« <海さち山さち>千葉県成田市 ウナギ | トップページ | JRさわやかウォーキング「浜名湖の海風と弁天島からの夕日を眺めて」 »

2012年7月27日 (金)

龍苑でランチ

 昨夜のテレビで「ビリーバンバン」の「さよならをするために」をやっていた。懐かしいな。
 「スパモク!」では「山口百恵」「キャンディーズ」「南沙織」だった。懐かしいな。
 深夜の「タモリ倶楽部」(「酒屋で酒を飲む」)では、「角打ち」が面白かった。

 今日は、7月27日、土用の丑の日だ。
 夏の「土用の丑の日」は立秋直前の土用の期間のうち、十二支の丑にあたる日で、この日にうなぎを食べる風習があります。
 でも、鰻が高いよね・・・↓↓↓
 Yahooに、「“世界的ウナギ博士”からの提言 「ニホンウナギを守ろう!」/塚本勝巳(海洋生命科学者)PHP Biz Online 衆知 7月27日(金)8時0分配信」という記事が載っていた。
ウナギのライフサイクル
どうすれば効果ある保全活動ができるのか

龍苑でランチ

 ここ3年間のニホンウナギ資源の激減ぶりをみていると、ただならぬものを感じる。それは大西洋の2種にも匹敵する減り方だ。ヨーロッパウナギは2007年にワシントン条約の付属書IIに記載されて国際商取引が制限されるようになった。また2008年には「国際自然保護連合(IUCN)」の絶滅危惧種としてレッドデータブックに記載されるに至った。
 このままいくといずれ、ニホンウナギも絶滅危惧種に指定されかねない。そうなる前にわれわれはできることから着手してウナギの保全に努めなくてはならない。すなわち、海の彼方の海洋環境についてはひとまず研究レベルにとどめ、人が改善可能な乱獲と河川環境の問題に取り組みたい。
 ウナギの乱獲は卵やレプトセファルスを除くすべての発育段階に及んでいる。ウナギは接岸直後のシラスウナギから、クロコウナギ、黄ウナギ、河川の下りウナギ、さらには沿岸を産卵回遊する銀ウナギまで漁獲される。
 韓国でウナギの資源をめぐって紛争があった。黄ウナギや銀ウナギを獲っている河川組合は河口や沿岸でシラスウナギを獲るシラス採捕組合に「お前たちがシラスを獲るから、俺たちの川にウナギが遡上してこない」となじり、逆にシラス採捕組合は「下りの銀ウナギをもう少し獲らないでいてくれたら翌年シラスが増えるのに」と要求する。結着のつかない水掛け論だ。
 ウナギの生活史はすべての発育段階がぐるっと円になってつながっているので、どこで個体数が減っても最終的には資源減少につながる。逆に資源を増やそうとするなら、生活史の全段階について保護の手当てを払わねばならない。生活史の多くの段階で人びとに利用されつくしている魚であるために、様々な利害関係が生じて、ウナギの保護はひと筋縄ではいかない。人に近すぎる魚であるが故の、難しさである。
 では、どうすれば効果ある保全活動ができるのか。
 まずは、銀ウナギや下りウナギの捕獲制限であろう。産卵回遊の準備を始めた銀ウナギや実際に産卵のために降海中の下りウナギを1匹でも多く産卵場に返してやることで、次世代の資源のかさ上げにつながる。人工種苗生産の技術がまだ実用化されておらず、今後もしばらくは、養鰻業の種苗を天然のシラスウナギに100%依存しなくてはならない現状を踏まえると、今の時点でシラス漁業は続けざるを得ない。
 下りウナギを規制しておいてシラス漁業を続けるのは不公平で、先ほどの韓国のウナギ騒動と変わりはないが、日本人一般の蒲焼きに対する大きなニーズを考えるとシラスウナギを採って養鰻業の種苗とするのは致し方ない。その代わり、下りウナギで生計を立てている河川漁業者には適正な補償の行政処置や代替収入源の斡旋をしたい。
 こうして下りウナギの保護が実現すると、カンフル剤のように比較的短期間で効果が期待できる。シラスウナギ1匹と下りウナギ1匹の資源回復に対する効果は全く違う。脂ののった下りウナギを賞味するのを楽しみにしている人もいるが、人数はそれほど多くない。こういう人は天然のウナギを食べず、養殖もので我慢していただきたい。
 ウナギでも根強い天然もの信仰があるが、今の養殖技術は最高レベルにあり、天然ものを凌ぐ高品質の養殖ウナギも各地で作られている。天然の場合は棲み場所や餌の種類、年齢、性別、季節などにより、味や品質に大きな差がある。
 しかし、養殖ものの品質は高レベルで安定している。ウナギにおいて、天然信仰はおそらく迷信であろう。それに天然ウナギは食べると危険な場合もある。特に下りウナギの場合、長い年月、河川生態系のトップに君臨して成長した個体なので、水域に流れ込んだPCBやDDTなど様々な有害汚染物質を多量に蓄積している場合がある。特に汚染物質が蓄積しやすい河口汽水域や沿岸干潟域に棲み着いたウナギはそのおそれが大きい。しかし、残念なことに、こうした場所にこそ多くのウナギが棲み着いているのだ。
 穴釣りやウナギ筒を使ったウナギ捕りはおもしろい。しかし、これらが数年して銀化し、下りウナギとなってマリアナ沖で再生産に加わることを考えると、できることならウナギの遊漁も極力控えたい。
 川遊びでウナギを捕まえる楽しみは子供や孫の代にまた復活させることにして、今はじっとウナギを見守ってやりたい。全国のウナギ捕りファンが10年我慢すれば、必ず効果はあるはずだ。
 また、全国的にウナギを漁業権の対象魚種から外すことも一考に値する。河川漁業や遊漁の対象からウナギが外れることで、産卵場へ旅立つ下りウナギの数が大幅に増えるだろう。さらに、漁業権魚種からウナギを外すことで漁業権に付随する義務放流の必要がなくなる。
科学的放流実験に基づく放流事業の見直しを
 放流という増殖方法は現在、遺伝的多様性への悪影響、病気の伝播などの点で十分な検討が必要であるとの指摘があるが、なかでもウナギの義務放流の場合はその他の問題も懸念される。外来種混入問題である。
 今後、ニホンウナギのシラス不足を受けて、外国産シラスウナギの養鰻が盛んになることが予想される。現在すでにフィリピンやインドネシアからバイカラウナギ、マダガスカルのモザンビークウナギ、北米のアメリカウナギ、オーストラリアからオーストラリアウナギ、ラインハルディウナギなどが輸入され、養鰻適性が試験されている。
 養鰻池で成長の悪い外来種のウナギが義務放流の種苗に回され、河川生態系に侵入してくる可能性は高い。これによって在来のニホンウナギとの間で餌、棲み場所の競合が起こり、ニホンウナギの生息環境は悪化する。
 かつて1968年から10年間ほど、ヨーロッパウナギのシラスウナギが大量にわが国に導入されたことがある。やはりニホンウナギの種苗不足を補うためだ。ヨーロッパ種は成長が遅い、逃亡しやすいなどの技術的問題があり、日本の加温式短期養殖法に適合しないとのレッテルを貼られて、やがて養鰻池から消えていった。しかし、これらがなぜか大量に天然の水塊に棲み着いた。人が川や池に投棄したり、自ら逃げ出したりしたものだろう。
 1997~1998年に採集されたウナギの中で、ヨーロッパウナギの占める割合は宍道湖で31.4%、三河湾で12.4%にもなった。ウナギの大部分を放流に依存する新潟県魚野川では、簗漁で捕れる下りウナギのほぼ100%がヨーロッパウナギであったことがある。1個体アメリカウナギも見つかった。
 このほか、大分県入津湾にも多数の巨大なヨーロッパウナギが棲み着いていて、潜ってみるとハマチ養殖生け簀の下の底泥中から鎌首をもたげた姿が見えた。さらに驚くことには、東シナ海の男女群島で夜間表層に浮かび上がってきた産卵回遊中の銀ウナギを70個体あまり調べてみると、中に1個体のみであるが、ヨーロッパウナギが入っていた。ニホンウナギと一緒にヨーロッパウナギがマリアナ沖の産卵場を目指して泳ぐ姿を想像するとぞっとする。
 両種のハイブリッド(雑種)の報告はまだないが、実験的には両種の間で人工仔魚を得ることに成功しているので、天然でもその可能性は否定できない。その地域にいるものを増やし、これを大切に末永く利用していくのが正しい増殖のやり方である。
 ヨーロッパでは河口域で採捕したシラスウナギの移送・放流が行われている。日本でも国の事業費を使って養殖ウナギの放流が行われている。放流は行為そのものがわかりやすく、増殖対策といえば放流が真っ先に挙げられる。しかし、放流に使う種苗、放流時期や場所など十分に検討した上で実施しないと効果が期待できない。むしろ資源に悪影響を及ぼすこともある。
 まずは、効果を検証する科学的な放流実験を行い、最も効果の上がる放流方法を探りたい。一般に人の手が加わるほど、すなわち飼育期間が長くなるほど、魚は野性を失い、野外に放流したときの適応度が下がる。
 かつての稚アユの人工種苗で見られたように、行動が天然アユと大きく異なるために期待された放流効果が得られなかった例がある。ウナギでこうした研究はまだないが、長期間養鰻地で養殖されたウナギも野外でのカワウやゴイサギなどの天敵からの回避行動や摂餌行動が十分に備わっていないことが懸念され、これらは放流後の生き残りと成長、ひいては放流効果に大きな影響を及ぼす。
 養殖ウナギは性比が雄に著しく偏ることが知られており、雌の多い上流域に雄を大量に放流したときの効果は今のところ不明である。それならば性分化前の体長20センチメートル未満のクロコウナギを放流すればどうだろうというアイデアもある。さらにいえば、いっそのことヨーロッパのように採捕直後のシラスウナギを放流するのがよいのではないかというところまで行き着いてしまう。これならば飼育によって野性が失われる心配はほとんどない。
 しかしそれなら、シラスウナギの漁獲規制のほうが手っ取り早いとも考えられる。採捕によるダメージや移送による疲労がない分、そのほうがいいに決まっている。しかし人は、やはり自分の手でなにかをやりたいらしい。達成感を得たいらしい。こうした欲求を満たしてくれるのが放流だ。
 江戸時代に、捕獲した魚やカメを川に逃がして、殺生を戒める放生会という宗教儀式があったが、これまでの放流はちょっとこれに相通じるものがある。しかし現在のウナギの危機を救い、実際の増殖効果を追求するなら、放流は儀式的なものであってはいけない。真に効果のある放流をしなくてはならない。
 シラスウナギ放流を実施するとして、その場合はどこに放流するかが、問題である。アユのように放流したものを1シーズンの漁獲によって大部分回収してしまう放流スタイルとはわけが違う。増殖のためのウナギ放流の場合は、確実に銀ウナギとなって川を下り、産卵場を目指してほしいわけである。
 もし、シラスウナギをダムや堰堤など河川構造物の上流に放流した場合、成長するまではよいが、その後銀ウナギとなって川を下る時が問題となる。ウナギの降海のために様々な装置が考案され、試されているが、川を遮断する大規模な河川構造物を安全に通過させられる有効な手立てはまだないからである。
 したがって増殖目的のウナギ放流は、成長目的の空間拡大という意味だけでなく、確実に降海できる場所に放流するのでなければ意味がない。現在、ウナギの放流事業については十分な検討のないまま、放さないより放したほうがよいだろうとの暗黙の了解で進んでいる。今後、ウナギについても科学的放流実験に基づく放流事業の見直しを早急に行いたい。同時に、放流以外の増殖対策にも目を向け、力を注ぎたい。密漁の河川パトロールや多自然型河川への改修など、天然ウナギの保護と河川環境の保全・再生のためにやるべきことはたくさんある。
(PHPサイエンスワールド新書『ウナギ大回遊の謎』より)
塚本勝巳(つかもと・かつみ)東京大学大気海洋研究所教授
 1948年、岡山県生まれ。東京大学農学部水産学科卒業。東京大学大学院農学研究科修士課程修了。東京大学海洋研究所助手、助教授を経て、現在、東京大学大気海洋研究所教授。農学博士。専門は魚類の回遊生態。世界で初めて天然ウナギの卵を採集、二ホンウナギの産卵場を特定するなど、ウナギ研究で前人未到の成果をあげてきた文字通りの「世界的ウナギ博士」である。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120727-00010000-php_s-bus_all

 今日は、午前中、公民館のボランティアで小学生に、パソコンを教える。
龍苑でランチ

 お茶を持って行く。
HAPADA 茶葉まるごと粉末茶
カテキン一杯
ハラダ製茶株式会社
静岡県島田市岸町194

龍苑でランチ

 昨日買った「紙」も持っていく。
自然な白さが目に優しい、高品質な万能タイプ
A4 210mm×297mm
坪量:68gsm
白色度・87%
EXCEL PRO
ペーパー エクセルプロ
COPY、FAX、INKJET、LASER PRINTER
Made in Indonesia
・自然な白さが目に優しい
・ファイリングに便利なほどよい厚み
・あらゆる用途に適した万能タイプ
APPJ エピーピー・ジャパン株式会社

http://www.app-j.com

 ボランティアを終え、職場に向かう。
龍苑でランチ

 今日の昼食は、「龍苑」にて、ランチ♪前から気になっていたお店だ↑↑↑
龍苑でランチ

 「ラーメン」「ミニ中華丼」「付出し」が付いて500円也。今日の付出しは、カボチャの天ぷら。
 「ラーメン」は普通、450円なので、かなりお得だ!
 「餃子」は6ヶ入240円也。テイクアウトでも16ヶ入500円、33ヶ入1000円也♪
 おっと!金土日祝は、生ビールが3杯1000円じゃあありませんか!
 「夜の定食」(5:00~8:00)も600円とかなりお得♪♪♪
静岡県浜松市西区入野町16101-9
TEL 053-448-9189
11:00~14:00、16:30~21:00
ランチ営業、日曜営業
定休日 火曜日

http://tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22005011/

 眼科に、明日の予約を入れる。9時の希望したが、予約で混んでいるということで10:30になる。

 今日の仕事は、基本練習の後、2ゲームマッチ。ノートに書かなきゃ、覚えないよ↓↓↓

 テレビで「豚野郎」の「豚丼」をやっていた。美味しそうだ。東京に行った時には、行ってみたお店だ♪♪
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-6-15 3F
03-3219-9322
11:00~23:00
定休日 日曜日

http://r.gnavi.co.jp/e450600/
http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13101419/

本日のカウント
本日の歩数:12,371
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:1本
本日の餃子消費量:0個
(金)○

|

« <海さち山さち>千葉県成田市 ウナギ | トップページ | JRさわやかウォーキング「浜名湖の海風と弁天島からの夕日を眺めて」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/55292453

この記事へのトラックバック一覧です: 龍苑でランチ:

« <海さち山さち>千葉県成田市 ウナギ | トップページ | JRさわやかウォーキング「浜名湖の海風と弁天島からの夕日を眺めて」 »