« 「クリスマスその夜に」、「らーめん麺屋三九」、そして「おべんとうコックさん」 | トップページ | 地魚ぐるめスケッチ気候⑦ ウチワエビ »

2012年2月19日 (日)

「出前専門店 家康」、「すし衛門」、「冬の月」、そして「ちらし寿司ておけ」

 「越前かに問屋「ますよね」」より、楽天メール♪「帆立」が美味しそうだ↑
http://item.rakuten.co.jp/masuyone/160043/?scid=rm_195745

 「くらしと生協」のホームページ♪
http://www.e-kurashi.coop/shop/top/index.do

 昨日のニュースで、シカの駆除で山に入った人が同じグループの人に撃たれたと言っていた。無線で連絡を取り合わないと、撃たれてしまうよ!(鹿を追い出すグループとしとめるグループがあるのですよね。)

 アレルギーにKW乳酸菌というのをやっていた。ヤクルト「ノアレNoale)」というのがあるらしい。(結局、花粉症に効くということか。)
 KW乳酸菌は、キリングループがアレルギー症状や花粉症などの症状を緩和を目的に、保有していた100種類以上の乳酸菌株の中からの研究を行い、花粉症症状を有するヒトを対象としてヨーグルト摂取試験を行った結果用いられるようにしています。
 アレルギーに関しては、花粉症や食物アレルギー、アトビー性皮膚炎などに悩む患者が増加しているものの、治療法は副作用が心配されるものや対症療法的手段が中心という現状ですので、今後は、KW乳酸菌のような免疫力を高める乳酸菌の用いられ方や効果が期待されています。
 キリンでは、小岩井乳業との共同開発で、KW乳酸菌をヨーグルトに入れたり、カプセルに入れて発売したりしています。

http://www.nyu-sankin.net/kind/3kw.html

 今朝の新聞折り込みチラシに「HONDA」の期間従業員の募集が載っていた。製造業の景気が回復しているのか?自動車業界だけか?電気産業はどうなのか?
日給:9,600円~
月収例:275,094円
 平常勤:9,600円
 1勤:10,364円
 2勤:11,494円
 3勤:12,481円

http://www.honda-employee.com/

 今日は、ちょっと外に出たよ↑↑↑

「出前専門店 家康」、「すし衛門」、「冬の月」、そして「ちらし寿司ておけ」

 今日の昼食は「出前専門店 家康」♪
静岡県浜松市中区中島1丁目35-22
0120-188430

http://demae-can.com/shop/menu/3005526/

 今日はあまり歩いていないので、昼食後、散歩に出かける。あまり時間がなかったので、地下周りを歩く。

「出前専門店 家康」、「すし衛門」、「冬の月」、そして「ちらし寿司ておけ」

 夕方、帰宅途中、「すし衛門」に寄る。
 今日は、セールで「おまかせ丼」が788円のところ630円也。全部まぐろにしてもらう。前回、「630円丼」が525円の時、「まぐろ丼」を買ったんだよね。
西区入野町14838-1
TEL: 053-440-9555

http://www.e-shops.jp/local/nsh/0004599805.html
http://r.tabelog.com/shizuoka/A2202/A220201/22006987/

 「ルフラン」に寄り、「グリーンジャンボ宝くじ」を買う。宝くじを買うお客で駐車場は常に一杯・・・当たることで有名なお店なのか!?↑↑↑
TEL 448-4086
西区入野町1610-7

 「酒&FOOD かとう」に寄る。借金を払い、「冬の月」2980円を買う。「嘉美心」って美味しいんだよね♪
http://slowkato.hamazo.tv/e3058305.html

「出前専門店 家康」、「すし衛門」、「冬の月」、そして「ちらし寿司ておけ」

 帰宅して、「すし衛門」の「おまかせ丼」(まぐろ、まぐろ、まぐろ、まぐろ)で一杯。「まぐろ丼」より高い割に、あまりボリュームががない!!!新聞の折り込みチラシの写真はすごく豪勢だが、実際のものは貧弱だ・・・広告に偽りありだ!!!・・・まぐろのちょっと厚めに切ってあるのか???よくわからない・・・これなら回転寿司の方が良かったかな・・・もうこのお店には行かない方がよさそうだ。
「出前専門店 家康」、「すし衛門」、「冬の月」、そして「ちらし寿司ておけ」

 「冬の月 純米吟醸生原酒」を飲む。
 西の甘口酒の雄と言えば、岡山の銘醸蔵「嘉美心」(かみごころ)。この酒は、岡山名物“白桃”から採取した酵母で醸した上品で優しい甘口の酒です。「冬の月」の別名はツキを呼ぶ酒とも言われています。おっと!これで、宝くじが5億円当たるかも↑↑↑
純米吟醸無濾過生酒
 米の旨味を凝縮した芳醇な味わいと銀光に輝いた月からしたたり落ちた絹のようなお酒を詰めました。
「嘉美心酒造株式会社」
岡山県浅口市寄島町7500-2
TEL 0865-54-3101
FAX 0865-54-3105

http://www.kamikokoro.co.jp/
あなた様の「声」が私たち嘉美心の「元気」になります。
 この度は「冬の月」をご愛飲頂きましてまことにありがとうございました。
 「あなた様の声をいただくことが、私たちにとって、何よりもの励みです。あなた様の声が励みになって、今日も頑張ろういというエネルギーが沸きます。どんなに些細なことでも結構です。是非、あなた様の声を聞かせてください。
 ご回答頂きましたお客さまの中から抽選でささやかな蔵元グッズをお届します。
 今年は、【冬の月 特製「ツキを呼ぶ ぐい呑み」10名様】【山本よしき先生作の特製グッズ(カレンダー他)10名様】【冬の月 携帯ストラップ 50名様】などなど。なお、発表は発送をもって代えさせていだだきます。(九州在住である山本よしき先生は「ツキを呼ぶぐい呑み」の製作者でもありますが、3年前の高校野球優勝の佐賀北高校の部室に掲示された「ピンチの裏側」という詩の作者として「みのもんた」さんの番組などで取り上げられ一躍有名になられました。)
 「共に学び、共に成長する・・・」この言葉をあなた様と私たち嘉美心との「合言葉」とさせて頂ければこの上ない喜びです。

 http://www.kamikokoro.co.jp/anke/fuyunotukikoe1.htm

今日の朝刊「味な物語 駅弁」より、「ちらし寿司ておけ」♪
 木曽川の右岸に位置し、中山道の宿場だった美濃太田。かつて渡し場を控え、街道有数の繁栄を誇った町だ。現在は美濃加茂市の中心地で、起点となる美濃太田駅は今もなお交通の要衝として、往時の面影を残す。この駅で昭和30(1955)年から駅弁を販売するのが向龍館。開業時から売り出している「松茸の釜飯」が人気だが、創業30年を記念して昭和61(1986)年に発表した「ちらし寿司ておけ」も、同駅の名物駅弁である。
 隣接する可児市をはじめ、周辺は美濃焼の一大生産地。「その美濃焼を器にすることで、郷土色を出せればと考えて開発。食べ終わったら家庭でお使いいただきたい」と、会長の酒向茂さん。
 手桶をかたどった陶器に詰めた酢飯の上にカンピョウと田麩。さらにしっかりと味付けされたエビ、ウナギ、サケ、タコ、シイタケ、レンコン、だし巻き卵などが載る。ご飯が見えないほどの具は彩りも鮮やかで、寿司店のメニューに比べても遜色ないほどの仕上がりだ。器は、使い勝手のいいようにと籐の取っ手をつけた凝った作り。そのうえ具材のボリュームも満点で、もうけはほとんどないという。
『美濃太田駅』(高山線、太多線、長良川鉄道
【ちらし寿司ておけ】税込み950円
調製元:向龍館
岐阜県美濃加茂市中富町1の10の6
TEL 0574(25)2083
買える場所:美濃太田駅売店(ホーム)、向龍館
※売店売りは1日限定2個。ただし予約すれば1人何個でも可。

http://www.city.minokamo.gifu.jp/kankou/member/47.html

本日のカウント
本日の歩数:5,949
(本日のしっかり歩数:2,242歩)
本日の割箸使用量:1
本日の餃子消費量:0個
(日)×

|

« 「クリスマスその夜に」、「らーめん麺屋三九」、そして「おべんとうコックさん」 | トップページ | 地魚ぐるめスケッチ気候⑦ ウチワエビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/54023468

この記事へのトラックバック一覧です: 「出前専門店 家康」、「すし衛門」、「冬の月」、そして「ちらし寿司ておけ」:

« 「クリスマスその夜に」、「らーめん麺屋三九」、そして「おべんとうコックさん」 | トップページ | 地魚ぐるめスケッチ気候⑦ ウチワエビ »