« 「マッケンジー法」簡単動作で腰痛をすばやく解消! | トップページ | 静岡のおいしい食 »

2011年6月21日 (火)

食育のすすめ 〜食選力を身につけて体も心も健全に〜

 今朝の通勤、「エスケイ物流」のトラックが、走行車線を走っていた・・・このトラック、いつも追い越し車線をゆっくり走っていて迷惑を感じていたのだが、今日はどうした風の吹き回しなのだろう?そのトラックが、いつも右折する交差点のちょっと前で、ウインカーを出し、追い越し車線に入ろうとしていた・・・が、乗用車が追い越し車線をゆっくりと走っていて、入れてあげなかった・・・トラックは、何とか割り込む感じ・・・事故が起こらなくてよかった・・・その乗用車、ちょっと先を行ったら、急にスピードを上げ、走行車線に入って、左折して行った・・・いじわるな車だね・・・!!!それなら初めから走行車線を走っていればっ!!!
 先に進むと、またコロニーが・・・追い越し車線に遅い乗用車がいる・・・もう勘弁だな。

食育のすすめ 〜食選力を身につけて体も心も健全に〜

 今日は、なんだか蒸し暑い・・・ビールを飲みたい気分だ・・・帰宅途中、「酒&FOOD かとう」に寄り、「銀河高原ビール」260円を買う。
小麦のビール
銀貨高原ビール(ビール酵母入り 天然水仕立て)
 濁った淡い黄色が特色。酵母が沈殿している事がありますが品質に変わりはありません。1/2を注いだ後、缶を軽く振って混ぜ残りをグラスに注いでください。
株式会社銀河高原ビール
岩手県和賀郡西和賀町沢内貝沢3-647-1
TEL 0197-85-5321

http://www.gingakogenbeer.com

 おつまみは日曜日に買った、牛肉ともやしで「もやしだらけ」♪
 デザートに「ビワ」も食べるかな♪♪♪
 そういえば、もうすぐ「山桃(ヤマモモ)」の季節だね♪

 「越前かに問屋「ますよね」」より、楽天メール。「つぶ貝」の販売♪
・お刺身
・炊き込みご飯
・バター焼き
・エスカルゴ風ガーリックバター
・うま煮
・串焼き(醤油味)
・パスタ
・握り寿司
・酢味噌あえ
・おでん

http://item.rakuten.co.jp/masuyone/160065/?scid=rm_195745

 ここで2011年4月27日の朝刊より、「食育のすすめ ~食選力を身につけて体も心も健全に~」。
 食生活の乱れや歪みが子ども達だけでなく大人の世界にも広がっています。もう一度、食の大切さ、食育の重要性を見直してみませんか。
食育の必要性
 「30年くらい前の食生活が理想的な形だった」とよく言われます。地元で採れる食材を使い、バランスが取れた料理をお母さんが作ってくれる、それが当たり前の風景でした。しかし今、まな板や炊飯器がない家庭や市販の惣菜を容器のまま並べただけの食卓、朝食を食べずに学校に行く子ども達やスナック菓子を夕飯にする若者が少なくありません。
 健康を維持して命をつなぐためには、どんな物をどのくらい、どのような方法で食べるか。それを知ることは体の健康だけでなく心の健康にもつながります。食育とは、老若男女すべての人が食に対して関心を持ち、自己管理をして食の自立を図ることにあります。また、食材についての知識や食のマナーなど、食を取り巻く全てのことを教育現場や家庭内で身につけていくことも大切です。
バランスがとれた食事
食育のすすめ 〜食選力を身につけて体も心も健全に〜

 食事のバランスガイドを見ると、1日で何を、どれだけ食べたらよいかが一目でわかります。主食は体のエネルギー源です。米は栄養があり、腹もちが良いのでおすすめします。副菜と主菜は約2対1。野菜は生野菜だけでなく、火を通してできるだけたくさん摂ることが大切です。健康のためにはやはり洋食よりも和食。一汁三菜という食事バランスが理想的な形です。
 また、年齢とともに体内の消化酵素が変化していくことも知っておいてください。高齢になったからといって、摂る必要のない栄養はありません。
 自分の体の中からの声を聞いて、バランス良く食べることが健康維持につながります。
旬を食べよう
 新タマネギ、新キャベツ、えんどう豆などの春野菜が登場する季節です。旬の食材は自然の中で太陽をサンサンと浴びて余分な負荷がかかることなく育っているので、栄養価が高く生命力があります。また地元で採れた野菜は鮮度がよく、素材の持つ本来の甘味や美味しさがあります。旬の食材を使って食卓に季節感を持たせましょう。
 日本には四季があり高温多湿な梅雨もあります。独特な気候が育てたものが醸造の文化。調味料として欠かせない醤油や酢、味噌などの醸造品は日本が育んだ食文化のひとつです。このように、その土地の風土や気候が食に大きな影響を与えているのです。
子どもたちに「食選力」を!
 料理のプロセスを知らない子どもが増えています。親が料理をしないので、食材や調理器具が子どもの目に留まらないからです。
 子どもの成長と日々の食生活は大きく影響しています。次世代を担う子どもたちには何を、どのくらい、どのような料理にして食べると健康的な生活ができるのか。食材についての知識、そして良い物を見分けられる目「食選力」を養いましょう。
 「食選力」は体だけでなく心も健全へと導いてくれます。そのためには、親がしっかりとした食生活ができる環境を整えることです。気づいた時からで大丈夫。子ども達だけでなく親も一緒に食育に取り組みましょう。

本日のカウント
本日の歩数:7,021歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「マッケンジー法」簡単動作で腰痛をすばやく解消! | トップページ | 静岡のおいしい食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/52005061

この記事へのトラックバック一覧です: 食育のすすめ 〜食選力を身につけて体も心も健全に〜:

« 「マッケンジー法」簡単動作で腰痛をすばやく解消! | トップページ | 静岡のおいしい食 »