« 腸内環境を整えよう | トップページ | 柳生真吾・流 わくわくガーデニング57「ハレの日のガーデニング!?」 »

2012年12月20日 (木)

食育通信 第9回 正月の伝統食

 今日は12月20日、「ぶりの日」だ。
 ぶりは、師走(12月)が旬の魚で、漢字は「魚」偏に「師」と書き、「20」日を「ぶり」と読む語呂合わせから、12月20日に制定されました。

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「あぶら蟹」の販売♪「あぶら蟹」って「たらば蟹」に似ているんだよね。
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/abura-600/?scid=rm_206625

 今日は午後、有休を取り、病院に行く。2時50分頃病院に到着。3時からの診察で23番だった。1人5分としても2時間ぐらい待つのかなと思っていたら、診察券を出しているのだが、いない人が多く、あれよあれよと言う間に3時15分頃に名前を呼ばれた。(感謝します。)
 盲腸とは断定できないが、否定もできないとのこと。薬を処方してもらう。
 診察代が1,020円ということで安いなと思ったら、薬局に行って薬を処方してもらわなけらばならないらしい。システムが変わったようだ。
 隣りの「AISEI薬局(アイセイ薬局)」に行き、
・みやBM錠
・ムコスタ錠100gm
・クラビット錠500mg

 を4日分処方してもらう。薬代1,110円也。
 ついでに「おくすり手帳」を作ってくれた。ついでに、カレンダーをもらい帰路につく。
http://www.aisei.co.jp/
http://www.info.pmda.go.jp/ippan.html

 帰宅途中、ガソリンスタンドに寄る。280.9km走って、20リットル入る。リッター14kmほどか。

 座っていたり、寝ていたりするといいのだが、立っていると右下腹部が痛くなる。手で触るとポコッと出ている感じ・・・やっぱり、初期の盲腸なのだろうか?

 今日は、薬を飲むのでお酒が飲めない↓(お酒を飲まないのって、何年振りだろう・・・!)

 ここで、「食育通信 第9回」より、「正月の伝統食」の引用♪♪♪
 みなさん、早いもので2012年も残りわずかとなりました。年末の大掃除、クリスマス、仕事納め、年賀状作成、正月を迎える準備等で慌ただしい師走をお過ごしのことと思います。秋の美味しい味覚も満喫したことと思いますが、冬は冬でまた日本ならではの伝統的な味覚がたくさんあります。また、年末・年始は、忘年会や新年会で飲食の機会が増える時期でもあります。これまで食育通信で連載してきたメタボリックシンドロームや生活習慣病の危険性を再度思い出し、節度ある食生活を送っていただき、健康で2013年をお迎えください。
 さて、今月号は新年に必ず食す行事食として、日本ならではの食文化である「雑煮」に焦点を当てて述べてみたいと思います。
雑煮と餅
 正月に雑煮を食べるようになったのは、室町時代の武家社会からといわれています。雑煮の餅は、大晦日に歳神様に供えた供物を元日に下げ、新年の抱負を願って食べるのが本来の作法とされています。雑煮は、その名が示す通り、その地方でとれる季節の野菜や魚介類など雑多なものが具として用いられます。その中でも最も必要なのは、「餅」です。本来は、餅に歳神の御魂を分け授けてもらい、福寿を願って食し、歳神が依り憑いた鏡餅を割って分配して雑煮に仕立てるべきなのですが、正しい雑煮に使用する餅です。しかし、寒い時期なので鏡餅は、硬く、ひび割れが起きたりするために、用いるのが難しいことから、今では雑煮用の小餅が至るところで製造され、便利になっています。小餅は、地方によって、のし餅(角餅・切り餅)であったり、丸餅であったりします。また、餅は、茹でてからだし汁に入れる場合と焼いてからだし汁に入れる場合など、地域によっても異なるようです。
地域ごとの雑煮文化
食育通信 第9回 正月の伝統食

 大きくは、関東風のすまし仕立て、関西風の白味噌仕立てに区別されます。中国・四国地方の西部と九州もすまし仕立てです。山陰地方などでは、小豆汁の地域もあります。また、東日本では切り餅、西日本では、丸餅を用いるのが一般的とされています。
雑煮の出汁
 料理法は、地域ごとに特色があります。一般的には、昆布や鰹節、イリコで出汁をとります。特色のあることこでは、焼きハゼ、干しトビウオ、干し海老などで出汁を取る地域もあります。

食育通信 第9回 正月の伝統食

http://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1101/spe2_01.html
 皆様のお住まいのお雑煮は、どのような出汁でどのような餅、食材をお使いになっていらっしゃるでしょうか?全国的には様々な雑煮があり、この限られた紙面では、詳しい内容をお伝えできず、大変残念です。福寿・健康長寿を願いながら、日本の伝統食である雑煮を召し上がって、快活に2013年を出発していきましょう!

本日のカウント
本日の歩数:6,334
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(木)×

|

« 腸内環境を整えよう | トップページ | 柳生真吾・流 わくわくガーデニング57「ハレの日のガーデニング!?」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食育通信 第9回 正月の伝統食:

« 腸内環境を整えよう | トップページ | 柳生真吾・流 わくわくガーデニング57「ハレの日のガーデニング!?」 »