« <味ある記>伝説再来の願いを込めて かっぱめし(山梨県富士河口湖町) | トップページ | 「天狗」、そして「六花亭」 »

2010年7月28日 (水)

「江戸一」、そして「モロヘイヤ」

江戸一
 今日の昼食は「江戸一」にて、焼肉とお寿司の食べ放題。1,050円なり。インターネットからソフトドリンクのサービス券を印刷して行ったので、ソフトドリンクも飲み放題!
江戸一

 朝から外に出ていて、喉が渇いていたので、ひたすらソフトドリンクを飲む。そして、お寿司と焼肉をひたすら食べる・・・味は、食べ放題の味だね。
 メニューは他にも、アイス、フルーツ、ケーキ、揚げもの、カレー、うどんなどいろいろあった。
 パスポートをくれたので、これからこれを提示するとソフトドリンク飲み放題。さらに、帰宅の時、割引クーポンをくれた。100円引きになる。
http://www.edo-ichi.jp/

 帰宅して、クリーニングに行く。しばらく行っていなかったので、クリーニングする予定のものにカビが生えていた。梅雨のせいだね。
http://www.white-ex.co.jp/

 スーパーに「Karimero」をもらいに寄ったら、最終金曜日に発行されるらしい。しょうがないので「PaKoMa」をもらって帰る。

 夕方は、この間買った「トンボマグロ」で一杯。

 ここで、日曜日の新聞より、「モロヘイヤ」。
 モロヘイヤの含まれる栄養は、いずれも野菜の中ではトップクラスです。暑い国が原産で、夏が旬ですから、この時季にせっせと食べましょう。最近では産直販売などでも、鮮度の良いものがよく売られています。ゆでてたたくと粘りが出てきますが、同様に粘りのあるナガイモ、メカブと混ぜて免疫力をアップさせ、滋養強壮効果のの優れた肴を紹介します。
 ニンジン以上あるというモロヘイヤのβカロテンは油と組み合わせて、吸収率が高まります。ここでは油で揚げた豆腐を使います。
①1人前、モロヘイヤ1/3束、ナガイモ3cm、メカブ一握り(あるいは乾燥切りメカブ)、生揚げ半分
②生揚げはじっくり両面を焼く
③モロヘイヤは、サッとゆでて葉だけを細かくたたく
④メカブはゆでてみじんにたたく。乾燥メカブなら戻して細かく刻む
⑤ナガイモは皮をむき、ふきんかキッチンペーパーに包み、すりこぎなどで5mm角程度につぶす(食感を楽しむためにおろさない)
⑥モロヘイヤ、メカブ、ナガイモを混ぜ、おろしショウガ少々、しょうゆを加え、焼いて八等分した生揚げにかける。

本日のカウント
本日の歩数:8,318歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:1膳
本日の餃子消費量:0個

|

« <味ある記>伝説再来の願いを込めて かっぱめし(山梨県富士河口湖町) | トップページ | 「天狗」、そして「六花亭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「江戸一」、そして「モロヘイヤ」:

« <味ある記>伝説再来の願いを込めて かっぱめし(山梨県富士河口湖町) | トップページ | 「天狗」、そして「六花亭」 »