« ペダルを回して足の筋肉を若く保つ「自転車健康法」 | トップページ | らーめん工房 ほうえい »

2010年8月26日 (木)

<味ある記>まさかのゴボウ 大ヒット まさカリー

 「サッポロ」より、メール。
 「クリーミーホワイト」というのが発売されるらしい。
http://www.sapporobeer.jp/creamywhite/campaign/
 「冬物語」がことしも発売されるようだ。
http://www.sapporobeer.jp/fuyumonogatari/campaign/
 「満天★青空レストラン」を見て、クイズに応募するとビールが当たるらしい。
http://www.sapporobeer.jp/sapporo_enq/0002/index.html

 テレビで「Big Boy」の宣伝をしていた。行ってみたいものだ。
http://www.bigboyjapan.co.jp/index.html
 「BRONCO BILLY」も行ってみたいけどね。
http://www.bronco.co.jp/

 今日は「KALDI」に行く。「HONEY ROASTED PEANUT」(ハニーロースとピーナッツ)が398円、「ED&DON'S Macadamia Nuts」(エド&ドンズ マカデミアナッツチョコ)が387円のところ、さらに10%引きで、それぞれ358円と348円で、合計706円。これも円高のおかげかな?
http://www.kaldi.co.jp/
<味ある記>まさかのゴボウ 大ヒット まさカリー

「HONEY ROASTED PEANUT」(ハニーロースとピーナッツ)
内容量 453g
原産国名 アメリカ合衆国
輸入者 株式会社オーバーシーズ
東京都世田谷区代田2-20-6
<味ある記>まさかのゴボウ 大ヒット まさカリー

「ED&DON'S Macadamia Nuts」(エド&ドンズ マカデミアナッツチョコ)HAWAII
Chocokate Covered Deluxe Whole Macadamia Nuts
NET WT 50Z (141,7g)
ED & DON'S of Hawaii, Inc
Honolulu, Hawaii 96818 USA
原産国名 アメリカ
輸入業者 有田商事株式会社
横浜市神奈川区西寺尾4-24-18
TEL 045-432-2843

■*:.━.:*■*:.━.:*■*:.━.:*■*:.━.:*■*:.━.:*■*:.━.:*■

 ここで、7月の朝刊より、<味ある記>まさかのゴボウ 大ヒット まさカリー(神奈川県足柄上地域)
 ♪まーさかり かーついで きーんたろうー-と童謡でなじみのある「足柄山の金太郎」。
 桃太郎、浦島太郎と並び知名度が高い伝説の主人公にあやかり、神奈川県足柄上地域の南足柄市と五町(中井、大井、松田、山北、開成)が「まさカリー」を売り出し中だ。
 地元産のお茶を食べて育った足柄牛や、一見合いそうにないゴボウのぶつ切りが入るのが特徴。トマトをふんだんに入れたルーはまろやかだ。
 まさカリー開発は、NPO法人「金太郎プロジェクト推進委員会」の町おこし「プロジェクトAX(アックス=まさかり)」の一つ。推進委の母体は、足柄上地域の商店主らが二〇〇七年に結成した。
 きっかけは「商店街の振興策を」という行政側の要望だった。だが、この地域にある大手メーカー工場からの税収が最近落ち込み、商店街のみならず地域全体に影を落としていた。
 推進委の理事長で、かまぼこ会社社長の佐藤修一さんは「地域経済を足腰強く立て直すべきだ」と、地域全体が元気になる策を考えようと行政側に逆提案した。
 目指したのは観光振興。ハイキングコースとして人気の大雄山や、湯治施設などの素材に加え、観光客をもてなす「食」の名物を作ろうと考えた。南足柄市にある金時山で育ったといわれる金太郎も地元の素材。「地域を強くする象徴として、クマと相撲をとった金太郎はうってつけ」。「まさカリー」と、名前だけはすぐに決まった。
 頭を悩ませたのは材料。足柄牛を採用することはすんなり決定した。「でも地牛のカレーなら、どこにでもある」。佐藤さんは、カレーで全国的に有名な隣の箱根町にある富士屋ホテルの村中伸吉総料理長を口説き落とし、レシピを考えてもらうことにした。
 金太郎の資料も読みあさり、金太郎(=坂田金時)の息子の金平(きんぴら)が、きんぴらごぼうの名の由来になったと知った。「ゴボウも入れよう」と村中料理長に相談すると「意外に面白いのでは」。「やったー! と思った瞬間だった」と佐藤さん。
 一昨年、まさカリーを指定飲食店で提供し、まさカリーパンの販売も始めた。ポット状にくりぬいたパンに、まさカリーを詰める「まさカリー 黄金(きん)のポット」、コロッケなど商品を拡大。まさカリー目当ての観光客も増え、昨年の経済波及効果は七千万円。足柄牛販売・卸会社(同県小田原市)の二宮慶晃社長も「足柄牛の知名度が上がった」と喜ぶ。
 昨年、推進委などが公募したPRキャラクターの「キンタローマン」が全国的に人気を集め、ヒーローショーも計画する。
 まさカリーは9店舗で提供。800円前後。問い合わせは、金太郎プロジェクト(佐藤修商店内)=電0465(74)7575。

http://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2010062602000073.html

本日のカウント
本日の歩数:5,565歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« ペダルを回して足の筋肉を若く保つ「自転車健康法」 | トップページ | らーめん工房 ほうえい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <味ある記>まさかのゴボウ 大ヒット まさカリー:

« ペダルを回して足の筋肉を若く保つ「自転車健康法」 | トップページ | らーめん工房 ほうえい »