« 2月の食材「鰆」「グリーンピース」「金目鯛」 | トップページ | 「小鼓」、「マリー シャープス」、そして「えび千両ちらし」 »

2011年2月 5日 (土)

「第4回西区まつり」、「牡蠣カバ丼」

 「海鮮工房 礼文島の四季」より、楽天メール。「なべこわし(カジカ)」(トゲカジカ:カサゴ目カジカ科カジカ属)の案内。
http://item.rakuten.co.jp/rebun/bcn
 「ハクダイ食品グルメ村」では、「ハリハリ鍋」の案内だ♪
http://item.rakuten.co.jp/hakudai/600576
 「いとうファーム」より、楽天メール。「くらかけ豆」って何だ???
http://item.rakuten.co.jp/itoufarm/kurakake

 ふと思った。何日か前にテレビで「マンボウの刺身」をやっていた。なんとなく食べたくなったよ~!

「第4回西区まつり」、「牡蠣カバ丼」

 今日は、「第4回西区まつり」。開始は9時だが、朝、テレビを見ながら朝食を採り、出かける。会場の近くの信号がちょっと渋滞していた。
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/ward/nishiku/info/maturi.htm
http://www.at-s.com/bin/even/even0030.asp?event_no_i=K609884725
 9時半ちょっと前、会場に到着。駐輪場に自転車をとめる。入口まで芝生の上を歩いていく・・・と、入り口の所にも小さいながら駐輪場があるじゃないか・・・これからここに来たら、入り口近くの駐輪場にとめることにしよう。
 もうすでにだいぶ混んでいる。ステージのイベントもあるが、出店が人気だ。
 「舞阪養かき組合」の「焼き牡蠣」2個100円には長蛇の列ができていた。美味しそうだが、列が長いので止める。
 「すっぽんスープ」200円も列ができていた。
 「のり炙り体験」が無料だったのでやる。七輪で海苔を炙るが、自分のやったものが焦げでしまったらしく、もうすでに焼いたものに代えてくれた。醤油を付けて食べると美味しかった。
おいしい舞阪まるごと体験レシピ」をもらった。
 冬の舞阪は、おいしいものがたくさん!!旬の味覚に自宅でチャレンジ!!
【カラ付き牡蠣の食べ方】
※レンジを使用する場合
①お皿にカキを並べる。(ふくらんでいる方を下にする。)
②レンジでチン☆ラップをゆるくかけてね。
 1個→1分
 2個→3分
 5個→7分
③完成・・・少ししか(5ミリくらい)口があいていない。
④さあ、食べるぞ!!
 ナイフをカキの殻の開いたところへ入れて、上ガラの内面に沿うように貝柱を切ります。(洋食ナイフでOK!)
 やけどをしないように、カラで手を切らないように、手袋をして。
 上ガラをはずす。
 お好みで、レモンorしょうゆをかけます。
※使わないお鍋やフライパン、お菓子のカンでも、フタをして5~6分火をかければできるんだよ!!
(カラのカケラが飛んであぶないよ)
【混ぜ海苔の食べ方】(ぶち海苔)
そのまま食べると・・・ちょっと磯臭い?しけってる?・・・まぜのりは炙って食べるんだよ。香りが出てパリパリしておいしくなるよ♪
『こんな器具であぶってみよう!!』
1 炭火
2 電熱器
3 ガスコンロ(都市ガスは臭いと水分があるので20cmくらいはなしてあぶってね)
①海苔を2枚、表と表を合わせてカドから順番に炙る。
(海苔の、表はツルツル、裏はザラザラ)
②次に全体を。
 焦がさないように気を付けて。
 仕上げは近づけて、さっとあぶる。
④全体が深緑色になったらOK!
 お好みでしょうゆをつけて。

「第4回西区まつり」、「牡蠣カバ丼」

 「全国新ご当地グルメ選手権」全国2位の「牡蠣カバ丼」も出ていた。800円也。若干列ができていた、
 食べたい気もしたが、朝ごはんを食べたばかりだったので、お腹がそれほど減っていず、断念。
 日本テレビ”スッキリ”「全国新ご当地グルメ選手権」に名乗りを上げた、浜名湖牡蠣カバ丼♪
 隠れた名産品の浜名湖で捕れた牡蠣を、蒲焼きのタレで味付けしました。浜名湖の看板メニューの仲間入りをした話題の浜名湖牡蠣カバ丼は、お口いっぱいにひろがる極上なプリップリの牡蠣と浜名湖産の海苔、そして鮮やかな色合いと味のアクセントに三ケ日みかんの皮を使いました!!
 地元の食材を使い「これぞ浜名湖!!」と叫びたくなるこの一品を、自信を持ってご案内します。
 浜名湖の景色と共に浜名湖の新名物をご堪能あれ!!
食材は!もちろんご当地自慢の逸品!
 冬の浜名湖を代表する名物の牡蠣を中心に浜名湖周辺で捕れた素材にこだわりました。
「浜名湖丼研究会」
〒431-1209
浜松市西区舘山寺町1832-1
TEL 053-487-0152
FAX 053-487-0862

https://www.kanzanji.gr.jp/contact/

 「牡蠣カバ丼」については、1月31日の朝刊にも載っていた。
 浜名湖特産のカキを使った「牡蠣(かき)カバ丼」が新たに考案され、今冬から浜松市西区の舘山寺温泉にある食堂などで提供されている。
 ぷりぷりのカキを味付けするのは、ウナギ蒲(かば)焼き用のたれ。浜松特産のタマネギを炒めて一緒にご飯に載せ、さらに浜名湖のノリをまぶし、三ケ日ミカンの皮をすりおろして香り付け。地元食材にこだわった新グルメの評判は上々だ。
 2月末まで8軒の食堂などで味わえる。値段は1000~1500円。
舘山寺温泉観光協会
053(540)1730

http://sago.livedoor.biz/archives/51575215.html
http://www.3535.co.jp/restaurant/shopdetail.php?sid=1
http://sagoromankan.hamazo.tv/

『新名物 牡蠣カバ丼が食べられるお店』
・「湖畔食房 舘山寺園」絶景・絶品を一緒にご堪能♪
 内浦湾がパノラマに臨む事が出来る店内では「これぞ浜名湖!」をお楽しみ頂けます。ウッドデッキ
 1,500円
浜松市西区舘山寺町2229
TEL 053-487-0628
営業時間:11:00~ ラストオーダー20:00
定休日:木曜日

http://www.kanzanjien.net/
・「浜寿し」厳選された新鮮なネタで旬を味わう!
 浜名湖でとれた牡蠣を使った浜寿司でしか味わえない牡蠣カバ丼を是非ご賞味ください。最高のネタでお待ちしえおります。
 1,350円
浜松市西区館山寺町2282
TEL 053-487-1534
営業時間:10:30~23:00
定休日:水曜日

http://www.hama-zushi.com/
・「割烹 松の家」浜名湖の旬の味を熟練の料理人が調理!!
 老舗のうなぎ屋の秘伝のタレを使い美味しく仕上げました。一度食べたらやみつきになりますよ。
 1,365円
浜松市西区館山寺町2306-4
TEL 053-487-0108
営業時間:平日10:30~15:30/17:00~20:30
     土日祝10:30~20:30
定休日:火曜日(月1回月火休み)

http://matunoya.jp/
・「浜松駅前 アクトタワー5階 浪漫館」今まさに浜松はおいしい食材が一杯!
 その代表は浜名湖内でミネラルたっぷりぷりに育った牡蠣カバ丼をご賞味ください。
 1,200円
浜松市中区板屋町111-2 アクトプラザ5F
TEL 053-451-0035
営業時間:昼11:00~15:00
     夜17:00~23:00
 日・祝日は22:30閉店
定休日:年末年始のみ(12月31日、1月1日)

http://www.3535.co.jp/restaurant/
・「割烹旅館 御食事処 日の出」地元リピーターに人気の割烹旅館併設の御食事処
 各種旅行サイトで食事に高評価を受けている、割烹旅館併設の御食事処。当館の牡蠣カバ丼は白髪葱・糸唐辛子をアクセントに味わい深く仕上げました。バス停「舘山寺温泉」目の前でアクセスも抜群。皆様のお越しを心よりお待ちしております。
 1,500円
浜松市西区館山寺町2048
TEL 053-487-0249
営業時間:11:00~15:00
     17:00~20:00
定休日:不定休

http://www.e-hinode.co.jp/
・「喜福」丁寧に厳選した浜名湖産の牡蠣を使い、見た目も味も大満足!
 浜名湖の味わいと一緒に、ほっこり気分も召し上がれ!
 1,100円
浜松市西区館山寺町2222
TEL 053-487-0045
営業時間:平日11:00~23:00
     土日祝11:00~23:30
定休日:不定休

 「知久屋」の「西区オリジナル食楽弁当」限定300食800円も気になったが、11:00よりの発売だった。
 西区の中学生のアイデア(夏休み夢会議)が実現!西区の食材にとことんこだわったオリジナル弁当です。
http://www.chikuya.co.jp/

 帰宅時に、「クックマート」に寄る。「ベイシア」とどちらが安いのだろう?
 「切り出し昆布」100g298円、「バターピーナッツ」100円、「信州ハニーえのき茸」78円、「白ねぎ(根深ねぎ)」2本128円を買う。
http://www.cookmart.co.jp/

 そして、「杏林堂」に寄り、「明治ブルガリアヨーグルト」118円を買い、帰宅。

 午後、ゆっくりしていたら「TFなんとか」の「ムラカワ」と名乗る人より電話があった。「TFGですか?」と確認すると「そうだ」と答えた。そして、「品川」のマンションがどうのこうのと言っている。またまた迷惑電話だ。インターネットで調べてみると「TFG」なる会社はマンションなど経営していないようだ。「TFD」なのではないだろうか?まあ、とにかく迷惑だった。

 午後は、無意味に時間が過ぎてしまった・・・。
 夕方、酒瓶を返しに「酒&FOOD かとう」に行きながら、店を覘く。
自然酒と伝統食品の店 かとう 浜松西」blog
http://slowkato.hamazo.tv/
安全安心!スローフードのお店 酒&FOOD かとう
http://www.slowfood-kato.com/
酒&FOODかとう
http://www.wht.mmtr.or.jp/~sakekato/
 2月4日発売の「大村屋酒造場」の「立春朝搾り」を見に行く。中身は「若竹」のようだ。
 2月4日(金)は立春の日。春の始まりを寿ぐめでたきこの日、朝に搾り上がったばかりのお酒をその日のうちにお手元にお届けするのが〈立春朝搾り〉。今年は全国38蔵元で開催されます。
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=377
純米吟醸生原酒
日本酒度±0 酸度1.4
アミノ酸度 1.1
原料米:吟ぎんが・ひとめぼれ
精米歩合 55%
アルコール度数 17.4
使用酵母:静岡酵母CA-50(静岡県特許申請中)
1800ml 3,150円  
 720ml 1,575円

http://www.shizuoka-sake.jp/report/cent/omuraya_1.html
http://www.oomuraya.jp/

本日のカウント
本日の歩数:11,371歩
(本日のしっかり歩数:4,401歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 2月の食材「鰆」「グリーンピース」「金目鯛」 | トップページ | 「小鼓」、「マリー シャープス」、そして「えび千両ちらし」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「第4回西区まつり」、「牡蠣カバ丼」:

« 2月の食材「鰆」「グリーンピース」「金目鯛」 | トップページ | 「小鼓」、「マリー シャープス」、そして「えび千両ちらし」 »