« 「人間ドック」、「こてっちゃん」、そして「マルちゃん正麺 醤油味」 | トップページ | 「ヤマイモ むかご」、そして「品川貝づくし」 »

2012年9月29日 (土)

「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」

 今日は、休日なんだけど、仕事・・・。
 仕事に向かう途中、追い越し車線に遅い車がいて、迷惑なんですけど・・・↓

 午前中の仕事は・・・↓↓↓↓↓
 自分の、力不足か!!!!!

「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」

 昼食は、「そば処 身麻呂(むまろ)」。3年くらい前から、地元の人に勧められて気になっていたお店なんだよね♪
 店に着くと、ほぼ満員状態!!!!!田舎なのに人気店何だね♪
 カウンターに着く。
 どれを食べようか迷っちゃうよ↑
「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」

 「にしんそば」1200円を食べることにする。「冷しぶっかけ」と「温そば」があったが、「冷しぶっかけ」にする。
 さすが10割そばだ。コシがありおいしかったぞ!!!しかも、上品な感じ!!!「もりそば」も食べてみたいね♪
・もりそば 800円
・おろしそば 900円
・鴨南そば 1400円

 +200円で0.5人前、+400円で1人前の大盛ができる。
 ちなみに、最近のお店には、割り箸がおいてないね。エコだね!
手打ち十割そば
 店名は、ここ宮口ゆかりの万葉歌人、若倭部身麻呂にちなんだもの。「歴史ある門前町を残したい」という女将の思いと、「ツルッと食べられる十割そば」への大将のこだわりで始めた店だ。
 冷たいそばはもちろん、温かいそばも十割そば。ダシがしっかりときいた透明なつゆが、そば本来の味と香りをひきたてている。
 酒蔵「花の舞」のお水を使っているという。
食べて幸せ身麻呂の十割そば
 北海道幌加内産の蕎麦に、会津、常陸産をブレンドし、華の舞の仕込み水で打っています。自家製粉ならではの味、香りの濃さをお楽しみくださいませ。
そばは開運食材】ってご存知ですか?
 そばは、日本古来の作物で縄文時代初期から栽培されており陽射しの一番強い夏の間にぐんぐん育ち、荒れた土地でも立派に実を結ぶ作物です。
 古代より自然のエネルギーを脈々と受け継いで、太陽と大地のパワーをいっぱいため込んでいるから、そばは「自然エネルギーの魂」と呼ばれているんですって。
身麻呂のそばは「十割」だから美味しさも幸せパワーも100%♪
浜北区宮口 駐車場:3台(他にもあり)
TEL 582-2212
営業時間
11:00~14:00(売切れ次第終了)
17:00~20:00(平日要予約)
定休日:火曜日・第1水曜日

http://www.geocities.jp/mumaro_soba/

「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」

 近くに、「花の舞」がある。今日は定休日らしい・・・でも、車が何台も来ている・・・人気の蔵なのですね!
「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」

 その近くに「笛工房 雷華」がある。笛を作っているんだね。

「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」

 「彼岸花」が咲いているね。

「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」

 夕方は、「たかみ」にてムラの寄り合い。ヘベレケになるまで飲むぞ~!!!!!
 会合は、ちょっと難航。
「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」

 宴の料理は、安くて美味しかったぞ・・・でも、ビールがアサヒなのは閉口↓
静岡県浜松市西区西山町107-6
053-485-0368

http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22020231/

 帰宅途中、コンビニに寄り、「チョコモナカ ジャンボ」126円を買い、食べながら帰宅。
http://www.morinaga.co.jp/ice/syouhin/jumbo/

本日のカウント
本日の歩数:17,745歩
(本日のしっかり歩数:12,922歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「人間ドック」、「こてっちゃん」、そして「マルちゃん正麺 醤油味」 | トップページ | 「ヤマイモ むかご」、そして「品川貝づくし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/55781637

この記事へのトラックバック一覧です: 「そば処 身麻呂(むまろ)」、そして「御食事処 たかみ」:

« 「人間ドック」、「こてっちゃん」、そして「マルちゃん正麺 醤油味」 | トップページ | 「ヤマイモ むかご」、そして「品川貝づくし」 »