« <海さち山さち>三重県桑名市 ハマグリ | トップページ | <海さち山さち>千葉県富里市 ダイヤモンドポーク »

2012年4月15日 (日)

「旬の食材カレンダー」、そして「海人がつくる壺川駅前弁当」

 昨夜のテレビ「満天☆青空レストラン」で、「キクラゲ」が出ていた。
 キノコの栽培の仕方には「苗床栽培」と「原木栽培」があるのですね。
http://www.ntv.co.jp/aozora/

 「お願い!ランキングGOLD」で、ボーリングをやっていた。「キーピン」という言い方を初めて知った。
http://www.tv-asahi.co.jp/onegai-gold/

 今朝の朝刊の折り込みチラシに「HONDA 期間従業員募集」があった。製造業は回復しているのか!?
・平常勤)9,600円
・1勤 10,364円
・2勤 11,494円
・3勤 12,481円

http://www.honda-employee.com/

 今日は、休日手当の出ない仕事に、行く気満々だったのだが、昨日の雨でコート状態が悪いらしい・・・中止の連絡が入る・・・根性のないコートだねぇ~。
 したがって、朝ゆっくりと過ごす。

 ボーッとしていてもしかたがないので、「ダーチャ佐野」に、仕事で使う竹を切りに行く。
 去年の台風か先日の暴風雨のためか、竹林がひどいことになっていた。竹がやたらに倒れている・・・。しかも草がぼうぼうだ・・・↓
 孟宗竹のタケノコは、生えているように見えない・・・。
 とりあえず、竹を切り、適宜な長さにカットする。暖かくなってきて、竹を切るの汗だくだよ・・・。

 午後は、散歩に出かける。
 まず「LOTO6」を買う。キャリーオーバー中だよね↑↑↑
 「ケーヨーD2」で「PaKoMa5月号」をもらう。
http://www.pakoma.com
 さらに「潮干狩り」のための「潮見表カレンダー」をもらう。
「舞阪町観光協会」
http://www.bentenjima.jp/
「弁天島遊船組合」
http://www.at-ml.jp/55593

 「遠鉄ストア」で、サントリー「プレモル」が、3缶+タンブラーがついて598円。1缶228円で売っていたから、これは安い!
 「角ハイボール」が、3缶+角瓶グラスがついて528円。1缶178円だから、まあまあかな。
 「ヱビス美麗」6缶1280円というのも売っていた・・・どこが違うんだ???
http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000020306/index.html
 「七味唐辛子」を買いたかったが、お目当ての「八幡屋礒五郎 」は、売っていなかった・・・↓
http://www.yawataya.co.jp/index.html

 帰宅途中、土手にワラビがたくさん生えていた。
「旬の食材カレンダー」、そして「海人がつくる壺川駅前弁当」

 タラの芽もあったが、すでに採られていた・・・でも、芽の根元から切られているから、こんな採り方だと、木が枯れちゃうよ!!!
「旬の食材カレンダー」、そして「海人がつくる壺川駅前弁当」

 帰宅して、ワラビのアク抜き。

 「酒&FOOD かとう」に行き、「むぎ焼酎 壱岐」40度3,150円を買う。

 帰宅して「ヱビス・ザ・ホップ」で一杯♪香りがいいねぇ~♪♪♪おつまみは、ラム肉♪♪♪
「旬の食材カレンダー」、そして「海人がつくる壺川駅前弁当」

YEBISU THE HOP
ヱビス<ザ・ホップ>
 The exquisitely refined aroma of this beer is from select fine aroma hops and aroma hops.
2012 LIMITED BREWING
 爽やかなホップの香り
 エリートザーツホップ一部使用

 ここで「旬の食材カレンダー」の紹介♪♪♪
http://k52.org/syokuzai/

 さらに、今日の朝刊「味な物語 駅弁」より「海人がつくる壺川駅前弁当」の紹介♪
 平成15(2003)年に那覇空港と首里を結んで誕生した沖縄都市モノレール。日本最南端の鉄道として話題を呼んだことは記憶に新しい。同時に注目を集めたのが、壺川駅に近い那覇市沿岸漁協の壺川直売店さかなが、開通を記念して開発した「海人がつくる壺川駅前弁当」だ。
 今もなお人気を誇るこの弁当は、特製のたれに漬けた県産の白身魚を、酢飯の上に敷き詰めたづけ丼風。素材はその日に水揚げされた魚の中からいいものを選んで使うそうだ。新鮮なだけに歯応えのよさと身の旨みがしっかりと口に伝わる。おかずもまたいい。県産魚、島モズク、野菜のかき揚げと三種の天ぷらに、海ブドウと、こちらも郷土の味覚を満喫できる顔ぶれ。
 考案したのは直売店代表の木嶋清さん。「発売直後も試行錯誤を重ね現在のスタイルに。ただし2~3年ごとに内容を変更。これは沖縄の多彩な食材を次々楽しんでいただきたいのが理由のひとつ」という。パッケージには「日本最南端の駅弁」の文字。モノレール線の駅のみで駅弁を名乗るのは全国で唯一だ。駅頭では販売していないが、その心意気を諒としたい。
『壺川駅』(沖縄都市モノレール)
【海人がつくる壺川駅前弁当】税込み800円
調製元:那覇市沿岸漁業協同組合 壺川直売店さかな
那覇市旭町45の1
TEL:098-862-8950
FAX:098-866-9250
買える場所:壺川直売所さかな
「壺川直売店さかな ~那覇市沿岸漁協~」
http://engan.ti-da.net/
「南の島の海菜 嶋活」
http://shimakatsu.co.jp/
「駅弁の小窓」
http://ekibento.jp/ky-tsubokawa1.htm

本日のカウント
本日の歩数:11,232
(本日のしっかり歩数:4,072歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(日)○だけど×

|

« <海さち山さち>三重県桑名市 ハマグリ | トップページ | <海さち山さち>千葉県富里市 ダイヤモンドポーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「旬の食材カレンダー」、そして「海人がつくる壺川駅前弁当」:

« <海さち山さち>三重県桑名市 ハマグリ | トップページ | <海さち山さち>千葉県富里市 ダイヤモンドポーク »