« 「六兵衛 黒七味」「海鮮トマト鍋」 | トップページ | 「ウィンドウズ7『好調』」、そして「47CLUB」 »

2009年11月15日 (日)

「魚磯」、そして「北海道の海鮮鍋」

「魚磯」、そして「北海道の海鮮鍋」

 今日のlunchは、「魚磯」のお弁当。おかずはまあまあかな。でも、ご飯が詰め込んである感じ。ご飯って詰め込め過ぎて隙間がないと美味しくないんだよね。
 でも、また他のメニューを頼んでみようかなって感じ。
おいしさ、満彩
各種仕出し料理・お弁当・寿司
浜北区新原2326-2
TEL 589-8524
FAX 589-0609
0120-852400
年中無休

http://uoiso.jp/

 今日は、1日中座っていて、お尻が痛くなった。次回からは、座布団を持参することにしよう。

 夕方、BIG FUJIに寄る。HOUSE「生わさび」42g、118円を買う。
http://housefoods.jp/
 SB「おろし生しょうが」の160gが欲しかったのだが、店頭のコーナーは空だった。(ショウガって漢方薬のほとんどに入っていると言われているだけあって、健康にいいんだよん。新型インフルエンザは流行っている今、みそ汁におろしショウガを入れて、体を温めるのが一番だよね!)
 それから、売り出しの「かつお土佐造り 焼津産」100g98円、477gで500円を買う。「美味しさは『鮮度』と『焼き』にあり」「炭焼き」というシールが貼ってある。
 「おろし生しょうが」を、レジで聞いてみると、係の人に問い合わせてくれて、その品が出てきた。298円なり。(なければチューブ入りの118円のものを買おうと思っていた。あってよかった。感謝します!)
http://www.sbfoods.co.jp/

 さらに、遠鉄ストアに寄る・・・が、駐車場が満車・・・自宅の近くの遠鉄ストアに寄ろうと思ったが駐車場が混んでいて出られない・・・1回入ったはいいが、駐車場から出るに出られない・・・と思ったら、目の前がちょうど空いた。そこに駐車する。(感謝します。)
 店内に入り、売り出しのUCCのインスタントコーヒー(298円)を買う。 「THEBLEND 114」が2本残っていたので、1本買う。「117」は、売切れ。「117」の方が人気があるのだろうか?

 夕方は、「土佐造り」で一杯。
 さて、ショウガ、リンゴ、柿で健康になろうか!(来年は、「ダーチャ佐野」に、生姜を栽培しようっと!!)

 ここで、昨日のblogに「海鮮トマト鍋」を載せた。その続きです。
 トマトの旨味と魚介のコラボレーションがたまらない海鮮トマト鍋。タマネギ、なす、白菜、ブロッコリー、しめじなど、冷蔵庫にある野菜やキノコを活用すると、味わいは一段と深くなります。しめは、ご飯を入れてリゾットに。チーズをプラスすると濃厚な美味しさが楽しめます。
 また、ご飯を入れる前のものを別にとっておき、翌日にパスタをポキポキ折って入れ、15分ほど火にかければ、煮込みパスタの出来上がり。カレー粉を加えて温めるとコク旨カレーになります。
【シシリアンルージュの特徴】
---------------------------------------------------------------
ピンク系との比較   |   成分としての働き
-------------------------------------- ------------------------
リコピン 約8倍:    美白(シミ・そばかす対策)
             ※リコピンはオリーブ油と炒めて食べると吸収率が倍に
ペクチン豊富:      肌荒れ・便秘対策
(食物繊維)
ギャバ(ガンマーアミノ酪酸):コレステロール・不眠症対策
グルタミン酸 約3倍:  からみつく濃厚な旨味(天然ダシ)
水分が少ない:      調理時間が短くて便利

おいしさいろいろ 北海道の海鮮鍋
 3つの海に囲まれた北海道には、さまざまな海鮮鍋があります。
 残っただし汁には、魚介のエキスが一杯。しめは雑炊にしたり、ラーメンをいれても美味しいです。
【かにしゃぶ】
 「たらばがに」や「ずわいがに」のむき身を、沸騰したダシ汁にサッとくぐらせていただく贅沢なしゃぶしゃぶです。ぷりっとした身を口に運ぶと、蟹の甘みがジュワッ。えも言われぬおいしさです。
【たこしゃぶ】
 北海道は寒海性の「みずだこ」の産地。真だこに比べ肉質がやわらかく、ひっぱりダコの人気です。このミズダコのスライスを、熱いダシ汁にくぐらせてパクリ。たこの旨味をやわらかな歯ごたえが絶妙です。
【石狩鍋】
 酒の本場・北海道を代表する郷土料理です。ぶつ切りにした秋鮭と野菜を豪快に味わう味噌仕立ての鍋で、鮭のアラを使うのが本格的な食べ方。体の芯からあたたまるので、寒い夜にみんなでどうぞ。
【かに鍋】
 「たらばがに」や「ずわいがに」の鍋は、冬のごちそう。生のカニを使うとダシがたっぷり。蟹の繊細な旨味を楽しむために、火を通しすぎないのがコツです。しめの雑炊は、かにみそを加えると美味です。
【海鮮寄せ鍋】
 北海道の海の幸を、一度にいろいろ味わいたい、というときにピッタリ。「かに」「きんき」「たら」「えび」「帆立」といった魚介類が、それぞれの持ち味を出し、おいしさのコラボレーションを楽しませてくれます。

本日のカウント
本日の歩数:5,071歩
(本日のしっかり歩数:0歩)
本日の割箸使用量:1膳
本日の餃子消費量:0個

|

« 「六兵衛 黒七味」「海鮮トマト鍋」 | トップページ | 「ウィンドウズ7『好調』」、そして「47CLUB」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「魚磯」、そして「北海道の海鮮鍋」:

« 「六兵衛 黒七味」「海鮮トマト鍋」 | トップページ | 「ウィンドウズ7『好調』」、そして「47CLUB」 »