« 牛肉の塩糀ソテー | トップページ | ドクターイエロー検測員 »

2012年9月19日 (水)

平牧三元豚しょうが焼き

 昨日の新聞折り込みチラシに「六花亭」のものが入っていた。
酪農王国 とかち帯広発
 「北海道のバターサンドって知ってる?」
 「花柄の袋のお店でしょう?」
 全国の皆さまにとって六花亭は、北海道の土産物という印象が強いかもしれません。
 しかし、私どもは昭和8年の創業以来、地域の方々が、ひとつ、ふたつとお菓子を買いに立ち寄るようなおやつ菓子屋を目指してきました。
 「全国のお客様にとっても、もっと身近なおやつ屋になりたい」
 そんな思いで、六花亭を代表するお菓子のお試しセットをご用意しました。
 北海道帯広から「いつものおやつ」をお届します。
「六花亭 お取り寄せセット」2,300円
 マルセイバターサンド9個/霜だたみ3個/雪やこんこ3枚/大平原4個/ストロベリーチョコ1袋(80g)
・マルセイバターサンド
 北海道産のバターを主原料に、密漬けしたレーズン、ホワイトチョコレート、ブランデーを合わせたコクのあるクリームを自社オリジナルの小麦粉を使った香ばしいビスケットでサンド。
 長く愛される六花亭の代名詞です。
・サクサクカプチーノ 霜だたみ
 薄くのばした生地を幾層にも重ねて焼き上げたサクサクのパイでコーヒーの香り豊かなモカホワイトチョコクリームをサンドしました。
 独自製法により焼きたてと同じサクサク感が続きます。
 豪快にかぶりついてお召し上がりください。
・ストロベリーチョコ
 サクッとした歯ごたえとともに、チョコレートの中から顔を出すのは、色鮮やかな乾燥苺。完熟苺のみを使用したフリーズドライ苺の酸味と、ホワイトチョコレートの甘み。
 絶妙な組合せに、ひとつ、またひとつと手がのびます。
・雪やこんこ
 ランダムに穴を開けたブラックココア入りのビスケットで、ホワイトチョコレートをサンドし、北国の冬の夜空を表現しました。
 試作を繰り返したどりついたビスケットとチョコレートの絶妙なバランス。
 サクッとした独特の食感をお楽しみください。
・大平原
 十勝平野はバターとミルクの宝庫。
 北海道産のバターをたっぷり使って焼きあげたマドレーヌです。固くなりやすいため20℃から25℃の常温で保管してください。
 包装紙から出し、電子レンジで10秒ほど温めますと一層風味が増します。
0120-504-666

http://www.rokkatei.co.jp/6666/

 「松尾ジンギスカン」より、楽天メール。ゾロ目オークションの案内♪
http://sa.item.rakuten.co.jp/matsuo/a/10001378/?scid=rm_193316

 今日は、帰宅途中、ドラッグストアーに寄り、売り出しの「S&B チーズカレー」「スパイスリゾートカレー」198円のところ158円を買う。「ハウス ザ・ホテル・カリー」は売り切れのようだ。残念↓

 帰宅して、「AJINOMOTO 新ギョーザ」で一杯。冷凍食品にしては、これは美味しいわ。油・水なしでパリッと焼けるし!この餃子が売れているわけだね↑

 『JAF Mate』2010年10月号の「地産地消レストランのこだわりレシピ⑦」は、「平牧三元豚しょうが焼き」(ひらぼくさんげんとん)だった。
飼料に地元のお米を加えて育てた豚を使って
『作り方』(1人分)
①三元豚肩ロース(しょうが焼き用)120gは広げて、軽く塩・こしょうする。
②スライスした玉ネギとしめじ少々を油で炒め、取り出しておく。
③油をひいて熱したフライパンに①を入れ、両面に焼き色をつける。
④別鍋に、市販の焼き肉のたれ50cc(できれば無添加のもの)、玉ネギ・しょうが(どちらもすりおろす)少々、②を入れて温める。
⑤皿に千切りキャベツとニンジンを盛り、③の肉を並べて④をかけ、白ゴマを振る。
※お店で使用する特製しょうが焼きのたれは企業秘密なので、ここでは家庭で作りやすいレシピを紹介。「肉を焼く際は片面を強めに。ふっくら仕上がります」とのアドバイスも。

 ヒラボク食堂は、年間20万頭のブランド豚を生産する、平田牧場(山形県酒田市)の直営店。
 豚肉はもちろん、使用する米や野菜も地元・庄内産のものがほとんどだが、豚の飼料までが地元の減反田で作った米と聞いて、びっくり!
 長年取り組んできたこの「飼料用米プロジェクト」は、食料自給力の向上と環境保全に役立つだけでなく、あっさりとくせがなく、脂に上質な甘みを持った豚肉作りにもつながっているのだという。
 今回教えていただいた、豚肉を焼き、たれをかけただけのしょうが焼きのレシピも、肉のおいしさを引き立たせるためのもの。おいしい豚肉が手に入ったら、ぜひどうぞ。
「ヒラボク食堂 鶴岡まちキネ店」
 無添加、化学調味料不使用、国産素材、食料自給にこだわり、「日本の良い食」を伝える店として、2010年5月にオープン。昭和初期に建てられた木造絹織物工場を改築した映画館「鶴岡まちなかキネマ」の一角にあり、木の香漂うインテリア。
 一番人気は、特製三元豚とんこつ醤油ラーメン850円(数量限定)。メニューは、おつまみから定食、パスタ、カレー、丼、地元の和洋菓子店とコラボしたスペシャルスイーツまで、豊富に揃う。
 庄内米のご飯、味噌汁、おしんこ付きの平牧三元豚しょうが焼き定食1,200円。通常は夜のメニューだが、日によってランチに入ることも。
 ソムリエの資格を持つ富樫店長がセレクトしたワインも。
山形県鶴岡市山王町13-36
TEL 0235-64-0829
営業時間:11:00~22:00
不定休

本日のカウント
本日の歩数:11,843
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:6個
(水)×

|

« 牛肉の塩糀ソテー | トップページ | ドクターイエロー検測員 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平牧三元豚しょうが焼き:

« 牛肉の塩糀ソテー | トップページ | ドクターイエロー検測員 »