« 11月の旬 かき | トップページ | フェアトレード(FAIR TRADE)「LA FONDA(ラ・フォンダ)」、そして「あわびの煮わた」 »

2012年11月24日 (土)

「うな慎」、そして「しゃり蔵」

 「うなぎ屋かわすい 川口水産」より、楽天メール。国産鰻が安い!
http://item.rakuten.co.jp/kawasui/1456496/?scid=rm_206971

 今日の午前中は、仕事。(ちょっと意識が低かった。これでは上達しません!)
・3本打ち
・打点打ち
・マシンガン打ち
・マシンガン3本
・両極打ち
・後衛3本打ち
・前衛手投げスマッシュ
・前衛4本打ち
・後衛5本取り
・前衛3本ボレー
・レシーブ
・サーブ
・ランニング

 昼食に、「うな慎」に向かう。ここは、うなぎの刺身で有名なお店なんですよね!もうだいぶ前の秋に一度来たことがあるのです。
「うな慎」、そして「しゃり蔵」

 駐車場は一杯だった。中に入ると、テーブル1つと座敷1つに各3人のお客がいるのみ・・・2階があるようだ。2階からお客さんがどんどん降りてきた。何か宴があったようだ。(昔は、2階なんてあったのかな???)
 「うな丼」1,700円を頼む。以前に来た時も「うな丼」を頼んだような・・・以前は、いくらで食べたのだろう?(インターネットで調べた時は、「うな丼」は、1,200円とか1,400円とか載っていたのに、値段があがったのですね!)
・うな丼(香の物、肝吸)1,700円
・うな重(香の物、肝吸)2,700円
・うな重上(小鉢、香の物、肝吸)2,900円
・蒲焼 2,500円
・天丼(香の物、吸物)1,000円
・うなぎ 刺し身 1,700円
・刺身定食(造り、小鉢、御飯、香の物、吸物)1,500円
・うな慎定食(松)(天ぷら、蒲焼、造り、だし巻、小鉢、肝吸、香の物、フルーツ)3,500円
・うな慎定食(竹)(蒲焼、造り、だし巻、小鉢、肝吸、香の物、フルーツ)3,000円

 「うな丼」と「うな重」の1,000円の違いは何!??まさか、ウナギが一切れか二切れかの違いか??(そして、丼に入っているのか重に入っているかの違いか?)
「うな慎」、そして「しゃり蔵」

 ご飯の量が多かった!!!ご飯大盛りが+100円だが、どれだけのご飯になるのだろう???
 肝吸はちょっと化学調味料の味が強かったような・・・↓
 箸袋を見ると、ここは電話のみならず、有線があるんだね。
http://www.at-s.com/gourmet/detail/2815.html
 うなぎは万葉集にも出てくるほど昔から食用にされてきました。当時は、かば焼きではなく、生か、焼くか、煮るかだったようです。今でも大分県日出町では、うなぎを生で刺身にして食べています。
 しかし、うなぎの血には「イクシオトキシン」という毒素が含まれているので、生で食べる場合には、これを完全に取り除かなければなりません。もし毒素が体内に入ると吐き気など中毒症状が出たり、目に入ると結膜炎になってしまいます。
 ただし、加熱すると毒性がなくなるので、かば焼きなど加熱した料理では、まったく心配はいりません。

http://home.tokyo-gas.co.jp/shoku110/note/018.html
「お食事処 うな慎」
浜名湖鰻料理・うな刺し・和食・定食・仕出し
店主:内田 慎一
静岡県浜松市西区馬郡町2476-227
電話:053-596-0303
有線:3-9260
営業時間:AM11:00~PM2:00・5:00~8:00
定休日:毎週火曜日・第4水曜日

http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22008616/
http://www.hotpepper.jp/A_20100/strJ000430028.html

 支払いを済ませ、「しゃり蔵」に予約の電話をする。
 「おかず日替わりランチセット」が680円のところ、11月30日まで580円。「生バラ丼ランチ」「カニチラシ丼ランチ」「あなご丼ランチ」とある中、「生バラ丼ランチ」にする。
「うな慎」、そして「しゃり蔵」

 お店に着くと、もうできていた。やっぱり電話で予約した方がいいね♪
 揚げ物に時間がかかるから、分かっていたらもっと早めに予約した方がよさそうだ。

 帰宅して、ちょっとゆっくりしてから、散歩に出かける。

 帰宅して、庖丁を研ぐ

 夕方は、「生バラ丼ランチ」で一杯♪♪♪
「うな慎」、そして「しゃり蔵」

 生バラ丼は、マグロ、イカ、サーモン、玉子、きゅうりが乗っている。右側には、揚げ物が詰めてある。
 付属の醬油は、
ヤマキン株式会社
静岡県焼津市小屋敷477

 付属のソースは、
アミュード株式会社
さいたま市緑区東浦和1-22-5

 人気の日替わりランチセットが特価に!ぜひご賞味ください!
 ネタが良いのは当たり前。とことん米にこだわってみました。「舎利蔵」の鮨をどうぞお楽しみください。
「旬彩鮨工房 しゃり蔵」
静岡県浜松市西区雄踏町宇布見4863-191
053-597-1717

http://navishizu.com/053-597-1717/

本日のカウント
本日の歩数:15,018
(本日のしっかり歩数4,250歩)
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個
(土)×

|

« 11月の旬 かき | トップページ | フェアトレード(FAIR TRADE)「LA FONDA(ラ・フォンダ)」、そして「あわびの煮わた」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「うな慎」、そして「しゃり蔵」:

« 11月の旬 かき | トップページ | フェアトレード(FAIR TRADE)「LA FONDA(ラ・フォンダ)」、そして「あわびの煮わた」 »