« 食育通信 第9回 正月の伝統食 | トップページ | 「そば処 錦小路 まるき」、「たつみ」、そして「百錬」 »

2012年12月21日 (金)

柳生真吾・流 わくわくガーデニング57「ハレの日のガーデニング!?」

 今日は、12月21日。冬至だ。
 冬至は24節気の1つで、一年のうちで昼が最も短く、夜が最も長い日です。この日にかぼちゃを食べ、柚子湯に入ると風邪をひかないといわれています。また、赤い小豆が邪気を払うといわれ、この日に小豆がゆを食べるともいわれています。

 「サッポロビール」より、メール。「サッポロクラッシク」が当る↑↑↑
http://www.sapporobeer.jp/classic/campaign/index.html?xtor=ES-10116-%5btext%5d-121220-%5blink-04%5d
「サッポロビール レシピ」
http://www.sapporobeer.jp/recipe/index.html

柳生真吾・流 わくわくガーデニング57「ハレの日のガーデニング!?」

 今日の昼食は、「おにぎり」に「1杯でじじみ70個分のちから」。
旨味アップでさらにおいしく!
 お酒好きのお父さんにおもいやりみそ汁
 発酵オルニチン25mg含有
オルニチンとは?
 オルニチンはアミノ酸の1種で、身体のあらゆるところで私たちの健康維持に重要な働きをします。しじみに多く含まれることで知られています。
・さわやかに目覚めたい人に
・おいしく飲みたい人に
・若さを保ちたい人に
・いそがしく働いている人に

http://www.nagatanien.co.jp/

 今日は寒いねぇ~!
 午後は外での仕事。仕事を終え帰宅途中、スーパーに寄り、「納豆」48円、「キャベツ」98円を買う。「びんちょうまぐろ」100g98円も買いたかったのだが、脂の乗っているものがなかったのでやめる。最近、まぐろを98円でよく売っている。今、放出中なのでしょうかねぇ?

 銀行に寄り、旅行のお小遣いを下ろす。

 今日も薬を飲まないといけないので、禁酒↓(忘年会は、欠席!)

 ここで、『パコマ』2013年1月号vol.180より「新年を祝う寄せ植えを多肉植物の紅白で決めてみよう」の引用♪
すべての儀式に花がある日本 新年はその最大の節目!
 お正月には、ほとんどの家が特別のお正月花を飾りますね。松竹梅を初めナンテンなど、新年にふさわしい植物を。日本には四季の移り変わりに寄り添った儀式がたくさんあります。大きな節目として1月1日の元旦、3月3日の桃の節句、5月5日の端午の節句、7月7日の七夕、9月9日の重陽の節句があり、すべての儀式に植物が関係しています。それだけ日本は自然の豊かな国であり、そういう国に生まれてよかったなとしじみじ思います。儀式に飾る松竹梅、桃、菖蒲、笹、菊にはみんな長寿や健康、子どもの成長などの願いや祈りが込められています。中でもお正月は日本の儀式の中でも最大の節目。年に一度の大掃除をし、新年だけは正月用の花を、玄関やリビングに飾りますね。これがハレの日のガーデニングです!日常にないことをするのがハレの日。そこで松竹梅などの決まった植物のほかにも、今最も紅葉が見頃の多肉植物を使って、紅白の寄せ植えをつくってみました。冬だけに見られる赤い色が、まるで花のようにインパクトがあり、十分にめでたさを演出してくれます。
一風変わった多肉のお正月花 寄せ植えだから正月後も!
 多肉植物をお正月にと、ヒラメイたのは紅葉のあでやかさです。その赤も一色ではなくいろんな赤があり、紅葉しない白っぽい品種もあり、紅白でめでたく決めるのにぴったりです。さらに多肉植物のいいところは、小さな器でも少量の土でよく、冬は水やりもほとんど必要なくらい手間がかからないこと。寄せ植えなので人によって全部違うものになること。色も品種も組み合わせは無限です。水を使わないのでどこにでも置けるのもいい、などいいこといっぱい!また多肉植物の色づきは、昼の光りと夜の照明で違う顔を見せ、ライティング次第では色っぽくさえ見えます。お正月に屋内で飾った後は、日当たりがよく暖房のないところに置きましょう。霜が降りない、凍らない地域なら外に置く方がよく、日陰、高温、水のやりすぎは避けましょう。暖かくなって生長が始まったらどんどん増える葉を摘んで、さし芽にすれば子宝にも恵まれ、いくらでも増やせますよ。これもまためでたいでしょ!お正月花に多肉植物。あなたもトライしてみませんか?
「八ヶ岳倶楽部」

http://www.yatsugatake-club.com

本日のカウント
本日の歩数:10,085
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(金)○みたい

|

« 食育通信 第9回 正月の伝統食 | トップページ | 「そば処 錦小路 まるき」、「たつみ」、そして「百錬」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/56364285

この記事へのトラックバック一覧です: 柳生真吾・流 わくわくガーデニング57「ハレの日のガーデニング!?」:

« 食育通信 第9回 正月の伝統食 | トップページ | 「そば処 錦小路 まるき」、「たつみ」、そして「百錬」 »