« 「トキシラズの塩焼きとアスパラの味噌漬け」、そして「黒豚みそだれ弁当」 | トップページ | 「こてっちゃん」、「野菜村」、そして「ゴーヤちゃんぷるー」 »

2011年6月27日 (月)

自由で気ままな車中泊キャンプ

 「北国からの贈り物(北海道グルメ)」より、楽天メール。「甘えび」500gで980円、しかも送料無料♪
http://www.rakuten.co.jp/snowland/410013/1894735/?scid=rm_190841

 今日の仕事は暑かった・・・5,2,6,4,3,1かな。
 仕事で帰宅が遅くなった・・・この時間帯は、道が混んでいるはずがない・・・追い越し車線にトラックが・・・・。そのトラックがいなくなったら、道が空いた・・・もう!!!何とかしてよ!

 ここで、「パコマ」2011年7月号より、「軽キャンピングカー(軽キャンパー)」の紹介♪
 「軽キャンパー」で、日本一周なんていうのもいいんじゃないのかな!?♪
 子育てを終えたシニア世代の夫婦に、軽自動車のキャンピングカー=軽キャンパーが人気。普段使いにはもちろん、車中泊で安く&楽しくアウトドアを楽しむ方も増えてきているとか。今回は、快適生活研究家にしてアウトドアの達人・田中ケンさんご夫婦に、軽キャンパーのメリットを生かした「大人のアウトドア」を体験していただきました。
田中ケンさん
 「アウトドアを取り入れることで生活をもっと快適に」のコンセプトのもと、快適生活研究家として幅広く活動している田中ケンさん。アウトドアをこよなく愛する「ダディーズオピニオン」を設立し、多くの雑誌、テレビなどの出演、企画で活躍中です。また、群馬県北軽井沢にあるキャンプ場「outsideBASE」も運営し、各種イベントでもひっぱりだこだ。
夫婦水入らずのキャンプ。のんびり過ごす『気楽なアウトドア』で、軽キャンパーを活躍させる
 子どもが大きくなって手を離れると、夫婦水入らずの時間が増えてきます。田中ケンさん夫婦も、そんなシニア世代の入り口にいる二人。仕事でもあり、夫婦共通の趣味でもあるアウトドアでも、数年前とは楽しみ方が変わってきた、といいます。
 「子どもが小さいうちは、キャンプに出かけると、どうしても子ども中心のスタイルになって、あれもこれもと遊びまわりますよね。それはそれで楽しいんですよ。でも、今、妻+二頭の犬とアウトドアに行くようになって、『ラクできるところはラクする』という、いってみれば『大人のアウトドア』を楽しむようになりました」と話すのはケンさん。
 「二人でキャンプのときは、じっくり会話する貴重な時間なんですよ。家だとテレビもいつもついているし、なかなかちゃんと話せないんで」と、水入らずのアウトドアの魅力を教えてくれたのは治美さんです。
 そんな二人が向かったのは千葉県・勝浦のキャンプ場。手軽にアウトドアを楽しめる軽キャンパーの使い勝手のよさを確認しながら、充実の一泊二日を過ごしました。
実感 軽キャンパーのココが便利!
便利その①財布にやさしい!
 軽自動車だから燃費はいいし、有料道路の通行料も安上がり。浮いたお金でお土産代もでちゃう(!?)購入資金のみならず、税金など維持費も節約に。
便利その②小回りがきく!
 コンパクトなので、大型のキャンピングカーでは入れない狭い路地にも入って行けるし、Uターンや車庫入れなどでは変なプレッシャーを感じることもない。
便利その③荷物がたっぷり持っていける
 ワゴン車以上に荷室の容量は大きい。今回は、犬用ケージから、空気でふくらませるゴム製のカヤックや大きなスクリーンタープまで持っていくことにしたけれど、余裕で積み込み完了。「軽なのに、こんなに積めるんだ」とケンさんもビックリ。
便利その④二人がゆっくり寝られる
 足を伸ばして横になれるスペースがあるのは、大きなメリット。これなら、窮屈な場所で寝ることによるエコノミークラス症候群とは無縁でしょう。

田中ケンさん流サイトを楽しむコツ
 「大人のアウトドア」を満喫するには、なるべくラクで便利な空間をつくることが大事。
 「たとえばタープは別のお客さんの視線を避けられるスクリーンタープがおすすめ。外に出してあるテーブルや椅子などを、夜中、中にしまっておけるという利点もあります。調理台も、テーブル兼用ではなく、別に用意したいです。テーブルで調理すると腰をかがめることになるので、あとで腰痛になるから」とケンさん。でも、この調子でものを持っていくと、際限なくなりそう・・・。
 「いやー、それで快適になるのだったら、荷物が増えるのを恐れることはないと思います。軽キャンパーなら、荷物はたっぷり詰めますから」
コツその①車とタープ間の動線を確保
 「車の荷室のドアと、タープの出入り口をできるだけ近づけるように設営すると、人の出入りやものの出し入れがラクになるんです」
コツその②便利だと思うものは積む!
 「少なくする分にはいくらでもできますけど、快適にって考えるといろいろ持っていきたいですよね」
コツその③二人で作業、で設営時間を短縮
 手間がかかる作業も二人ならあっという間に完了。
コツその④外での昼寝スペースも
 昼寝を快適にしてくれるローコット。「下が砂利だと痛がる、犬の居場所としても最適です」
夏の車中泊を快適にする工夫
 夏の暑さを避けるには、当たり前ですけど、涼しい場所に行くことです。で、車は木の枝の下など日陰になるところに置きましょう。ただ、崖のそばや、川のすぐ近くは避けた方がいいですね。
 夏の車中泊での意外に大きな問題は、結露です。窓の下側に水がたまるので、予防のために、就寝前にタオルを置いておくといいですよ。
車中泊キャンプに忘れずに持っていこう
・シュラフ(寝袋)
 夏の車中泊とはいえ、軽装で眠るのは禁物。温度調節が可能なものを選びたい/コールマン・ジャパン(株)
・電池式ランタン
 車内や室内に持ち込むためには倒しても発火しない電池式が安心/コールマン・ジャパン(株)
・予備のガソリン
 アウトドアでは、ガス欠に備え、予備のガソリンを携行缶に入れていくと頼りになる/大自工業(株)
・冷却アイテム
 熱中症予防に、保冷アイテムや冷却スプレーは必須/大作商事(株)、(株)ドウシシャ
・ヘッドライト
 夜の野外では、ヘッドライトをつけて、両手が自由になるようにしておきたい/コールマン・ジャパン(株)
・折りたたみ式タンク
 水タンクやバケツは、車内では意外にかさばり、スペースをとる。折りたたみ式ならすっきりしまっておける。
演出 炎の光で夜を堪能 大人のキャンプをじっくり楽しむ
 夕食後は、会話の時間。タープの中では、優しい火がロマンチックなガスランタンをともして。
 空気の澄んだキャンプ場での夜は、星を見るのも魅力のひとつ。たき火の脇で、星座早見盤を手に、星座探しに。
雨が降っても大丈夫!火起こしのコツを伝授
①カップ飲料などの使い捨ての容器にホワイトガソリンと、丸めた紙を入れる。
②たき火台に置き、容器との間に空間をもたせながら、まきを組み上げる。
③紙に火をつける。水平に火が出るミニバーガーが役立つ。簡単に着火する。
④「燃えたあとのコップは分別して捨てればいいから片付けも楽」

なにより自由さがいい!
 「アウトドアのよさは、時間が決められていないこと。旅館やホテルに宿泊するのとは違い、好きなときに遊んで、好きな時に食事ができる」
 ケンさんが一番好きという遊びはカヤックやカヌー。朝は波が少ないので、食事をするよりのんびり海の上を漂う時間に使いたいといいます。
 「釣り好きの人やバードウォッチング愛好者、自然写真を趣味にしている方々も多分、時間を自由に使いたいという思いは同じだと思います。その点で、気軽にいろいろな場所に行けて、気持ちよく車中泊ができる軽キャンパーっているのはいいものだなあ、と感じますね。
キャンプ場の周辺を遊び回る 早朝から活動的に
遊びその①地の食材の買出しに
 車に乗って、有名な勝浦朝市へ。魚介類と野菜などが安い、安い!
遊びその②入江でカヤックに乗る
 海なら入江、山なら川や湖、と、田中さん夫妻のキャンプでは、早朝のカヤック遊びが欠かせない。夫と妻の両方が楽しめるスポーツがあれば、アウトドアに行く機会も増えるはず。
 海では、海水で空気が冷やされ、カヤックがしぼむので、パンパンに空気を入れておく。
遊びその③手に入れたばかりの食材で朝ごはんを
 本日のメニューの主役は、豆アジの炊き込みご飯。ごま油と醤油の味を、しっかりときかせる。
 ダッチオーブンはツーバーナーで。フタの上にも火のついたマキを置き、上下から火を入れる。
遊びその④ワンちゃんもお散歩へ
 ご飯が炊けるまでの時間を利用して愛犬たちとウォーキングを楽しむ。
厳選 軽キャンパー 人気の車、紙上カタログ
・かるキャン ルーミー
 荷室を操作すると、まるで小さな家のような姿に変身。内部は大人二人が余裕で横になれる広さ。キッチンキャビネットなどがあるタイプもあり。
 荷室の横面が屋根になり、スペースもグンと広がる/コイズミ
・スバル 旅人(たびと)
 ワンボックスの軽キャンパー。荷室後部にテーブル兼床になるボックスを設置し、寝るスペースを十分確保する/富士重工業
・タウンボックス キャンパー
 幅880mm、長さ1830mmのベッドスペースを確保。ポップアップルーフを開くと、室内でも立って着替えなどができる/三菱自動車

ACNオートキャンプin勝浦「まんぼう」
 外房の海遊びが堪能できるキャンプ場。オートキャンプ35台、バンガロー6棟、移動式バンガロー2台収容。
 シーカヤックツアーなどイベントも実施している。
問合せ:千葉県勝浦市松部1910
TEL 0470-73-9573

「軽キャンピングカーで行こう!」
http://kcamp.gozaru.jp/

本日のカウント
本日の歩数:9,842歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「トキシラズの塩焼きとアスパラの味噌漬け」、そして「黒豚みそだれ弁当」 | トップページ | 「こてっちゃん」、「野菜村」、そして「ゴーヤちゃんぷるー」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/168928/52059310

この記事へのトラックバック一覧です: 自由で気ままな車中泊キャンプ:

» 確認しておきたい重要なこと [東日本大震災に関する重要な情報]
2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により各地で様々な被害が発生しております。 震災被害に遭われた被災地の皆様、被災者家族の皆様の 役立ちそうな情報をまとめてみました。 [続きを読む]

受信: 2011年6月30日 (木) 20時30分

« 「トキシラズの塩焼きとアスパラの味噌漬け」、そして「黒豚みそだれ弁当」 | トップページ | 「こてっちゃん」、「野菜村」、そして「ゴーヤちゃんぷるー」 »