« 「サンタさん追跡プログラム」、そして「クリスマス料理にいいかも!?」 | トップページ | 暮らしに役立つマメ知識「年末の大掃除のコツ」 »

2012年12月25日 (火)

「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

 「釜庄 カニ・海鮮グルメとスーツ」より、楽天メール。「ジャンボほたて」の販売↑
http://item.rakuten.co.jp/kamasho/c/0000000681/?scid=rm_192960

 昨夜のテレビ「極嬢ヂカラPREMIUM」で、バイアグラの女性版の薬「シアリス」というのをやっていた。
http://www.tv-tokyo.co.jp/gokujyo/
http://kakaku.com/tv/channel=12/programID=24186/episodeID=591323/
「ハイパー薬事典」
http://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html

 今日の仕事は、外です・・・寒いんです!
 仕事を終え、lunchに向かう。(午後は有休なのです。こんな時に有休を消化しないと有休が消化しきれないのです・・・というか、80%以上の有休は余り、捨ててしまうことになるのです。平日は、病気以外、有休はとれないのです。このシステムっておかしいでしょう!お金券で返還するとかの制度はできないのでしょうかねぇ~!!!)

「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

 「和食 かなざわ」に1時過ぎに到着。今日は、ここでランチ↑↑↑(ここは、新しい雄踏街道ができて、立て替えたんお店だと思います。当時、近くにあった釣り具屋は、無くなってしまったのでしょうか?)
「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

 「釜めしランチ」1050円の中から「海鮮釜めし」(一番人気)を注文する。「釜飯」の他、「野菜さらだ」「味噌汁」「漬物」「小鉢」〔デザート」が付いている。
「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

釜めしを主体とした和食のお店
 自慢の釜めしは生米から炊くため、20分ほどかかりますが、地元雄踏町の問屋さんと、大久保町の農家の方から直接仕入れ、注文ごとに精米するつきたてのおいしいお米を使い、野菜は浜松中央市場や湖東の畑を中心とした新鮮かつ安全なもの、魚も雄踏のせり場など浜名湖や三河近郊より水揚げされたものを仕入れたり、できる限り地元のおいしいものをご提供、ご紹介していけたら、とおもいます。
「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

・海鮮釜めし(一番人気)
・ほたて釜めし(バター入り)
・鶏ごぼう釜めし(お茶漬けセット付き)
・うなぎ釜めし(お茶漬けセット付き)1260円
「釜めし弁当ランチ」1380円
 (詳細は、上記と同じ)
「平日ランチ定食」980円
・天丼と刺身定食
・牡蠣フライと煮物と塩だれ豆腐定食
・ミックスフライと刺身定食
・チキン味噌カツ丼と刺身定食
浜松市西区雄踏町宇布見4061-5
956-3035

http://kamamesi.jp/
http://homepage3.nifty.com/kamamesi/
http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22002520/

 杏林堂に寄り、買い物。「明治ブルガリアヨーグルト」128円、「フレリー トイレットペーパー」ダブル18ロール358円のところ258円を買う。
「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

 トイレットペーパーのコーナーは売り切れて品物がなかったが、丁度、品物を補充してくれた。ラッキー!(感謝します。)

 帰宅して、散歩の行こうと思ったが、庭の草が気になる。庭の草取りをする。でも、冬に生えてくる草って、どういう神経をしているのだろう?普通、寒いから芽生えないよね!

 「酒&FOOD かとう」に、以前から気になっていた日本酒「小鼓」を買いに行く。
 「純米大吟醸生酒 小鼓 干支ラベル2013」3,150円也。

 帰宅して、雑誌の整理をする。いらないものは捨てないとね!

「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

 夕方は、買ったばかりの「純米大吟醸生酒 小鼓 干支ラベル2013」で一杯。
 小鼓らしく、おいしいお酒だ・・ちょっと辛口か。
「純米大吟醸生酒 小鼓 干支ラベル2013」
日本酒初心者が飲みやすい酒No.1!!
美味しい飲み方
 地元産酒米のうま味を十分引き出しました。そのまま飲んでいただくか、冷酒で飲んでいただくのがオススメです。年末年始の宴席のお料理を最高に引き立ててくれます。
(株)西山酒造場
兵庫県丹波市市島町中竹田1171

http://www.kotsuzumi.co.jp/

 昨日買った、「京都名産 千枚漬」をあてにする。漬物って、どうしてこんなに日本酒に合うんでしょうね!
「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

 全国に名高い聖護院かぶらを薄く薄く
 輪切りにして、ていねいに塩漬けし、
 京、大原の里で昆布と秘伝の調味料で
 漬け込みました。
 二、三枚を重ねて八分の一ほどに切って、
 お楽しみ下さい。
 京、大原の里で、昔ながらの製法をかたくなに
 守りつづける土井志ば漬本舗。
 伝統の京漬物・佃煮の技、味わいをお手軽に
 お楽しみいただけます。

 「すぐききざみ」も買ったが、これは職場のお土産にする。土曜日に仕事を頼んだんだよね!「すぎき」は、乳酸菌がたくさん入っているから健康にいいんだよ!
「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」

 自然の恵みと、伝統の技を
 今に伝える京のおつけもの。
 「土井志ば漬本舗」は、
 そのやさしい味わいを
 そのまま食卓にお届けします。
自然の恵みをじっくりと
 京野菜の「すぐき」を
 独自の製法で熟成保存し
 年中お楽しみ頂ける様
 調味しております。
 ほどよい酸味と歯切れの良さが特徴。
 細かく刻んでいますので
 そのままお召し上がりください。
「株式会社 土井志ば漬本舗」
京都市左京区八瀬花尻町41
075-744-2311

http://www.doishibazuke.co.jp/

 ここで昨日の新聞「全国旨いもん」より、「得月楼みりん奈良漬」の引用♪
 奈良時代にウリを酒粕漬けにしたのが発祥とされる奈良漬。江戸初期に全国に広まったそうだが、その主流のウリと、守口ダイコンを樽詰めしたのが、若菜の「徳月楼みりん奈良漬」だ。ウリは尾張地方で、かりもり(堅瓜)と呼ばれる肉厚の品種。守口ダイコンは1mを優に超え世界一長いといわれる希少種である。明治初期頃から愛知、岐阜県境の木曽川沿いで漬物素材として栽培されており、守口漬の名でも知られる。
 「当社は江戸後期操業の料亭・徳月楼の後裔。料理はもとより自家製奈良漬も評判で、大正時代に漬物店を創設。戦後料亭は閉じましたが、今も受け継ぐ手作りによる漬物は往時のまま。保存料や合成着色料は一切使っておりません」と商事部の山田耕平さん。
 商品は吟醸の酒粕、みりん粕、食塩と少量の砂糖だけを用い、足かけ三年、合計五回の漬け替えを経てやっと世に出る。ウリは酒精を強く感じるがさくさくとした食感が楽しめ、ダイコンも多少辛めだがぽりぽりと歯応えがよく、すっきりとした後味が特徴だ。
【取り寄せ先】
(株)若菜
愛知県蟹江町蟹江本町ヤノ割46
TEL 0120(05)1630
木樽入り440g、税込み3150円ほか

http://www.wakana.co.jp/

 さらに「里山を歩く」より、「ナズナ」の引用♪
 春の七草の一つナズナ(薺)も、冬の野では地面に放射状に葉を広げるロゼットで過ごしている。神奈川県の宮ヶ瀬湖に近い畑のわきを通ったら、日だまりにナズナが群生していた。へら形で深く切れ込んだ葉が、特徴。全国に分布する。
 名はかわいい菜、から生まれたといわれるが、端正な姿ではあっても、かわいいは当たっているかしら。
 秋に芽を出し、春を迎えると茎を伸ばす。白い小さな十字花を房のように付ける。花は下から上へ、咲き上がる。
 清少納言の随筆『枕草子』には「草は・・・いとをかし」の段で、この草を他のいくつかとともに取り上げている。風情がある、というのだ。
 鈴鹿野風呂に「道ばたになづな生ふなり膳所の町」という句がある。膳所は大津市の地名で、琵琶湖に臨む城下町、として知られている。
 花の後、平べったい三角形の小さな実を結ぶ。これが三味線のバチに似ているため、三味線草、ぺんぺん草の別名がある。
 昔、子どもたちはこの草を手で振って遊んだ。かすかな音を楽しむのだ。そこでチンチロリンの名も生まれた。ゲームに熱中する今の子どもは、おそらく相手にしないだろう。

本日のカウント
本日の歩数:9,543
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 「サンタさん追跡プログラム」、そして「クリスマス料理にいいかも!?」 | トップページ | 暮らしに役立つマメ知識「年末の大掃除のコツ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/56392400

この記事へのトラックバック一覧です: 「和食 かなざわ」、「小鼓 干支ラベル2013」、そして「得月楼みりん奈良漬」:

« 「サンタさん追跡プログラム」、そして「クリスマス料理にいいかも!?」 | トップページ | 暮らしに役立つマメ知識「年末の大掃除のコツ」 »