« 経木(きょうぎ) | トップページ | <味ある記>湘南ゴールド(神奈川県小田原市) 香りさわやか 期待の“新人”、「「出羽ノ雪」 »

2010年5月27日 (木)

野菜の免疫力アップ「人参ジュース健康法」

 「お惣菜通販-小豆島お肉の山下屋」より、楽天メール。「キーマカレー」のオークション!
http://sa.item.rakuten.co.jp/yamashitaya/a/a-0089-1-1

 キリンビールより、「キリンラガービールか一番搾り1ケース当たる!」
http://www.kirin.co.jp/mm/pr/100502/authorization/index.html

 「松尾ジンギスカン」の、ぞろ目オークションも面白い!
http://sa.item.rakuten.co.jp/matsuo/a/10000788

 朝一杯のニンジンジュースが、健康維持にとても役立つという。
 イシハラクリニック院長の石原結實先生は、次のように言っています。
「現代人は、タンパク質や炭水化物、脂肪を摂り過ぎています。その一方で、ビタミン、ミネラルが不足している、いわば栄養過剰の栄養失調状態です」
 おなか一杯食べることに問題あり。食べ過ぎは、免疫力にとってもマイナスだという。
「血液中に栄養分がありすぎると、免疫力はうまく働きません。実は空腹時こそ免疫力が上がるときなんです。
 そこで石原先生が勧めるのがニンジンジュースだ。ニンジンには、生命にとって必要なミネラル、ビタミンが豊富に含まれ、根菜なので、体を温める作用もある。上手な飲み方は、ニンジンジュースを朝食代わりにすること。これによって過食を防ぎながら、ミネラル、ビタミンを大量に摂取し、かつ免疫力を高めることができる。朝食を軽くすると、消化に使っていたエネルギーが排泄に回り、便秘やむくみの解消の効果もあるという。
「昼食や夕食で減食するのは努力がいりますが、朝食をニンジンジュースにするのは楽ですし、いろいろな野菜をアレンジするのも楽しいですよ」
 ジュースの栄養分は時間とともに失われるため、ジューサーを使った搾りたてを飲むのがベスト。ミキサーは繊維分がジュース内に残り、そこに栄養分が付着して吸収を妨げるので、ビタミン、ミネラルを摂取するためにはジューサーがいいという。また、皮と実の間に動脈硬化を防ぐポリフェノールが多く含まれるため、たわしでよく洗って、皮はむかずに使用したい。
【ニンジンジュースの作り方】
①ニンジン2本400gをたわしでよく洗い、皮はむかずに、適当な大きさに切る。
②リンゴ1個も同様に、たわしでよく洗い、皮をむかすに適当な大きさに切る。
③ジューサーを使ってニンジンとリンゴを生ジュースにして、朝食代わりに飲む。冷える場合には、人肌程度に温めて。
<症状・体調に合わせてプラスしたい野菜>
・キャベツ→胃潰瘍、胃もたれに
・玉ねぎ→糖尿病に
・生姜→冷え性に
・セロリー→血栓症に

本日のカウント
本日の歩数:11,460歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 経木(きょうぎ) | トップページ | <味ある記>湘南ゴールド(神奈川県小田原市) 香りさわやか 期待の“新人”、「「出羽ノ雪」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野菜の免疫力アップ「人参ジュース健康法」:

« 経木(きょうぎ) | トップページ | <味ある記>湘南ゴールド(神奈川県小田原市) 香りさわやか 期待の“新人”、「「出羽ノ雪」 »