« 歩数計 ここまで来た | トップページ | 「スズキヤ」、「メイとバク」、そして「”飲む点滴”麹甘酒の発酵パワーで、疲れ知らず」 »

2011年11月18日 (金)

「かじか荘」、そして「<海さち山さち>金沢市 ノドグロ」

 昨日の朝刊に、「かじか荘」のことが載っていた。懐かしいなぁ~♪
 北遠の話題が続くけど、「かじか荘」は、昔、水窪に勤めていたとき、宴会をやったことがあったっけ。「猪鍋」「ユリ根」などを食べた記憶がある・・・「鹿刺し」は、食べたような気がするが、記憶が定かでない・・・。
 水窪では、当時、猟師が獲ったばかりの「鹿刺し」と「鹿鍋」を食べたことがあったっけ。「鹿」を食べたのは、その時、生まれて初めてだった・・・「鹿刺し」は、タマネギスライスと一緒に醤油をつけて食べた。(薬味はワサビだったか、ショウガだったか記憶長い・・・水窪は山葵を栽培しているあkら、山葵だったんじゃないかな!?)鹿鍋は、味噌味だったのかな・・・それとも、味噌と醤油の混合かな・・・記憶が曖昧だ・・・でも、その時、鹿って、なんて美味しいんだと思ったっけ♪
 その後、「かじか荘」で「しし鍋」の宴会があったんだな♪
 機会があったら、また「ししなべ」を食べに行きたいな♪(猪鍋、シシナベ、しし鍋、牡丹鍋、ぼたん鍋、ボタン鍋・・・どの呼び方が正しいのだろう?)
 イノシシの肉って、雪が積もる所の方が美味しいらしいんです↑↑↑
 かじか荘の場所が移転していますよね!?昔は、山香からおりて佐久間の町並に入ったばかりの右側にあったような気がするんですけど・・・。
「しし鍋 食べに来て」
 鍋料理がおいしい季節を迎え、浜松市天竜区佐久間町の旅館「鄙の宿・かじか荘」(西野久夫さん経営)では、恒例のししなべ料理がはじまった。
 かじか荘は同町で百年以上続く老舗旅館で、しし鍋は同旅館の冬場の代表料理。地元産のイノシシ肉を、ハクサイやシュンギク、シイタケ、ニンジンなどの野菜と一緒に、しょうゆとみりん、砂糖で作っただし汁で煮こむすき焼き風。肉は脂がのり柔らかくて臭みがないのが特徴。鍋のほか、ハチの子のうま煮などの前菜やお刺し身、ヒエ飯、みそ汁などがつく。しし鍋を食べて泊まる1泊2食コースは1万500円から。
 来年3月ごろまで提供する。西野さんは「佐久間のイノシシ肉を一度食べに来て」と話している。
 予約が必要。
〒431-3908
静岡県浜松市天竜区佐久間町中部515
TEL(053)965-0020

「出かけよう!北遠へ ふるさと散歩道」
http://yama-machi.beblog.jp/sakumab/2008/07/post-beb8.html
http://www.hrrc.jp/~sanensin/sightseeing/soba/kajikasou.html

 「水郷のとりやさん」より、楽天メール。「500円均一セール」の案内♪
http://item.rakuten.co.jp/suigodori/500all/?scid=rm_197493

 今日は仕事を定時で終え、ダッシュで帰宅しようと思っていたら・・・管理職が、「○○○○○(○には生命保険屋さんの固有名詞が入ります)が、来ています。案内を聞くのが義務です」と言った。生命保険の営業が来て、保険の勧誘の話を聞くのが、何で仕事上の義務になるのだろう!???癒着ですかぁ~!?
 そんなものはいいらないので、速攻で帰宅。

 今日の帰宅、普通道路で「カンガルー便」のトラックが遅い・・・それが右折したら、スイスイになった。でも、やはりTロードから混み始めた・・・走行車線に遅い車がいるのだろう。
 しかも、途中杏林堂に寄り、うりだしの「一正 おでん」2パック298円を買ったのだが、その道も異様な混み方だった↓

 ここで、2011年11月5日の朝刊より、「<海さち山さち>金沢市 ノドグロ  白身の王様 脂のり絶品」♪
 すっかり日も暮れた午後七時半。金沢港(金沢市)にあるかなざわ総合市場に、競り開始を知らせるベルが鳴り渡った。「三千、三千」「四千、四千」。独特の節を付けた競り人のしゃがれ声が響き、一箱数秒で値段が付けられていく。
 石川県内の各地から魚が集まり、全国でも珍しく夜に競りがある。さまざまな種類の魚が入った発泡スチロールの箱が九千も並ぶ中、ノドグロは数箱だけだった。
 名古屋市内の金沢料理店で食べてそのおいしさに心を奪われて以来、ぜひ北陸で味わいたいと願っていたノドグロ。訪れた日は金沢港のほか、石川県珠洲市の蛸島漁港から少量入ってきただけ。十一匹入り一箱が一万円の高値で競り落とされた。同市場長の坂口錦吾さん(55)によると、全く捕れない日もあるという。高級魚とは聞いていたが、ここまで希少とは驚きだった。
 正式名はアカムツ。口の奥が真っ黒なことからノドグロと呼ばれる。「白身魚の王様」と言われることもあり、脂ののった柔らかい身が特徴。晩秋から冬にかけて旬を迎える。金沢港に入荷するものは、ほとんどが底引き網漁で捕れたものだ。
 各船が魚を箱詰めして市場に運び込むが、その作業にも技術の良しあしがあり、競り値が変わる。魚を見る前に、船の名前だけを見て買う仲買人もいるという。
 塩焼きにすることが多いが、鮮度がいいものは刺し身やすしにすることも。坂口さんは「家では頭の部分をおすましにするが、これが絶品」と頬が緩む。
 高級魚だけに、地元産の大半は関東、関西、名古屋方面へ出荷され、金沢市内の一般家庭で食べられることはあまりないという。特に数年前からテレビや新聞などで取り上げられ、大都市での人気が上がっているようだ。
 地元で地元産を味わおうと、金沢港周辺や金沢市の近江町市場の飲食店を歩き回ったが、並ぶのは別の産地で捕れたものが大半。ようやく市内の居酒屋で能登産の一夜干しを味わうことができた。
 金沢の観光資源になるだけに、地元産を扱っている店はもっとPRしてほしい、と思った。 (田辺利奈)
《歩く》
 金沢駅から徒歩10~15分の近江町市場には、魚はじめ野菜、加工食品など約170店が並び、「金沢市民の台所」とも呼ばれる。味見させてくれる店も多い。
 ノドグロは一夜干しで売っているのが一般的。海産物店「大口水産」では、約15cmの小サイズ4匹入りが1000円、約20~25cm入りの大サイズは、1匹1500円。「山安」では大きいもので、2匹2800~5000円程度。入荷状況によって値段は変わる。電話での注文も受け付ける。
 問い合わせは、大口水産塩干業務部=電076(231)1505、山安=電076(231)5122
《買う》
 かなざわ総合市場に隣接する「金沢港いきいき魚市」には、県内の港で捕れ、競りにかけられたばかりの新鮮な魚介類が並ぶ。、地元の人に地元の魚を食べてもらおうというのが狙いだったが、観光客も多く訪れるという。ノドグロは港に揚がる量が少なく、店頭に出ていない場合もある。
 漁協や魚業者が直接出店しているため、流通コストがかからず、一般的な地元産より安く買える。
 現地で食べたいところだが、港湾施設のため飲食店はない。年末には大売出しも開かれる。営業時間は午前9時~午後4時。水曜定休。問い合せは金沢港いきいき魚市=電076(266)1353。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2011110502000093.html

本日のカウント
本日の歩数:9,111
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個
(金)○

|

« 歩数計 ここまで来た | トップページ | 「スズキヤ」、「メイとバク」、そして「”飲む点滴”麹甘酒の発酵パワーで、疲れ知らず」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「かじか荘」、そして「<海さち山さち>金沢市 ノドグロ」:

« 歩数計 ここまで来た | トップページ | 「スズキヤ」、「メイとバク」、そして「”飲む点滴”麹甘酒の発酵パワーで、疲れ知らず」 »