« 「カモネギ」、そして「森づくりボランティア活動に参加しよう!」 | トップページ | <味ある記>晴れの膳を飾る伝統食 鯉の甘煮 »

2011年1月11日 (火)

「鏡開き」、「古本と地方の本 おちこち文庫」

 昨日のテレビ「とびっきり!しずおか」イチケン情報局は、「今年のアナタの運勢は?2011年の静岡を占う」だった。どうやって占っているのだろう?
 今年は、「六白金星」の運がいいらしい。
・占いの部屋 カノン
 TEL:054-271-0355

 「戌」は、昇進の可能性大なそうな。
・占い館サイノス
 TEL:090-8498-4973

http://www.satv.co.jp/program/tobikiri/index.html

 ニュースによると、牛丼チェーン店がセールをやっているらしい。
・松屋 240円
・すき家 250円
・吉野家 270円

 1週間程度のようだ。行ってみるかな。

 「ハクダイ食品グルメ村」より、楽天メール。「くじらのたれ」を食べてみたいものだ。ビーフジャーキーに似たものなのだろうか???
 千葉県南房総に江戸時代から伝わる伝統的なくじらの食べ物です。くじらの肉を手のひらより少し大きめにスライスし、醤油や塩をベースにした独特なタレで一晩漬け、天日で干したもの。簡単に言えばくじらの干し肉。
 軽くあぶって食べます。昔は保存食として、食べられていたようです。昔から伝わるくじらのたれは硬いものですが、現在は厚切りにしたソフトなものがよく売れています。

http://item.rakuten.co.jp/hakudai/559208

 「古本と地方の本 おちこち文庫」というホームページがある。これがなかなかおもしろい。
http://ochikochi.shop-pro.jp/
http://ochikochi.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=464697&csid=0&sort=n
http://ochikochi.shop-pro.jp/?pid=15911107

 それはそうと、今日は1月11日、鏡開きだ。
 鏡開きは1月11日に、お供えした鏡餅を砕いて、雑煮やおしるこに入れて食べる行事です。
 もともとは武家で行われていたため刃物で餅を切るのは切腹を連想させるので避け、手や木槌で割り開いたので、「鏡開き」といわれるようになったそうです。

本日のカウント
本日の歩数:5,999歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「カモネギ」、そして「森づくりボランティア活動に参加しよう!」 | トップページ | <味ある記>晴れの膳を飾る伝統食 鯉の甘煮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「鏡開き」、「古本と地方の本 おちこち文庫」:

« 「カモネギ」、そして「森づくりボランティア活動に参加しよう!」 | トップページ | <味ある記>晴れの膳を飾る伝統食 鯉の甘煮 »