« 地元でしか味わえない 静岡グルメ | トップページ | 「うな慎」、そして「しゃり蔵」 »

2012年11月23日 (金)

11月の旬 かき

 今日は、雨のため仕事が休み。
 先日録画しておいた「タモリ倶楽部」のビデオを見る。「油かす」の特集。まず「かすうどん」を食べていた。その後、「油かす」使った色々な料理の紹介だった♪
【カスれんこん】
①れんこんの皮をむき、薄切りにする。油カスを一口大に切る。ニンニクをみじん切りにする。
②油カスを中火で熱する。出てきた脂を取る。
③れんこん、ニンニクを加え、炒め合わせる。れんこんに火が通ってつやが出てきたら、しょうゆ、酒で味付けし、一味唐辛子をかける。
【カスカスサラダ】
①プーアル茶で油カスを茹でこぼす。
②きゅうりを小口切りにし、塩もみする。
③ゆでた油カスを一口大に切り、フライパンで軽く炒める。
④焼肉のたれを入れる。
⑤ボウルで、④と生おからと混ぜる。マヨネーズ、柚子胡椒、柚子の絞り汁を加え味付けする。
⑤きゅうりの水を切り、混ぜる。
【台湾の屋台風煮込み】
①油カスを一口大に切り、プアール茶で煮る。(5分位)
②水、しょうゆ、酒、砂糖を煮立て、油カス、玉ねぎを投入。
③酒かすを加える。
④ゆで卵を加える。
⑤五香粉を加える。ちょっと煮込む。
【油かすのガツ炒め風】
①油カスを細切りにする。油カす・ニンニクみじん切りを炒める。(油をキッチンペーパーで取る)
②ニラ・もやしを炒め合わせる。
③しょうゆ・オイスターソース・酒・塩・こしょうで味付け。
【油かすチャーハン】
①長ねぎをみじん切りにする。
②めんつゆ、紹興酒、生姜で煮た油かすを炒める。
③溶き卵とご飯を入れ炒める。
④塩少々で味を整える。
【カスカスおろし和え】
・油かす 100g
・天かす 1/2カップ
・大根 5cm
・細ねぎ 5本
・めんつゆ 大2
・柚子絞り汁 少々
・塩 少々
①細かく刻んだ油かすを脂が出るまで焼いたら、脂を切り、大根おろしと天かす、細ネギを加える。
②めんつゆとユズの絞り汁で和える。
「タモリ倶楽部」

http://owaraimovielink.blog136.fc2.com/blog-category-168.html
http://kakaku.com/tv/channel=10/programID=676/page=294/

 テレビを見てグダグダしていたら、雨が上がったので散歩に出かける。

 ズボンがもう破れかけているので、洋品店で、ズボンを2着買う。85かぁ~、お腹が出てきたな↓
2218 WORK PANTS 1,000円
BIG JEMUSON
 We use the very best material combined with a refined style.
ポリエステル 65%
綿 35%
中国製

7901 ソフトピーチパンツ 1,390円
 普段着としても着こなせる無駄のないデザイン。起毛加工の柔らかい手触りが人気のロングセラー商品。
ポリエステル 65%
綿 35%
弘文株式会社

http://kobun77.co.jp/

 スーパーにある銀行のATMでペイジーで送金できるかなと、ATMを覘いたが、ちょっと無理のようだ↓

 スーパーで「明治ブルガリアヨーグルト」128円を買う。「生乳100」というのが発売されたがそれは228円だった!!!

 帰宅して、「S&B デミグラスチーズカレー」で昼食。
11月の旬 かき

溶け合うコク
DEMIGLACE CHEESE CURRY
Enjoy a demiglace curry sauce with a blend of melted cheeses.
溶け合うチーズとデミグラス(中辛)
 デミグラスベースの味わい深いカレーソースと、とろ~りとろけたチーズがマーブル状にまざり合います。
 「旨み」と「コク」の奏でるハーモニーをお楽しみください。

http://www.sbfoods.co.jp/

 食後は、「カルピス マンゴー」。夏に買ったものだ。かき氷にかける予定だったが、今年はそれほど暑くなく、残っていたものだ。賞味期限が近いぞ!
11月の旬 かき

期間限定
乳酸菌の自然の恵みから生まれました
 こだわりの原料と独自のはっ酵によりじっくりと時間をかけてつくりあげる。これが「カルピス」のおいしさの秘密です。

http://www.calpis.co.jp/index.html

 テレビの「ヒルナンデス!」で「河口湖 新名物!絶品炊き込みご飯」をやっていた。
http://www.ntv.co.jp/hirunan/
「富士まぶし」980円(2人前~)要予約
割烹 七草
http://www.fujigoko.tv/nmeemon/mabusi/index.html

 昼過ぎに電話がかかってきた。「ニチボウサイ」と名乗り「家の耐震診断」とか言っていた。迷惑電話だ。

 午後も、ゆっくりとしていた。
 「酒&FOOD かとう」に1升瓶を返しに行く。

 夕方は、餃子で一杯♪
11月の旬 かき

浜名湖もちぶた使用 チルド薄皮 ニラ餃子
・多めの油で焼くだけ 水いらず
 フレッシュ生肉を100%使用し肉のジューシーさを追求した本格味!
株式会社 マルマツ
浜松市西区雄踏町宇布見1703-1
(053592-1432

 今日は、11月23日。「かきの日」だ。
 かきの日は、養分豊富なかきで日頃の勤労の疲れをいやしてほしいという意味から「勤労感謝の日」と同じ日に制定されました。

 ここで「11月の旬 かき」の引用♪
うまみが詰まったプリプリの身は海からの贈り物
・栄養
 血液の生成をサポートするといわれる鉄や銅などのミネラル、ビタミンB群やビタミンEが豊富。ヌルヌルした部分にはタウリンが含まれており、肝臓の負担を軽減する効果が期待でします。
・目利き
 ひだが黒く、身がふっくらとふくらんでいてハリがあるものを選びましょう。

 ここで思い出すのが「厚岸の純品種”カキえもん”」♪
 釧路から東へ車で約1時間の厚岸は、地名の語源がアイヌ語の「アッケシシ(カキのあるところ)」という説があるほど、昔からカキの名産地。なかでも、純厚岸産の「カキえもん」は、絶対に食べたい一品です。オイスターマスターでもある加藤支配人のおすすめは、生を一口で食べること。甘みやコク、苦みなど、カキえもんが持つさまざまな風味を、同時に味わうことができます。
 実は、無尽蔵と言えるほど豊富だった厚岸の天然カキは、乱獲や環境の変化などで1983年に大量死、絶滅の危機に瀕しました。かろうじて残ったカキを母貝に、国内初の養殖方式を導入、見事復活させたのが、このカキえもんなのです。そんな歴史を振り返りながらいただく味わいはまた格別。10、11月はとくにおいしい季節です。
道の駅 厚岸グルメパーク「厚岸味覚ターミナル コンキリエ」
北海道厚岸郡厚岸町住の江2-2
TEL 0153-52-4139
営業時間:9:00~21:00(11~3月は変更あり)
※施設によって異なる。
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
・「エスカル」のオーイ☆スターパフェ
・「炙屋」のバケツカキ

本日のカウント
本日の歩数:7,996
(本日のしっかり歩数4,284歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:8個
(金)×

|

« 地元でしか味わえない 静岡グルメ | トップページ | 「うな慎」、そして「しゃり蔵」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/56173945

この記事へのトラックバック一覧です: 11月の旬 かき:

« 地元でしか味わえない 静岡グルメ | トップページ | 「うな慎」、そして「しゃり蔵」 »