« 宝くじを納める場所・・・ | トップページ | 生ジュースを飲んで、美肌&スリムアップ »

2011年5月 6日 (金)

<味ある記>甘夏 かんきつ類多様化の先駆け

 今日は立夏、もう夏なのか。
 まだ、体調が悪い・・・体調が悪いが、頑張って出勤・・・もう死ぬかと思った・・・↓↓↓
 これじゃあ仕事にならない・・・かかりつけの病院にやっているか電話をしてみた。やっているということなので、仕事を10時半に終わり、有休を取り、病院に向かう。
 病院の駐車場の車止めにタイヤをぶつけて、車を止めたという感じ・・・。連休明けで待合室は混んでいた。受付で体調がすぐれないことを訴え、ベッドを用意してもらう。
 寝ているとやがて診察。「胃腸炎」の診断。点滴「ラクテック注 500ML」「ネオプラミール注射液10mg 0.5%2ML」を打ってもらう。
 「ミヤBM錠」「フォリクロン錠5 5mg」と頓服薬「カロナール錠300 300mg」を処方してもらい、1,400円支払い帰宅。

 あれっ!?喉が痛い感じがする・・・風邪なのかも???

 布団にくるまって過ごす。点滴を打ってもらったので、体がだいぶ楽になった。夕方、自転車を持ちに行く。ペダルの軸を直して2500円也。ベアリングが壊れていたようだ。

 夕方、メールチェックと、5/2からのblogの更新。頑張ったけど、昨日までの分までしかできなかった。
 しばらくメールをチェックしていなかった。受信ボックスが一杯になっていた。チェックが大変!

 禁酒が4日目だね。というかお酒を飲む気にならない・・・。

 ご飯をあまり食べれないと、喉が渇く。無性に「甘なつ」が食べたくなった。昨日のテレビでアマナツのことをやっていたんだよね。
 そういえば、2011年4月16日の朝刊に「<味ある記>甘夏 かんきつ類多様化の先駆け(熊本県芦北町)」が載っていた。
 九州新幹線の新八代駅(熊本県八代市)から南西に約20キロ。八代海の海岸近くまで小さな山が迫り、平地が少ない「田浦」という地区がある。2005年に芦北町と合併するまでは田浦町。ここは、「甘夏」の全国有数の産地だ。
 山の斜面の道で、有限会社・鶴田有機農園会長の鶴田志郎さん(69)が指さしたのがレモンの木。鶴田さんの先祖が1900年に田浦に持ち込んだ。
 「貧しい寒村だった。平地が少なく、米の栽培には不向き。それで、かんきつ類の栽培が始まった」。鶴田さんは、甘夏の歴史を語る上でキーマンだ。
 転機は49年に訪れた。鶴田さんの父である源志さん(故人)らが、大分で発見された夏ミカン「川野夏橙」の枝変わり(突然変異種)を田浦に持ち込んだ。「大分で子どもたちが、1本の木だけから夏ミカンを取って食べていた。それをもとに育てて改良したのが甘夏」
 59年には源志さんらが東京に初めて甘夏を出荷。その後、各地にも販路を広げた。今ほど、晩かん類(主に春先に出回るかんきつ類)が多くない時代。さわやかな甘さと香り、適度な酸っぱさが魅力の甘夏は大ヒット。田の字を○で囲んだマルタ印でブランドが有名になり、田浦町は日本一の産地になった。
 傾斜地が多いことや冬も温暖であることが甘夏の栽培に適していた。70年代が甘夏の全盛期。「農家の利益が大きく、豊かな町になった。農家以外の人も山の斜面に競って甘夏の木を植えた」。周囲の市や町でも甘夏が栽培され、「熊本県の甘夏」は全国で有名になった。
 しかし、80年代から甘夏は下降線をたどる。品種が多様化し、「愛媛県のイヨカンとの競争に負けた」と鶴田さん。
 田浦を含む熊本県で今、一番多く栽培されている晩かん類は「不知火」という品種。JAが商標登録を取った「デコポン」という呼び名でよく知られる。それでも甘夏は今も栽培され続ける。「少し見直される機運もある」という。
 鶴田家のパイオニア精神は鶴田さんも受け継ぐ。72年から、環境保全に配慮した有機農業に本格的に取り組み、今では同じ生産方式の全国の生産者らで、東京に「株式会社マルタ」を運営している。マルタが一括して販路を開拓。「モグラ堆肥」という名の有機肥料を提供し、グループの生産者らの指導もしえいる。
 本家の鶴田有機農園は、田浦のあちこちに農地を持つ。面積は合計11ヘクタールで、今も新しい農地を造成中。甘夏、デコポン、ハルカ、セトカ・・・。さまざまな品種の出荷作業に、晩かん類の多様化の歴史を肌で感じた。

http://www.maruta-mogura.co.jp/
<メモ>
 ゼリーやプリン、缶詰などの甘夏の加工品を「JAあしきた」が製造。田浦地区にある「道の駅たのうら」などで、デコポンの加工品などとともに販売されている。観光旅行のお土産にぴったりだ。商品の一覧は道の駅たのうらのホームページに掲載されている。

http://www.otachimisaki.com/station/top.html

本日のカウント
本日の歩数:4,118歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 宝くじを納める場所・・・ | トップページ | 生ジュースを飲んで、美肌&スリムアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <味ある記>甘夏 かんきつ類多様化の先駆け:

« 宝くじを納める場所・・・ | トップページ | 生ジュースを飲んで、美肌&スリムアップ »