« 介護を考える④ 数字で見る介護の現状② 〜要介護状態区分〜 | トップページ | 「つみくさ体験」、そして「高山市就農体感ツアー参加者募集中」 »

2011年7月 6日 (水)

「本家かまどや」の「のり弁当」、そして「万葉食」

 ホームページの方のアクセスカウンターが面白い・・・「31313」。

 今日の帰宅、定時に帰りたかったのだが、帰れず・・・「さにさに」の乗用車、銀行の駐車場から若干割り込むように入ってきた・・・が、ノロい!
 道を進める・・・追い越し車線から、走行車線に割り込んできた車・・・ノロい・・・普通なら行ける信号を1回多く待つ・・・↓そんな車がなぜ追い越し車線にいたんだ???
 帰宅途中、「杏林堂」に寄る。売り出しの「井村屋 氷みつ」イチゴとメロン178円を買う。
 さらに、遠鉄ストアに寄る。売り出しの「こてっちゃん」100g98円、211円のものを買う。おやっ!「あい鴨」が4割引きだ・・・これは買うしかあるまい!258円のところ104円引き・・・これはお得だね♪ついでに「サッポロ黒ラベル」を買う。今日は、喉が渇いているんだよ~!
 駐車場から出ようと思ったら、隣に駐車場の線をまたいで駐車している車がある・・・こちらが出にくいよ!!!迷惑な車だった!!!

 昨日のテレビで「焼き鳥」の「ぺた」というのをやっていた。貴重な部位らしい・・・食べてみたいものだ♪

 「地鶏広場 8010のとりやさん」より、楽天メール。「ヤマトポーク」の販売♪
・奈良(大和)の風土が育んだレアなブランド豚です!
・優秀な種豚と厳選された母豚から生産された奈良県産子豚です!
・子豚は安心・安全な飼育管理のもとに育てられヤマトポークになります!
・ヤマトポークは肉の中に上質な脂肪が適度に入り、ジューシーな味わいの良い豚肉です。

http://item.rakuten.co.jp/e8010/c/0000000214/?scid=rm_191968

 Vistaって、困るな・・・すぐ「応答なし」とエラーメッセージが出る!

 ここで「万葉食」について。
 今から1200~1300年前の万葉集が詠まれた時代に食べられた食事。「万葉集」などの書物、発掘遺跡(食べものの残りかす等)や、木簡(天皇の食膳用として各地から送られてきた荷札や、役所の間で取り交わされた伝票に使った木の札)から知ることができます。
万葉歌にみる食材
・醤酢(ひしほす)に 蒜(のびる)つき合(あ)てて 鯛願(たひねご)ふ われにな見せそ 水葱(なぎ)の羹(あつもの)(汁物)
 (万葉集 巻16-3829 長意 吉麿(ながのいみきおきまろ)の歌にちなんだ料理)
 鯛を醤油と酢にのびるを合わせたものに、つけて食べたいよう。私に、もう菜っ葉のおつゆなんて 見せないで!(毎日食べているのでもういやだ)
・松浦川 川の瀬光り年魚釣ると 立たせる妹が裳の裾濡れぬ
 (万葉集 巻5-855 大伴旅人)の歌にちなんだ料理
・石麿に 吾物申す夏痩せに よしという物そ 鰻(むなぎ)漁(と)り喫(め)せ
 (万葉集 巻16-3853 大伴家持)の歌にちなんだ料理
 石麿さん、ちょっとあなたに言いたい事があります。そんなにやせているのは、夏やせですよ。うなぎを食べて太ってください。

・梨(なし) 棗(なつめ) 黍(きみ)に粟(あは)嗣(つ)ぎ 延(は)ふ田葛(くず)の 後(のち)も逢(あ)はむと 葵(あふひ)花咲く
 (作者不詳 巻16-3834)
・春日野(かすがの)に 煙(けぶり)立つ見ゆ 乙女(をとめ)らし 春野のうはぎ 採(つ)みて煮(に)らしも
 (作者不詳 巻10-1879)
・葎(むぐら)はふ 賤(いや)しき屋戸(やど)も 大君(おおきみ)の 座(ま)さむと知らば 玉敷(たまし)かましを
 橘 諸兄(巻19-4270)
・家(いへ)にあれば 筒(け)に盛(も)る飯(いひ)を 草枕 旅にしあれば 椎(しひ)の葉に盛る
 (有馬皇子 巻2-142)
 葉っぱの器
 家にいれば、食器に盛って食べる飯を、今は旅に出ているので、椎の葉っぱにのせています。
・痩(や)す痩(や)すも生けらばあらむをはたやはた 鰻(むなぎ)を捕ると川に流るな
 (大伴家持 巻16-3854)

「本家かまどや」、そして「万葉食」

1.赤米のごはん
・赤米 4カップ
・水 5.5カップ
①赤米を洗い、水に1時間浸し、炊く。

2.きびのごはん
・きび 3カップ
・水 3カップ
・浜納豆
①きびを洗い、水に1時間浸し、炊く。浜納豆といっしょに食べる。

3.鯛の醤酢(ひしほす)
・赤魚
・ノビル
・醤
・酢
・クマザサ
①赤魚の切り身に酒と塩を少々振り掛ける。
②ノビルをすり、醤と酢を混ぜ合わせる。
③①をクマザサで巻き、蒸気のあがった蒸し器で7分蒸す。
④③の蒸した赤魚に、②の醤酢をつけて食べる。

4.お浸し
・フユアオイ(あふひ)
・ヨメナ(うはぎ)
・ツユクサ(つきくさ)
・ヤブカラシ(むぐら)
・醤(ひしほ)(醤油)
①沸騰した湯で、野草を茹でる。
②醤をつけて、食べる。

5.蘇(そ)
・牛乳 250cc
①牛乳を厚手の鍋に入れ、木じゃくしでかき混ぜながら、1/10まで煮詰める。(弱火)

6.木菓子
・クルミ
・カヤの実(かへ)
・びわ
①フライパンで炒る。
②割れ目を入れる。

7.唐菓子
・小麦粉 100g
・さとう 大さじ1
・水 40cc位
・サラダ油、ごま油
①小麦粉と砂糖を混ぜ合わせ、やっとまとまる位の水を加え、混ぜる。
「本家かまどや」、そして「万葉食」

②24等分する。ひも状にのばし、ねじって2つに折り、両端をくっつける。
③揚げ油(低温)でゆっくりきつね色に揚げる。(10分位)

8.碁石茶
①沸騰している湯に碁石茶を入れ、2分ぐらい煮て、しばらく置きこす。

「万葉の森公園」
「万葉亭」:万葉食研究会「月草の会」
浜松市浜北区平口5051-1

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/enjoy/culture_art/manyonomori_koen/index.htm
http://www.at-s.com/gourmet/detail/2779.hthttp://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/enjoy/culture_art/manyonomori_koen/index.htmml

「本家かまどや」、そして「万葉食」

 今日の昼食は、「本家かまどや」の「のり弁当」300円也・・・しまった!カロリーを取り過ぎた・・・昼食の注文をやめておけばよかった↓↓↓
http://www.honkekamadoya.co.jp/

「本家かまどや」、そして「万葉食」

 今日の風呂上がりは、今日買った「井村屋」の「氷みつ」(イチゴ)。冷凍バナナを乗せてね♪
 かき氷のみつって、着色料や甘味料が入っていると苦いんだよね・・・「スイ」が一番美味しいんだけど、いろいろな味を試してみたくなって、今日は「イチゴ」♪

本日のカウント
本日の歩数:11,437歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個
(水)○
7月6日×

|

« 介護を考える④ 数字で見る介護の現状② 〜要介護状態区分〜 | トップページ | 「つみくさ体験」、そして「高山市就農体感ツアー参加者募集中」 »

コメント

万葉食ってどこかに売っていたりするんですか。1回食べてみたいです。
また、この頃のり弁当食べてないです(笑)。

投稿: X | 2011年7月 6日 (水) 19時05分

 「万葉食」は、「万葉の森公園」の「万葉亭」で食べることができます。
 近くに行ったときには、ぜひお寄りください。

投稿: SANO | 2011年7月 7日 (木) 17時46分

 今度、万葉の森公園に行ったとき、食べてみたいと思います。

投稿: X | 2011年7月 7日 (木) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「本家かまどや」の「のり弁当」、そして「万葉食」:

« 介護を考える④ 数字で見る介護の現状② 〜要介護状態区分〜 | トップページ | 「つみくさ体験」、そして「高山市就農体感ツアー参加者募集中」 »