« 魚を学び、旬をおいしく食す「日本さかな検定」実施 | トップページ | ウナギの祖先は深海魚 東大など遺伝子解析 »

2010年1月19日 (火)

「花粉症」、そして「ワンランク上の美味しいおじやづくり」

 帰宅途中、ふと思った。追い越し車線をゆっくり走って、道路をブロックしているのはいつも同じ車のようだ。後続車の事を考えてほしい。
 テレビを見ながら走っている車もあるようだ。危険だな。やめた方がいいね。

 「うなぎ蒲焼き専門工場 川口水産」からの楽天メール。国産うなぎが1円からオークションだ。
http://sa.item.rakuten.co.jp/kawasui/a/10000493/

 「伊勢海老のワールドシー ヤマカ」の999円シリーズも見逃せない!
http://www.rakuten.co.jp/worldsea/567424/944831/

 「8010のとりやさん」のオークションもいいね。
大和肉鶏もも肉焼肉用(100g)
http://sa.item.rakuten.co.jp/e8010/a/yamatoyakiniku-10012101/
大和肉鶏むね肉焼肉用(100g)
http://sa.item.rakuten.co.jp/e8010/a/yamatoyakiniku-10012102/
大和肉鶏 皮 焼肉用(80g)
http://sa.item.rakuten.co.jp/e8010/a/yamatoyakiniku-10012103/
紀州うめどり もも肉焼肉用(100g)
http://sa.item.rakuten.co.jp/e8010/a/yakiniku-10012104/
大和肉鶏 ハート(ココロ) 焼肉用(80g)
http://sa.item.rakuten.co.jp/e8010/a/yakiniku-10012105/
若鶏 むね軟骨(薬研軟骨) 焼肉用(80g)
http://sa.item.rakuten.co.jp/e8010/a/yakiniku-10012106/

 寒さがちょっと和らいだが、まだまだ寒い。鍋をやって「おじや」を食べたいものだ。
 ふぐのダシと卵とお米が一体化した、「ふぐ料理 神谷」ならではのおじや。鍋の締めに作る上で、参考になるポイント!
①美味しく作るポイントはご飯とダシのバランスにあり。ご飯は汁の7~8分目を目安に。
②はじめにしょうゆを入れたら、次に塩を加えます。このあと沸騰するまで待ちます。
③ぐつぐつと沸騰したら、いったん火を止め、ここで卵を回しながら一気に入れます。
④卵が固まる温度は75度。ここはためらわずに、ぐるぐると思い切りかき混ぜるべし。
⑤ふぐの旨味とご飯、卵が一体化した美味しいおじやが完成!とろみもたっぷり。

http://fugu.hamazo.tv/
http://www.k3.dion.ne.jp/~kamiya29/

 これから「花粉症」が気になる季節だ。
 気がついた!!!!!
 アレルギーは結局は、血液の循環の問題なのではないかと。つまり、手足の先が冷えていると花粉症などのアレルギー症方が出やすい。
 問題は、特に、足!足を温めてやると、寝ている時に鼻詰まりが減るようだ。
 お風呂に入った時、「足湯」のように、足を温めてやる時間を作る。そして、お風呂から出てそのまますぐ寝る。布団でも「湯たんぽ」を使うなど、足を温めてやる。(低温やけどに注意!)
 これで、鼻づまりはだいぶ改善されるように思う。

本日のカウント
本日の歩数:9,992歩
(本日のしっかり歩数0歩)
本日の割箸使用量:0膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 魚を学び、旬をおいしく食す「日本さかな検定」実施 | トップページ | ウナギの祖先は深海魚 東大など遺伝子解析 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「花粉症」、そして「ワンランク上の美味しいおじやづくり」:

« 魚を学び、旬をおいしく食す「日本さかな検定」実施 | トップページ | ウナギの祖先は深海魚 東大など遺伝子解析 »