« 「吉野家 豚丼」そして、「ブタホタテドリ」 | トップページ | 「食べて応援」は幻想だ!「買い叩かれている」福島の農家がブログで「現実」暴露 »

2011年12月18日 (日)

「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」

 昨日の朝刊に「福島事故 収束宣言」と載っていたが、まだ帰宅できない人がいる中、原発事故が収束したと言っていいのだろうか?
 これも、「原発は安全ですよ」と言いたいがため、他の原発を再起動したいがため、のことなのではないだろうか???

 今朝のテレビ「カラダのキモチ」で「冷え症」についてやっていた。自分も足先が冷えるんだよね。足が冷えている時って、花粉症が出ているんです!!!
 冷え症には3つのタイプがあるとのこと・・・自分はどのタイプかよくわからない。
 体を温めるお鍋のレシピが紹介されていた。メモしきれなかった・・・ホームページにはまだ載っていない。
 ジャスミン茶を鍋に使っていたが、ジャスミン茶を鍋に使うのは大変でしょう・・・お鍋を食べた後、お茶として飲むのではダメなのだろうか?
http://hicbc.com/tv/karada/

 新聞の折り込みチラシに「学校給食センター」の募集が載っていた。「4月新規事業開始につき大募集!年明けから事前研修も順次スタートします★土日祝お休みのお仕事♪ご質問等ありましたらお気軽にお問い合わせください」とのこと。学校給食センターの「4月新規事業開始」とはどういうことなのだろう???新設校ができる???そんな噂は聞いたことないな。
 「シダックス」グループが請け負っているのか!募集先は「大新東ヒューマンサービス株式会社」になっている。
『契約社員』
・責任者 月給16万円~25万円 8:00~16:45(休憩1時間)
・副責任者 月給16万円~25万円 8:00~16:45(休憩1時間)
・栄養士(要栄養士免許)月給16万円~25万円 8:00~16:45(休憩1時間)
・調理班班長 月給16万円~25万円 8:00~16:45(休憩1時間)
『パート』
・ボイラー技士(要ボイラー技士)時給870円~950円 8:00~16:45(休憩1時間)
・清掃員 時給770円~850円 8:15~12:15、12:30~16:30
・配送・運転(要普通免許)時給900円~1,000円 10:00~15:00
・調理・戦場 時給770円~850円 8:15~12:15(休憩なし)、8:30~12:30(休憩なし)、10:00~15:00(休憩1時間)、12:30~16:30(休憩なし)
静岡市駿河区中野新田57
054-284-0480

 「株式会社 オンテック」より電話あり!
http://www.on-tec.co.jp/

 ベイシアに買い物に出かける。風が強い!自転車をこぐのが大変だ!!!
「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」

 「納豆」48円、「シューズブラシ」78円を買う。(シューズブラシは、百均で買おうと思っていたんだけど、それ以下で買えてよかったね♪)

「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」

 そのまま中田島砂丘に年賀状の写真を撮りに向かう。
「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」

 いろいろな学校の高校生が練習?をしていた・・・中学生もいるようだ!?あまり人がいない所を狙って写真を撮る。
「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」

 「堆砂垣」というのがあった。砂が飛ばないようにしているんだね。それにしても、と比べると、砂丘がだいぶ小さくなっていると思う。削れてしまったのか!?

「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」

 帰宅途中、「すき家」に寄り「牛丼」250円を食べる。30円しか安くなっていないんだね。
「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」

 セールとあって、待っている人も出るような賑わいだった。

「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」

 おや~、九尺線の川に魚の群れが・・・年末にいつも群がっているんだよね・・・「ボラ」なのだろうか?それにしても、今年はまだ数が少ないな。
 帰宅して、ホットコーヒーを飲み、体を温める!

 夕方は、「茹で烏賊の生姜醤油」で一杯♪寒いからホット焼酎が美味しいね♪

 ここで今日の朝刊、「味な物語 駅弁」より「おかかごはん」♪
 琵琶湖の東岸に位置し、中山道と北陸道が分岐する交通の要衝として栄えた滋賀県米原市。現在も東海道新幹線など4つの路線が乗り入れる米原駅が、その歴史的役割を担う。明治22(1889)年の東海道線開通に合わせ、この駅で駅弁業に進出したのが、江戸時代から旅館を営んでいた井筒屋。以来、近江牛など地元素材を使ったさまざまな駅弁を世に出してきた。なかでも意外性で評判を呼んでいるのが「おかかごはん」だ。
 主役は醤油で和えたおかか(鰹節)。これが。近江米のご飯の上に軽やかに、かつびっしりと載っている。隠し味に白ごまを振り、一つまみの大葉をあしらっているが、実にシンプル。だが、おかかの優しい風味がどこか懐かしく食が進む。
 おかずは卵焼き、焼きたらこ、鍬焼風の鶏肉、サツマイモ煮、ぬた、黒豆など。こちらも素朴で庶民的なものが並ぶ。派手さはないが「揚げ物が一切入らず、ヘルシーなお弁当として、若い方から中高年の方まで、幅広く好まれています」と、営業課長の片桐浩昭さん。同社は「こだわりを持ち、身の丈に合った商売」が社是とか。素朴な駅弁はその経営理念にふさわしい。
『米原駅』(東海道新幹線、東海道線、北陸線)
【おかかごはん】税込み800円
調製元:井筒屋
滋賀県米原市下多良2の1
TEL 0749(52)0006
買える場所:米原駅構内売店
※3日前までに予約して売店で受け取る

http://www.izutsuya.cc/

本日のカウント
本日の歩数:9,091
(本日のしっかり歩数:1,398歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個
(日)○なのに×

|

« 「吉野家 豚丼」そして、「ブタホタテドリ」 | トップページ | 「食べて応援」は幻想だ!「買い叩かれている」福島の農家がブログで「現実」暴露 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/53512741

この記事へのトラックバック一覧です: 「中田島砂丘」、そして「おかかごはん」:

« 「吉野家 豚丼」そして、「ブタホタテドリ」 | トップページ | 「食べて応援」は幻想だ!「買い叩かれている」福島の農家がブログで「現実」暴露 »