« 「何の魚?」、そして「KとMのさしすせそ」 | トップページ | 大豆を食べて 白髪を黒く »

2010年2月 8日 (月)

「RSウイルス感染症」、そして「ほうれん草と豆腐の炒め物」

 去年の秋から、咳が止まらない。「龍角散」を飲んだら少しは良くなった。
 一昨年も咳が止まらなかったが、「ビワの葉酒」と「紅ふうき」でよくなったようだった。
 「RSウイルス感染症」というのがあるらしい。これじゃあないのかな・・・!?
 RSウイルス( respiratory syncytial virus )は、ヒトに冬期に急性の呼吸器疾患を起こすウイルスです。新生児と乳児では細気管支炎と肺炎を起こすもっとも重要なウイルスです。小さい子どもほど重くなりやすい傾向があります。かぜのような軽い症状も含めて多くの子どもがかかります。また乳幼児突然死症候群(SIDS)の原因の一つとも考えられており、注意が必要な感染症です。感染力が強く、一方では免疫が十分にできないため、くり返し感染し、だんだんと抵抗力ができてきます。そのため回数がふえるほど症状は軽くなり、2歳以上では「鼻かぜ」程度になります。
http://www.harenet.ne.jp/senohpc/disease/rsvirus.html
 えっ!?新生児や乳児がかかる病気なの?じゃあ違うのかな???

 今日は「酒&FOODかとう」の「カキフライ」で一杯。
 3つ入りで398円と高いが、牡蠣が大粒でしかもうまい!ちょっと高いがお薦めだね!

 ここで、昨日の新聞より「ほうれん草と豆腐の炒め物」、鮮度の良い大型のホウレンソウと、甘みのあるうまい豆腐が用意できれば利用的です。
 ホウレンソウは、豊富なビタミンを含み、特に体内でビタミンAに変わるカロテンも多くあります。またこれは油と取り合わせて吸収力がぐんとアップします。
①1人前豆腐半丁。水気をしっかり切る。
②ときからし小さじ半を酢小さじ1で溶く。
③ホウレンソウ150gは3等分し、赤い根の部分はタテに4つ割りにする。
④根の部分をまずいため、油をさらに少し加え、8等分した豆腐を、鍋に加えたら生揚げでも作るつもりで、じっくりと焼き目をつける。ここでいり豆腐のようにぐずぐずに崩さないのが”肴仕様”。
⑤最後にホウレンソウの葉を加えたら、手早く10秒いため、塩少々、からし酢をかけまわす。
 塩のみの味付けは、素材が上質で味や甘みがある場合で、そうでなければ、しょう油を足してください。

本日のカウント
本日の歩数:10,030歩
(本日のしっかり歩数1,310歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「何の魚?」、そして「KとMのさしすせそ」 | トップページ | 大豆を食べて 白髪を黒く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「RSウイルス感染症」、そして「ほうれん草と豆腐の炒め物」:

« 「何の魚?」、そして「KとMのさしすせそ」 | トップページ | 大豆を食べて 白髪を黒く »