« 「遠州 信貴山」、「浜松八幡宮」に「初詣」、そして「開運風水」 | トップページ | 「SUBWAY」で「ターキーブレスト」、そして「手相占い2012」 »

2012年1月 3日 (火)

味わう日本のお正月

 今日は、1月3日だな・・・テレビを見ていてもつまらないので、ジャスコに出かけた。
 あれっ!?自転車のツーロック用の鍵がかからないぞ???壊れているのかな?ジャスコの自転車コーナーに行き、見てもらう。
 壊れているようなので新しい物を買う。(考えてみれば、10年以上使っていたな。)
味わう日本のお正月

 手ごろなのが、長さ60cmのもので598円と998円か・・・598円は太さが8mm、998円のものは10mm・・・。
Mワイヤーロック(MIDDLE WIRE LOCK)
株式会社 サギサカ
愛知県豊田市美山町1-80
(0565)28-6000
 We Sagisaka Co., Ltd. are proud of being a pioneer in the distribution of bicycle parts & accessories in Japan.
 With the history of more than 30 years, we are still standing as NO.1 market leader ever since.
 We will move to an epoch with a revolutional concept to active the market and bring ideal and useful products to the consumers.

 お店に入り、いろいろな所をウインドウショッピングする。
 「KALDI」でコーヒーをもらい、飲みながらウインドウショッピング。
・ムッチョアロハ ホットースが158円
・ニチレイ レストラン用ビーフカレー5食428円
 10時40分だというのに「subway」には行列ができていた。
 「得サブ」290円をやってるじゃないか!今日は火曜日なので「ケイジャンチキン」。明日は「ターキーブレスト」・・・ターキーが好きなんだよな・・・明日来ることにしよう!!!
http://www.subway.co.jp/
 「SPORTS AUTHIRITY」をウインドウショッピング。そろそろ、靴を買わないといけないんだよね。おっと「スライドステッキ」の先のゴムが248円か・・・欲しいな。
http://www.sportsauthority.jp/?gclid=CNLjhvizs60CFYMlpAodsT7omw
 その他、本屋や電気屋を覘く。
 食品売り場に向かうと、他の営業所のH氏にバッタリ!年頭のあいさつを済ませ、分かれる。
 食品売り場で「納豆」48円、「うどん」17円、「うどん」48円のところ割引きで25円を買う。
 食品売り場においてあったパンプレっとに「おせちのいわれ」が載っていた。
 平安時代、朝廷では五節句《年始め(1月7日)、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日》などの節目には祝事を行い、この時に作られた祝いの膳が「御節(おせち)料理」と呼ばれたことが語源とされています。現在では、1年の幸福を願っていただくお正月の料理を指す言葉として定着しています。

 帰宅して、ちょっとゆっくりとして、散歩に出かける。
 スーパーで「あい鴨」198円を買う。

 テレビで「あやかりJAPAN!」なる番組をやっていた。その中で、別府温泉が気になった↑↑↑
・別府温泉保養ランド
 26年前、映画「プロジェクトA」の撮影で訪れ、身体を痛めたジャッキーが癒されにきた温泉だという。「傷を負ったジャッキーが復活!したという湯」。日本でも珍しい!温泉と共に吹き出した泥が底に溜まっている珍しいお湯。
・長泉寺(別府市野田)
 泉寺(別府市野田)にある「みんなから感謝されるありがたい温泉」。お寺にある温泉の名は、薬師乃湯。約1000年前に後冷泉天皇が温泉に入り、病が治った事に感謝して建てられたもの。温泉の恵みに感謝しながら入る湯の入浴料はお賽銭。
・いちのいで会館
 ここの縁起がいい穴場温泉は、温泉王国・別府でも珍しい!青く輝く湯がある。約三十年前に社長の父親が店の裏山で偶然お湯が青色になる源泉を発見し、それ以来、利用者の客は右肩上がりの商売繁盛の湯となっている。

http://hicbc.com/tv/ayakari-japan/

 おっと、年賀状が来たぞ!こちらが出していない人のものも届いている。いつ投函された年賀状なのだろう?慌てて年賀状を作成!郵便局に出しに行く。
 帰宅途中「酒&FOOD かとう」に寄り、ウインドウショッピング。

味わう日本のお正月

 帰宅して、「あい鴨 パストラミ」で一杯。
株式会社シージーシージャパン
http://www.cgcjapan.co.jp

 今日は、1月3日だから「三日とろろ」の日だよね。
・年明けうどん
 うどんは、太くて長いことから、古来より長寿を祈る縁起物として食べられてきました。「年明けうどん」は、純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより、その年の日と人々の幸せを願うもので、元旦から1月15日までに食べるうどんのことです。
 しかし、「年明けうどん」って、コンビニかスーパーの商戦だと聞いたことがあるような気がする。
・三日とろろ
 お正月の3日に食べる「三日とろろ」は、疲れた胃の調子をととのえる、この日にとろろを食べると1年を健康の過ごせるという願いを込め食べるともいわれています。

 「三日とろろ」って、マラソンの円谷選手の遺言で有名になったようですね。それが、スーパーの広告で広がったようだ。円谷選手の出身の東北地方のみならず、静岡県の伊豆でも1月3日はとろろを食べるようです。愛知県の新城では1月2日にとろろを食べるようです。日本中の山芋が取れるような山の方で食べられている習慣なのではないでしょうか!?
 ということで、今日買ったうどんにとろろを乗せて食べることにする。高い物と安い物の食べ比べ♪♪
 マンガの『美味しんぼ』(29巻 第3話 東西うどん合戦)に載っていたうどんの食べ方で食べよう!
味わう日本のお正月

 そう言えば、風水によると2012年の開運フードは「豚肉、「梅干し」、「根菜類」だ。「年明けうどん」に「とろろ」を乗せて、一石二鳥といくことにする。(豚肉をしゃぶしゃぶして乗せようとも思ったが、お金がないので断念。)
【材料】
・うどん
・かつお節
・梅干
・醤油
・ネギ
【作り方】
①秋田の「稲庭うどん」を茹でる。(生が入れば、その方がいい。)茹で上がったら、ザルにとって水で洗って乾物臭さをとる。
②よく洗った麺は、水を切って丼にとる。
③その上に、削った鰹節をたっぷり乗せる。
④梅干をちぎったのを、ところどころに乗せる。
⑤長ネギ、ワケギなど、こうとうネギの類を細かく刻んでばら撒く。
⑥醤油をざっとかけ回す。
⑦上から熱湯をかける。湯の量は麺全体が湯でほぐれる程度。これで、出来上がり。

http://www.geocities.jp/je2fmv2011/oishinbo/udon.html
美味しんぼ」の料理検索
http://www.geocities.jp/je2fmv2011//oishinbo.html
クッキングパパ」の料理検索
http://www.geocities.jp/je2fmv2011//cookingpapa.html

 普通のうどんを使ってもおいしいですよ。
味わう日本のお正月

 まず、1玉17円の「うどん」。
中部麺業株式会社 CH
三重県四日市市高角町矢合2607-2
059-326-0263

味わう日本のお正月

 そして、1玉48円(今日は値引きで25円)の「極 きわみ」。
歯ごたえ二重まる もっちりうどん
 国産小麦を使い、もっちり、歯ごたえ感触のよさ。味わい深く心地よいのど超し、味と風味を大切に、自慢の逸品うどん。
株式会社 衣笠製麺
岐阜県県市高富562-1
0120-884336

 ここで、おせち料理の解説♪
【おせち料理】
 おせちは「御節供(おせちく)」が省略されたもので、元々は5月5日の端午など、年5回ある節句に神様にお供えする行事食でしたが、現在ではお正月料理のことを「おせち料理」と呼んでいます。
『重詰め』
 お重に詰める料理の数は、5種、7種、9種(仏教の陽数=吉数)とされる奇数詰めが良いとされています。
①壱の重(口取り)
 祝いの肴のほか、かまぼこ、伊達巻きなどを詰めます。
②弐の重(口代わり)
 壱の重が「口取り」といわれるのに対し、弐の重は「口代わり」といわれ、焼き物、酢の物などを詰めます。二段詰めの場合、煮物も詰めます。
③参の重
 一般的に煮物をと詰めます。
*壱の重から順に詰めて重ねます。(下が壱の重、一番上が参の重)

『縁起食材』
 お正月にいただくお料理にはそれぞれ新しい年をより良くするための願いが込められています。縁起食材のいわれを知って新年をお祝いしましょう。
「祝い肴3種」
・黒豆
 黒豆には苦労をいとわずに働く忠実(まめ)と、昔の言葉で健康を意味する「まめ」とをかけ、まじめに働き健康に暮らせるようにという意味合いがあります。
・数の子
 数の子はにしんの卵。ひと腹の卵数が多く、二親(にしん:両親)からたくさんの子どもができることにあやかり、子孫繁栄を願います。
・田作り(ごまめ)
 昔、田畑の肥料として片口いわしが使われていたことから「田作り」といわれます。五穀豊穣を願い、「五万米」の字を当て、「ごまめ」とも呼ばれます。
・結びかまぼこ
 紅は邪気を払い、白は清らかな心を表します。結び目には、実を結ぶ、人と人との縁を結ぶといった願いが込められています。
・伊達巻き
 巻物の形に似ていることから文化発展を願います。また、「伊達」とは華やかな派手さを表す言葉で、伊達政宗の派手好きに由来するとも言われています。
・紅白なます
 お祝いの水引きに見立てたもので、平家と源氏の旗の色が紅白だったこともあり、「源平なます」ともいわれます。
・昆布巻き
 「よろこぶ」にかけた縁起物。巻いてある姿を書物に見立て、文化発展を願います。
・えび
 腰が曲がっている姿を老人に見立てて、腰が曲がるまで元気でいられるようにと長寿を願います。
・ぶり
 成長とともに呼び名が変わる出世魚で、縁起が良いとされています。
・栗きんとん
 「金団」とも書き、金がつく名から財宝に恵まれるようにという願いが込められています。
・八つ頭
 八方に頭があるように見えることからこの名がつき、末広がりの「八」と、人の頭に立つという意味合いもあります。
・れんこん
 穴が開いていて「先の見通しがきく」ということから縁起物とされています。

本日のカウント
本日の歩数:15,331
(本日のしっかり歩数:4,338歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個
(火)×

|

« 「遠州 信貴山」、「浜松八幡宮」に「初詣」、そして「開運風水」 | トップページ | 「SUBWAY」で「ターキーブレスト」、そして「手相占い2012」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 味わう日本のお正月:

« 「遠州 信貴山」、「浜松八幡宮」に「初詣」、そして「開運風水」 | トップページ | 「SUBWAY」で「ターキーブレスト」、そして「手相占い2012」 »