« ホルモンバランス | トップページ | <味ある記>鴨ネギ鍋(埼玉県越谷市) ブランドつくり まちづくり »

2010年2月28日 (日)

「キャベツ」「玉ネギ」

 今日は、まず、杏林堂に行き、Mizukan「金のつぶ国産大豆」「金のつぶとろ~りたまご入り醤油たれ」それぞれ3パック入りで69円。
 しまった!「龍角散」を買ってくるのを忘れた!
 そして、ベイシアに行き、サンマ1匹48円を6匹買う。

 「トスカニー@伊ワイン&グルメ食材」より、楽天メール。「ヴィオランテ2006 リヴェラ」というワインの案内。
「けた外れの傑作!そのやわらかな味わい、完成度、豪華さ、そして魅惑的なナチュラルさ。栽培と醸造のどちらにおいても称賛できる、まさに象徴的なワインだ。」と大絶賛のコメント!
 品種はプーリアに古くから伝わる「ネーロ・ディ・トロイア」。このブドウはプーリア州でも限られた地区だけで栽培されているという稀少品種!
 まず驚くのがその香り!サクランボなどの小さな果実を思わせる香りは他の赤にもありますが、このヴィオランテは「スミレ」の香りがうわ~~っていうぐらいに押し寄せてきます。実は「ヴィオランテ」というのは「ヴィオラ=スミレ」から来ているんだと知り、納得。そしてプラムやベリーなどの果実をふんだんに感じるまろやかな味わいがとても心地いい。それに、これだけしっかりとした厚みなのに飲んだ後には爽快感もあるんです。
 抜栓して1週間経ってから飲んでも、ぜんぜんイキイキとしていて、そのポテンシャルの高さには本当に驚き!果実味だけではなく、赤ワイン好きの方にも十分納得してもらえる奥の深さを実感しました~もちろん、とにかく飲み心地がよいので開けたらあっという間になくなってしまうこと間違いなし(*^_^*)
   この美味しさを高く評価しているのは『ルカマローニ』だけではありません!その驚愕のコストパフォーマンスにワインガイド各誌とも絶賛!コスパワインの集大成ガイド『アルマナッコ・デル・ベーレベーネ』ではオスカー賞を受賞、『エスプレッソ』もコストパフォーマンスを高く評価しています!
カステル・デル・モンテDOCトップクラスの実力ワイナリー リヴェラ -rivera-
 アドリア海に面した、長靴のかかと部分に位置するプーリア州に1950年、創業者がこの土地のポテンシャルの高さに注目し、ワイナリーを創設。
 以来、品質の向上を追求し続けてきました。プーリアの土着品種の研究に力を注ぎ、「カステル・デル・モンテ・ワイン」のパイオニア的存在であるとともに、プーリア州のワイン造りのクオリティとイメージを向上させる牽引力となっているワイナリーです。
※カステル・デル・モンテとは1240年頃、この土地を治めていたフリードリヒII世によって建てられた特徴のある八角形の城のことであり、また、この近辺で造られるワインのことです。

http://item.rakuten.co.jp/toscana/10008584

*:.。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。

 ここで、新聞に載っていた酒の肴になる野菜二品。

 キャベツには豊富なビタミンC、肝臓を活性化させるビタミンU、食物繊維などが含まれます。しかも低カロリー。
 ダイエットを促進するには、芯を除かずに5cm角に切ったものを4~5枚まとめて、時間をかけて食べるのがよいようです。
①1人前、キャベツの葉4枚を洗って水切りし、芯の部分を真半分にする。
②豚の切り落とし(バラ肉だと脂が多すぎ)100gを用意する。
③熱した鍋に薄く油を引き、豚肉を切らずに広げる。塩、こしょうを振る。加減は、焼き鳥やで塩焼きを注文したときのような、やや塩味が勝ったほどにする。
④肉から脂が出て焦げるぐらいで裏返し、同様に焼く。
⑤これを、半分にしたキャベツ2枚重ねに挟み込んで、かじりながら一杯やる。ちょうど焼き肉屋でサンチュの葉で食べるように。

 玉ネギに含まれている、辛み成分のもとの硫化アリルという成分が、血液をサラサラにしてくれるそうです。ただし、この成分があるのは生の時だけ。食べやすい新物が出回る春に、たくさん取りたいものです。スライスしたものに、チリメンジャコやけずりぶしと醤油だけでも良いのですが、酢を加えると辛みが和らぎます。
 鯛の刺身にも玉ネギのスライスをたっぷりと添え、ポン酢でいただきます。
①刺身は、白身や青魚、鰹などおよそ何でも可。
②ポン酢は既製品でもよいですが、一度混ぜ物なしの自家製にチャレンジしてはいかが。出来合いの刺身などでは、むしろこの味が決め手となる。ポン酢の基本は、ダイダイの搾り汁と醤油を合わせたもの。そのほかのかんきつ類でもアレンジとして楽しめるし、ミックスして使う店もある。プロはこの基本に、煮切りみりん、昆布、かつおぶしなどを加え、煮出すかそのまま1週間ほど置き、こして1カ月ほど寝かせてから使う。
③新玉ネギは1人前、半分を薄くスライス。
④刺身に玉ネギを添え、ポン酢をかけ回す。

本日のカウント
本日の歩数:5,421歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« ホルモンバランス | トップページ | <味ある記>鴨ネギ鍋(埼玉県越谷市) ブランドつくり まちづくり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「キャベツ」「玉ネギ」:

« ホルモンバランス | トップページ | <味ある記>鴨ネギ鍋(埼玉県越谷市) ブランドつくり まちづくり »