« 認知症は怖くない⑤ 認知症予防のためにできること | トップページ | 「細矢農園」の卵、「天竜膳三好」さくらどんこ弁当、そして「あなごめし」 »

2011年5月21日 (土)

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 昨夜は、「パブロンS」を飲んで7時に寝たが、今朝は朝7時に起床。12時間も寝てしまった・・・ちょっと疲れているのか、風邪がひどいのか・・・。まだ、風邪が治っていないな・・・。
 それにもめげず、「JRさわやかウォーキング」に出かけることにする。朝食を済ませ、先日買った「パブロン ゴールドA」を飲み、駅に向かう。
 8時20分過ぎに弁天島駅に到着。マップをもらってウォーキングスタート。
 浜名湖の東の玄関口である舞阪は、東海道30番目の宿場で「脇本陣」「北雁木」等の史跡も多く、文学碑・寺社等見どころも豊富です。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「弁天神社」到着。お参りをする。
 宝永6(1709)年、渡し舟の安全を祈願して建てられた弁天島の守神です。境内には天女の松があり、子宝、縁結び、水難除け、商売繁盛、などの神として地元の人たちに親しまれています。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「北雁木(きがたんげ)」到着。駐車禁止のはずなのに、車がたくさん止まっている。
 雁木とは階段状の石畳を敷き詰めた渡船場で、舞阪には当時あった3つの雁木のうち、地位の高い大名や幕府役人が利用したのがこの北雁木で、本(中)雁木・南雁下は武家・旅人・荷物の運搬などに利用されました。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「舞阪漁港」では「えんばい朝市」をやっている。5/21、6/18、7/16.8/20の7:30~の開催だ。
 「生しらす」「海産物」を販売しているとことは行列ができていた。
 舞阪漁港は浜名湖の市場で一番大きな漁港で5月から8月の第3土曜日(本日)に、獲れたて生しらすをはじめ、新鮮な海の幸、里の恵みを販売する「えんばい朝市」が開催されます。「えんばい」とは、舞阪周辺の漁師が、漁獲物を皆で分け合い、家庭で食べたり、親戚縁者や隣近所に振舞ったりした、昔からの風習をいいます。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「岐佐神社」到着。お参りをする。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 船着き場沿いを歩く。漁船がたくさん停泊している。
JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 業務用の「ジョレン」が干してあった。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「舞阪灯台」通過。
 舞阪灯台は、昭和39(1964)年4月21日に設置点灯されました。灯台が高く光度も大きいので光が遠くまで届き、遠州灘を航行する船舶の安全のために沿岸灯台として、貴重な役割を果たしています。
JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「あさがお」のような花がたくさん咲いている。何という花なのだろう?

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「旧東海道松並木」通過。
 慶長9(1604)年徳川幕府が整備のために、松や杉を植えさせたのが始まりで、正徳2(1712)年には、道の両側の堤に約1,400本の松が植えられていました。現在約700mにわたって大小約390本の松並木が続いています。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「見付石垣」通過。
 江戸時代中期ごろ構築。舞阪宿の東の入口に位置し、「見付」は見張り所にあたり、諸侯の通行の際などには、石垣の横に番人が立ち、人馬の出入りを監視するとともに、治安の維持にあたった。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 一里塚跡もあった。旧東海道でお茶などをサービスしたり、休憩用にイスを用意したりしてくれている所があった。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 舞坂(舞阪)宿脇本陣」到着。
 舞坂宿は江戸から30番目の東海道の宿場町として栄え、旅をする大名、公家、幕府役人などが宿泊、休憩する施設を本陣といい、脇本陣とはその補助的なもの。普段は旅籠屋を営み、大通行で本陣の利用が重なった時などに代用されました。この脇本陣は、旧東海道で唯一残された遺構を復元したもので、贅をつくした客室や漆塗りの湯殿や厠などが当時の様子を今に伝えています。

 そして、ゴール。約8kmのコースでした。

 午後から、サッカー観戦の予定だ。そのまま、磐田に向かう。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 この辺(舞阪駅の南側)には、昔「持ち帰り寿司」があったと思うが、今はない。

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 昼食は、「すき家」の牛丼280円のところ250円也。
JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 「すき屋」って、女性客も多いのですね。
http://www.sukiya.jp/

JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 遠鉄百貨店の地下で「<天竜膳三好>さくらどんこ弁当」950円を売っていた。これって食べてみたいんですよね。
天浜線の駅弁
 さくらごはんの上に天竜産しいたけとうなぎの蒲焼をのせた天浜線天竜二俣駅の新名物です。
天竜浜名湖鉄道

http://www.tenhama.co.jp/
天竜膳三好
http://www.t-miyoshi.com/kisetsu/index.html

 12時半前にスタジアムに着いてしまった!
JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 ゴール裏の「(株)魚政」で「ジュビロ弁当」700円を売っていた。興味があったが、我慢することにする。
・シャケ
・カツ弁
静岡県袋井市春岡199
0538-49-0115

http://www.its-mo.com/c/%EF%BC%88%E6%A0%AA%EF%BC%89%E9%AD%9A%E6%94%BF/DIDX_DKE,3206077/

 日陰でうとうととうたた寝をし、キックオフの30分前に席に着く。
JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」

 やがてキックオフ。
 選手たちは、前半の動きはよかったのだが、後半の動きが悪かったね。
 電車に乗り、帰路に着く。
 トイカの残額:10円

 帰宅途中、「杏林堂」に寄り、「明治ブルガリアヨーグルト」138円、「タカノ おかめ納豆」68円を買う。

本日のカウント
本日の歩数:25,809歩
(本日のしっかり歩数:13,716歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 認知症は怖くない⑤ 認知症予防のためにできること | トップページ | 「細矢農園」の卵、「天竜膳三好」さくらどんこ弁当、そして「あなごめし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JRさわやかウォーキング「舞阪の史跡と潮風を満喫」、そして「サッカー観戦」:

« 認知症は怖くない⑤ 認知症予防のためにできること | トップページ | 「細矢農園」の卵、「天竜膳三好」さくらどんこ弁当、そして「あなごめし」 »