« JRさわやかウォーキング「“東三河うまいもんウォーキング”第一弾 ほの国とよはし 伝統の食文化と史跡を訪ねて」、そして「帆立弁当」 | トップページ | 土をつかむ »

2012年4月23日 (月)

注目☆隠し味に「えのき氷」・・・そして、「ハムカツ」

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。「焼き鶏」のセットが20本で1,980円↑↑↑
http://item.rakuten.co.jp/e8010/10000005/?scid=rm_191968#10000005

 職場でインフルエンザが流行し始めた。何でこんな時期に・・・と思うが、3年前に「新型インフルエンザ」が流行り出したのもこの時期だったよね↓↓↓

 職場のコーヒーサーバーが新しくなった。ボタンを押すだけでいいよ♪♪♪
 ユニマット「Caffe'Si Bar」(コロ)。
・エスプレッソ
・マイルドエスプレッソ
・カフェ・ラテ
・カプチーノ

がポタンひとつで選択できる♪♪♪
http://www.unimat-life.co.jp/
 これからの朝の仕事は、
①ガラを捨てる。
②水を入れる。

 土曜日、「やき兵衛」で「ハムカツ」を食べなかったな・・・食べたいなと思っていたら、「ふれ愛交差点」4月号に「ポテトサラダ入りハムカツ丼」が載っていたのを思い出した↑↑↑
『材料』(2人分)
・ごはん・・・400g
・ハム・・・8枚
・ポテトサラダ(惣菜)・・・150g
・春キャベツ・・・60g
・マヨネーズ・・・適量
・パン粉・・・適量
『作り方』
①ハムにポテトサラダをのせ、ハムで挟み、マヨネーズを全体に塗り、パン粉をしっかりつける。同様に3個作る。
②①をオーブントースターで8~10分焼く。
③器にごはんを盛り、せん切りにしたキャベツ、②を2枚のせる。お好みでソースをかけていだだく。

 ここで、2012年3月30日の朝刊より、「注目☆隠し味に「えのき氷」」の引用♪♪♪
 エノキダケを煮詰めて凍らせた「えのき氷」が注目されている。発祥地の長野県中野市では、みそ汁などに溶かす一般的な利用法以外にもレシピが豊富。キノコ料理に詳しい「きのこマイスター」でJA中野市職員の上野里美さんにお薦めの料理を作ってもらった。(佐橋大)
揚げ物サクサクに
 適量を汁物や炒め物に混ぜると、とろみと、こくが加わるえのき氷。焼き物、揚げ物に加えるとサクサク感が増すというから不思議だ。
 一例がお好み焼き。キャベツの代わりにキノコ類を加えた「キノコづくしのお好み焼き」はキノコのうま味がたっぷり。溶かしたえのき氷を生地に混ぜるだけで、えのき氷がつなぎになり、生地のまとまりもよくなる。キャベツなど普通の具材で作ってもいい。天ぷらの衣に混ぜても、マドレーヌに入れてもサクッとした食感になる。
 汁物に使うとき、気を付けたいのが入れるタイミング。早く入れると、とろみが強くなる。「とろみが苦手な人は遅めに入れて」と上野さん。JA中野市のホームページにはレシピ集がある。
中性脂肪の改善も
 えのき氷を作り始めたのはエノキ農家で、JA中野市組合長の阿藤博文さん。エノキの健康効果に着目した阿藤さんが「エノキを食べ続けるのは大変。薬草のように煮出してもいいはず」と2008年、ミキサーにかけ、煮詰めたものをスープに混ぜて飲み始めた。
 傷みやすいので冷凍保存が基本。「便秘が解消した」などのうわさとともに市内を中心に広がり、その後、県内の食品会社が商品化。県北部ではスーパーやコンビニで販売している。
 高崎健康福祉大の江口文陽教授によると、エノキに多く含まれ、脂肪の吸収を抑えるキノコキトサンがエノキの粉砕と加熱、凍結で大幅に吸収されやすくなる。江口教授らが、えのき氷を1日に3個ずつ(エノキ50グラム相当)、3カ月取り続けたときの血中の脂質の変化などを調べたところ、悪玉コレステロールや中性脂肪が摂取2カ月以降、改善。体重は3カ月の時点でも顕著な差はなかった。

【えのき氷】
『材料』
エノキダケ 300グラム
水 400ミリリットル
『作り方』
<1>エノキダケの石づきを除いて、ざく切りにしてから、水とミキサーにかけて、ペースト状にする。
<2>(1)を鍋に入れて、かき混ぜ、弱火で1時間煮詰める。
<3>粗熱を取り、製氷皿に流し込んで、冷凍保存する。

【 キノコづくしお好み焼き】
『材料』(4人分)
えのき氷 60グラム
エノキダケ、シメジ、お好み焼きの粉 各100グラム
エリンギ 50グラム
干しエビ 15グラム
水 70ミリリットル弱
サラダ油 適宜
『作り方』
<1>キノコの石づきを除き、食べやすい大きさに切る。
<2>えのき氷を電子レンジで溶かし、材料をボウルで混ぜる。
<3>(2)を焼き、ソース、マヨネーズなどを好みで付ける。

【マドレーヌ】
『材料』(8個分)
えのき氷 80グラム
卵 2個
砂糖、薄力粉、無塩バター 各100グラム
ベーキングパウダー 小さじ2/3
バニラエッセンス 少々
『作り方』
<1>バターを湯せんで溶かし、えのき氷は解凍する。
<2>卵を割り、角が立つまで泡立てる。
<3>(2)に砂糖を2、3回に分けて入れ、さらに泡立てる。
<4>(3)にバニラエッセンスを加え、ふるいに掛けた薄力粉とベーキングパウダーを2、3回に分けて混ぜ(1)のバターとえのき氷をさっくり混ぜる。
<5>(4)を型に8分目まで入れ180度のオーブンで15分ほど焼く。

http://opi-rina.chunichi.co.jp/topic/20120330-1.html

本日のカウント
本日の歩数:11,878
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0本
本日の餃子消費量:0個
(月)○

|

« JRさわやかウォーキング「“東三河うまいもんウォーキング”第一弾 ほの国とよはし 伝統の食文化と史跡を訪ねて」、そして「帆立弁当」 | トップページ | 土をつかむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注目☆隠し味に「えのき氷」・・・そして、「ハムカツ」:

« JRさわやかウォーキング「“東三河うまいもんウォーキング”第一弾 ほの国とよはし 伝統の食文化と史跡を訪ねて」、そして「帆立弁当」 | トップページ | 土をつかむ »