« 静岡おでん「荷居屋」、「八千代」、そして「三河屋」 | トップページ | 「伊良湖」、「伊良湖ビューホテル」、そして「ベーコンピッツァ」 »

2011年2月18日 (金)

寒天レシピでおいしく元気!「がんばらない健康法」

 今日は、「呉竹荘」で会合。主催は「はままつ産業創造センター」。
http://www.net-hamamatsu.jp/
 会合は予定より長引いた。(勤務時間より約1時間半も長引いた!なんとかしてくださよ!)その後、その飲み会に参加する人、帰る人。
 飲み会は好きなのだが、車で行ったので、自分は、帰る派。
http://www.villa-kuretake.co.jp/

 帰宅は、そんなに混んではいなかったがビックリすること2つ。
 1つ目は、右折レーンに入らずに、走行車線から右折しようとしていた車がいたこと。右折レーンに1台も車はいなかったのだが、走行車線からいきなり右折のウインカーを出し、そのまま交差点で止まってしまった車あり。おかげで走行車線を走っていた後ろの車は直進できず!(右折するなら、右折レーンに入ろうよ!!!!)
 2つ目。坂って、上り坂の車が優先だよね!?・・・上り坂で下ってくる車を待つ羽目に・・・3台ほど先の車が道が狭くなっていてすれ違いできない所で下りの車に道を譲るために止まっている・・・それとも下りの車が上り優先を無視してつっ込んできているので止まっているのか!?

 ここで、寒天レシピでおいしく元気!「がんばらない健康法」
 地域医療に尽力し、かつて脳卒中による死者が多かった長野県を長寿県にした立役者・鎌田實さん(諏訪中央病院 名誉院長)。持論の「がんばらない健康法」とは、どんなものなのか。
 「僕が考案したのは『7悪3善1コウモリの法則』です。ここ数十年、日本の子音は1位ががん、2位心疾患、3位脳血管疾患です。がんはまだ確実な予防法が見つかっていませんが、2、3位は血管の老化に関する病気。つまり、血管を若く元気に保つことが重要なんです」
 鎌田さんがすすめるのが、血管を老化させる『7悪退治(高血圧、肥満、ストレス、脂質異常症、たばこ、糖尿病、通風)』と、血管を卯若返らせる『3善の実践(ニコニコ、運動、食物繊維)』、そして、アルコールは悪にも善にもなる『1コウモリ』と心得る生活で万病を防ぐ方法だ。なかでも、血管を若返らせる食材として注目なのが寒天だ。「寒天が地域の特産品だったことから、健康づくり運動に取り入れようと調べてみると、1g当たりの食物繊維がどの野菜より多く、繊維の王様だということが分かりました」
 食物繊維の利点は、血糖値の上昇・下降をゆるやかにすること。また、寒天は胃や腸で吸収されない性質があるため、腹もちも良く、ダイエットにつながる。さらに、腸内の余分な脂肪を吸着して便とともに出す効果も期待できる。
 「我慢してダイエットするより、適度に食べて幸せホルモンを分泌させた方が、結果として人間は長生きできるんです。美味しいものを食べ、ちょっと食べ過ぎたと思ったら、寒天を利用する。寒天は、『がんばらない健康法』の最高の味方ですよ」
●豆乳寒天
①鍋に豆乳(1.5カップ)と粉寒天(2g)を入れて中火で混ぜ、ひと煮立ちさせたら弱火に。1分ほどよく混ぜて煮溶かす。
②火から下ろしてあら熱をとり、型に入れて冷蔵庫で固める。
③黒蜜ときなこ、しょうゆとショウガなどをかける。
●寒天のキムチあえ
①棒寒天(1本)をたっぷりの水に20分以上つけて戻し、水気をしっかり絞って一口大にちぎる。
②にら(1/2束)をざく切りにし、ボウルに入れて、軽く絞った白菜キムチ(100gほど)とゴマ、棒寒天をさっと和える。

 『がんばらない』(集英社)
 鎌田さんが大経を務める日本イラク医療支援ネットワーク(JIM-NET)は現在、チョコ募金を実施中。北海道・六花亭の協力により、1缶500円のうち350円分が、イラク戦争が原因の小児がんで苦しむイラクの子供たちに医療支援として届けられます。4缶1セットで2,000円。

http://www.jim-net.net/

本日のカウント
本日の歩数:7,214歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 静岡おでん「荷居屋」、「八千代」、そして「三河屋」 | トップページ | 「伊良湖」、「伊良湖ビューホテル」、そして「ベーコンピッツァ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒天レシピでおいしく元気!「がんばらない健康法」:

« 静岡おでん「荷居屋」、「八千代」、そして「三河屋」 | トップページ | 「伊良湖」、「伊良湖ビューホテル」、そして「ベーコンピッツァ」 »