストランのこだわりレシピ⑩「きのこのごま醤油和え」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <海さち山さち>愛知県岡崎市 イノシシ:

« おいしいもの探訪 ご当地グルメ 岩手「もっちりハムカツ」 | トップページ | 地産地消レストランのこだわりレシピ⑩「きのこのごま醤油和え」 »